企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15102件   回答数32484

直行直帰の場合の交通費の処理

会社の総務を担当している者です。
いつもこちらの掲示板を拝見し参考にさせて頂いています。

私の会社は現場作業が主な業務です。従業員は自宅から会社へ通勤して、その後現場へ社用車で行き会社へ戻ってくるという状態です。
従業員の自宅~会社までの通勤定期代1カ月分を給料と一緒に計算して支給してます。

しかし、今回新しい業務を請負いました。その現場先へ行くのに会社を経由していると従業員への負担にもなり、会社の旅費も増えてしまうため直行直帰という形にしようと考えています。
その現場先へは公共交通機関を利用します。

会社へは通勤しないため定期代を実費精算しようと考えていたのですが、交通費が偶然にも会社への通勤代(1カ月分)と同じ金額でした。
その場合今まで通り給与と一緒に支給しても問題はないでしょうか?
それとも別で精算した方がよいのでしょうか?

今回初めての事で特に規程などもないため、どのように処理すべきかわかりません。
ご回答お願いいたします。

  • まーろんさん
  • 大阪府
  • 通信
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2015/03/13 23:05
  • ID:QA-0061902

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/03/16 10:59
  • ID:QA-0061917

代表者

結果OKなら、変更届け不要というわけにはいかない

新しく請負った業務が相当期間に亘るのであれば、 担当する従業員の勤務場所を、 当該業務を行う現場として従来方式で支給すればよいと思います。 但し、 所要交通費が同額であったのは、 偶然の結果なので、 同額 = 同質 ではありませんので、 当該従業員から、 通勤経路の変更届けを提出して貰うことが必要です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/03/16 11:17
  • ID:QA-0061918

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、現場への直行直帰であっても通勤費用である事には変わりございませんので、単に臨時・一時的なものであれば現行通り処理されても特に問題はないものといえます。

但し、今後も長期に渡り継続して直行直帰となる場合ですと、現行規定上会社を通じての通勤となっている事からも実態に合わせた定めに変更されるのが妥当といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/03/16 12:22
  • ID:QA-0061920

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

直行の場合の交通費

ご質問は、
直行・直帰の場合、通勤手当なのか経費なのかということだと思いますが、
直行・直帰が定常化しているのであれば、客先を就業場所とみなして、
通勤手当として支給してかまいません。

ですから、結果として今までと同じ支給で問題ありません。

一方、
直行・直帰が一時的なものであれば、通勤手当ではなく、
経費精算ということになります。

  • 投稿日:2015/03/16 22:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
大変わかりやすく助かりました。
ただ一時的というのは、どの程度の期間をいうのでしょうか?
今回の請負は約2カ月なのですが・・・

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/03/17 07:54
  • ID:QA-0061936

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

一時的な期間の基準は明確にはなっていません。
2か月程度でしたら、どちらで処理してもかまいませんが、
会社としては、本人および社内外に説明ができることが重要です。

通勤手当は通常「合理的、経済的ルートで実費を支給」と規定してあるはずですが
いかがですか。
会社には、来ないわけですから、会社の通勤手当は、はずして、
直行・直帰先を就業場所場所として、通勤手当として支給しても何ら問題はありませんし、

また、2ヵ月間については、臨時的に客先に直行・直帰するわけですから、
交通費として経費精算しても問題はありません。

通勤手当と交通費精算の違いですが、通勤手当は非課税ですが、
経費精算とは違い、社会保険料には反映します。

  • 投稿日:2015/03/17 18:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

丁寧にご回答ありがとうございます。
どちらで処理しても問題ないようですが、
では、通勤手当と経費精算との違いは労災の関係ということでしょうか?
知識が浅はかで申し訳ありません・・・

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
通勤交通費に関して
いつも拝見させていただいております。社員が現在の住まいから会社から遠くになる場合の交通費の上限は一般的には支給額は会社が決めてよかったでしょうか。
会社都合で休んでもらう場合について
いつもお世話になっております。 会社の業務が少ないため、従業員にその日は休んでもらおうと考えているのですが、その場合、従業員個人が持っている有給を使用してもらっても差し支えないのでしょうか? ご回答、宜しくお願い致します。
二重出向 二重業務委託
新規支社立上げで 1.A会社出向 B会社受入 B会社からC会社へ業務委託として契約 2.A会社業務委託 B会社受入  B会社からC会社で業務委託契約 3.A会社業務委託契約 B会社受入 B会社からC会社へ出向契約 4.A会社出向契約  B会社受入  B会社からC会社へ出向契約 それぞれ、法的...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
善管注意義務
会社法上、株式会社の取締役は会社から経営の委任を受けている立場にあると考えられ、取締役と会社との関係には、民法の委任に関する規定が適用されます(会社法330条)。そのため、取締役は「受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う」(民法644条)ことを求められま...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...