企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13198件   回答数27625

従業員表彰に対する課税処理について

いつもお世話になっております。

現在弊社では、多大な功績をあげ、会社の利益や原価低減に寄与した部門やプロジェクトチームに
対して、年一回、表彰を実施しております。(いわゆる「社長賞」といったもの)

このとき、賞金が発生するのですが、その課税処理についてご教授いただければ幸いです。

【前提】
◆表彰対象…日本国内3部門(A・B・C)、海外拠点2部門(D・E) 計5部門から
 なるプロジェクトチーム
・A部 5名
・B部 7名
・C部 3名
・D部 3名(全員外国人、海外現地採用)
・E部 2名(全員外国人、海外現地採用)
合計 20名

◆賞金 40万円

【質問】
・20名全員に2万円ずつ配付 … A~C部のメンバーは課税、D~E部は非課税という認識でよいか。
・部単位で配付(8万円×5部門、用途不明)… 本プロジェクトメンバーでの慰労会であれば非課税
 だが、用途不明(配付後の用途は部門に一任)の場合は課税か?

・昨今グローバル化が進む中、本件D部E部のような、海外拠点を表彰対象に含む事例が
 発生し始めてきたが、所得税課税の点で留意するポイントはなにか。


以上、よろしくお願い致します。

  • 投稿日:2016/04/01 23:10
  • ID:QA-0065647

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/04/04 12:28
  • ID:QA-0065659

代表者

部単位で支給しても個人別配分金額が課税対象。海外現法は、租税条約の有無により処理

▼ 所得税法では、非課税とされる給与を限定列挙しています。報奨金の分野で非課税対象となるのは、「使用人の発明に対する報償金」の類のみなので、ご質問の表彰金は、課税対象となります。部単位で支給しても、個人別に配分した金額が対象です。
▼ 海外現地社員が非居住者か否かは、「恒久的住居」、「利害関係の中心的場所」、「常用の住居」そして「国籍」の順に考えて判定されます。
▼ 恐らく、非居住者だと推定しますが、その際は、二重課税を防止するため、租税条約の有無により、日本で「源泉徴収して完結」とするか、日本で課税されずに、居住国において、所得申告(米国では、Worldwide の所得として)することになると思います。
▼ 以上、税務専門者でない者の回答なので、税務担当者のご意見を伺って下さい。

  • 投稿日:2016/04/24 09:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

本件、大変参考になりました。
ご回答いただき、ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
永年勤続表彰の課税について
いつもお世話になっております。 この度、永年勤続表彰として、勤続5年と10年の社員に記念品を贈呈します。 記念品はともに3,000円~5,000円程度で、現金または商品券ではありません。 勤続表彰に関しては、おおむね10年以上の者への贈呈の場合非課税と確認できたのですが、 弊社の場合、5年の者...
出向者の健康診断について
当社(A社)は、B社より出向者Cを受け入れています。この場合、出向者Cに健康診断を受けさせなければならないのは、当社(A社)でしょうか、それともB社でしょうか。あるいは、A社でもB社でもどちらでもよく、A-B社間で、任意に取り決めればよいのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...