企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

出向社員の給与計算

いつもお世話になっています。
さて、
出向社員の給与は出向元でも出向先でも支給が可能と聞いていますが、
もし、出向先で給与を計算し、支給する(給与明細は出向先の明細書、別法人名)とした場合、社会保険料も控除すると思いますが、
その保険料の納付は出向先か出向元かどちらでしょうか?
ご教授ください。

考え方は次のどちらかだと思いますが。
1.出向先が納付する。(社会保険の得喪をする必要がある?)
2.出向元が納付する。この場合、出向先は保険料の会社分と合わせて出向元に支払うことになる。
  (出向元は出向者へ給与を支払わず、社会保険料のみ納付する)

投稿日:2014/12/04 14:18 ID:QA-0060980

からすみさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答8
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

出向者の社会保険

ご質問の件は、1.となります。

出向元から給与が支給されていない以上、出向元では、
社会保険に加入することはできません。

なお、出向元・先の両方から給与を支給するケースでは、
二以上勤務届を提出したうえで、出向元・先どちらかを
選択することになります。

投稿日:2014/12/04 19:27 ID:QA-0060982

相談者より

ご回答ありがとうございます。
さて、そうであれば、雇用保険も得喪をするということなので、この取扱いは「転籍」と同様になり、出向元を退職して出向先に入社するということになりますが、その考えで良いでしょうか?

投稿日:2014/12/05 09:44 ID:QA-0060988参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、社会保険料を納付する義務が発生するのは当然ながら給与(報酬)を社員に直接支払っている事業所という事になります。仮に出向先が支払っている給与の費用負担を出向元が持つとしましても、現に給与支払いをしているのは出向先ですので、出向先での社会保険の被保険者資格取得及び保険料納付手続を行う事になります。

投稿日:2014/12/04 20:12 ID:QA-0060985

相談者より

ご回答ありがとうございます。
さて、小高先生にもお聞きしていますが、この場合は社会保険、雇用保険とも得喪をするので、「転籍」と同様の措置に出向元を退職し、出向先に入社することになりますが、その考えでよいのでしょうか?

投稿日:2014/12/05 09:48 ID:QA-0060989参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

出向社員の給与は出向元で支払うことはできません。

出向社員の給与は出向元で支払うことはできません。
(人件費負担を出向先の会社が負うことは可能です。)

出向は出向元に籍を置きながら、業務都合上または教育等により出向先で業務をする形態になります。
そのため、出向先の会社の社員ではなく、従って出向先の会社が出向者に給与を支給することができません。

上記の前提になりますので、ご質問は2の出向元の会社が正でございます。

投稿日:2014/12/04 23:57 ID:QA-0060986

相談者より

ご回答ありがとうございます。
さて、ものの本によれば、出向者の給与は出向先および出向元のどちらで支払ってもよいと書いてありましたが、これはどういうことでしょうか?

投稿日:2014/12/05 09:41 ID:QA-0060987あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事感謝しております。

雇用保険を出向先で加入するとしましても、出向元との雇用関係は依然存続しますので、完全に転籍とはなりません。あくまで保険適用が出向先になるという事に過ぎません。

投稿日:2014/12/05 10:28 ID:QA-0060994

相談者より

ご回答ありがとうございます。
さて、「出向元との雇用関係は維持」とありますが、この証明は、何を持って行えばよいのでしょうか?

投稿日:2014/12/05 13:21 ID:QA-0060999参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

社会保険や雇用保険の資格喪失と社員の身分としての退職は、
必ずしもイコールではありません。

例えば、正社員からのパート転換などのように、
資格要件を満たさなくなれば喪失ということになります。

雇用保険に関しては、
出向の資格喪失原因は、自己都合の2や会社都合の3ではなく、
1となる区分けしています。

投稿日:2014/12/05 12:25 ID:QA-0060997

相談者より

ご回答ありがとうございます。
さて、では資格喪失原因が「1」であれば、退職したわけではなく出向元で雇用しているとなるのでしょうか?この雇用している証明は、役所は何を持って行うのでしょうか?

投稿日:2014/12/05 13:25 ID:QA-0061000参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件2

在籍出向というのは、そもそも出向元と出向先の両方に雇用関係があります。

これに対して、転籍は出向元とは雇用関係が終了します。

雇用保険の資格喪失届の喪失原因については、
会社が事業主印を押印することにより、資格喪失原因を証明します。

原則として添付資料は不要ですが、
ハローワークとしては、退職金があれば退職金を清算したかしないか、
すなわち雇用関係が終了したのか、まだ続いているのかで判断しています。

投稿日:2014/12/05 14:05 ID:QA-0061002

相談者より

ご回答ありがとうございました。
すみません。更に質問ですが、退職金がない会社ではどうなるのでしょうか?ハローワークとしては「転籍」か「出向」か判断がつかないということでしょうか?

投稿日:2014/12/05 15:20 ID:QA-0061003参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件3

退職金がない会社の場合には、
原則として、会社の申請に従うことになります。

在籍出向であれば、まだ雇用関係が継続していますので、離職票は
発行できません。ただし、離職票の代わりとして期間等証明は発行できます。

転籍であれば、離職票は発行できます。

投稿日:2014/12/05 15:37 ID:QA-0061004

相談者より

ご回答ありがとうございます。
雇用保険の得喪をするので、出向であろうと転籍であろうと、離職票は発行できると思います。やはり出向先で給与を計算し支給すると、話がややこしくなることになるので、どの会社も出向元で給与計算をし支給するのだと思います。
何度も質問に回答いただきありがとうございました。

投稿日:2014/12/05 15:54 ID:QA-0061005参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事有難うございます。

「出向元との雇用関係は維持」とありますが、この証明は、何を持って行えばよいのでしょうか?
― 雇用関係の証明といった事柄について法的定めは特にございませんが、雇用契約書が存在しているはずですので、いざとなった時にはそれが在籍している証拠になります。退職していなければ、出向して雇用保険の適用等が無くとも当然ながら雇用契約書は有効ですし、特に新たな手続等の必要もございません。

投稿日:2014/12/05 22:30 ID:QA-0061008

相談者より

ご回答ありがとうございます。
さて、古い社員は雇用契約書を持っていないと思われますが、この時は何を持って継続雇用とするのでしょうか?

投稿日:2014/12/19 14:14 ID:QA-0061147参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
出向者が一定期間 出向元で働かいていたときの労災は?
出向元から、出向者を一定期間 出向元で働かせたい。 その時に、労災が発生したらどうなりますか? また、出向料の扱いはどうなりますか?
出向に関する注意事項
出向契約をする際、通常、出向元の会社が出向者へ給料を支払い、出向先より出向元の会社へ 出向料を支払いますが、この出向料を支払わない場合、法律上、問題はありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
あわせて読みたいキーワード
出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...