企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

モチベーショングラフに関して

2014年度入社新卒のフォローアップ研修を検討しており、
研修内のコンテンツのひとつとして「モチベーショングラフ」を実施したいと思っております。

35名程の人数でファシリテーターは1名予定。
どのようにファシリテートするかによって、取りとめもない状態(愚痴を言うだけの場)と
なってしまうのではないかと感じております。

モチベーションが高い時、低い時それぞれに深堀をして、
なぜ上がったのか、下がったのか自身で気付かせることに意味をなすと聞いたことがありますが、
そういうものでしょうか。

ファシリテートの仕方も含めご教示くださいませ。
よろしくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2014/06/11 16:13
  • ID:QA-0059200
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/11 22:00
  • ID:QA-0059209

人事・経営コンサルタント

設計者

心理学のモチベーション曲線を用いたプログラムで「モチベーショングラフ」という手法、またはサービスを展開する企業があると思いますが、一般的に誰もが使うものとはいえません。従いまして、モチベーショングラフの方法をうたう企業に確認するのが一番かと思います。
ちなみにフォローアップ研修が何のために行うかという、根本的な目的意識を御社内で整理、共有されていますでしょうか。手法は二の次三の次で、何を達成したいのかが不明確なままですと、どのような手法を用いても成果になりにくくなります。「フォローアップ」ありきではなく、例えば入社後数か月でのモラールダウンを低減とか、阻止など、明確な目的が設定されることが何より重要と思います。

  • 投稿日:2014/06/13 18:40
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/12 23:24
  • ID:QA-0059234

この回答者の情報は非公開になりました

「充実度曲線」を描かすことで、各人のモチベータを気づかせるチャンス

私も研修でモチベーショングラフ、いわゆる「充実度曲線」を描かせることはよくあります。
ご指摘の通り、ただグラフを見て、グループ共有させると、ただの「愚痴大会」に陥ることが
予想されますので、振り返る観点を明示することを意識してファシリテートしています。

具体的には、曲線が下がって、浮上する段階で、人によって「何を力の源泉」として奮起したのか?バラツキが出ます。
このバラツク要素をモチベータ(モチベーションの源)として、自ら気づかせることで、スランプからの脱出方を習得させる機会につなげます。

具体的には、上司からの承認、ライバルとの競争心、プライベートの充実、仲間のサポート、
目標に対する達成感、知的吸収欲などさまざまなモチベータがあります。
過去を振り返り、頑張れた源が何であるか?
それに気付かせることが重要になります。

基本的にはグループワークで、発表者に対して、各人が質問形式で、発表者のモチベートを
探すサポートをしていきます。
「なんで頑張れたの?」 「その時何を考えてたの?」 「何を目指していたの?」などと
掘り下げた質問を繰り返すことで、気づきを促進させていきます。

ビジネスにおいて、成功行動を起こす人は、スランプの克服方法を自分自身で理解しています。
若年層が入社早い段階で、自身のモチベータに気づき、仕事をすることはとても重要なことだと
思いますので、このワークは私自身も多用します。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
職務給におけるモチベーションアップについて
現在、給与体系の見直しを行っており、同一労働同一賃金の流れを考慮して職務給の体系への変更を検討しております。 その中で、以下の点を背景とした給与の固定化を懸念しています。 ①ポストが限られているため、昇進できない場合ベースアップ以外での昇給が難しい。  →とは言えベアで多少なりともインパクトを出すに...
若手社員(営業)のモチベーション
当社は日用品の製造、販売をしています。毎年数名の新入社員が、各支店1名~2名配属されます。配属時は一通りの研修を本社で行いますが、今課題となっているのは配属後半年~3年くらいまでにフォロー研修をすることがなく、入社時のモチベーションが保てているのかの把握、保てていない場合のケアができていないのではな...
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
モチベーション
組織の活性化や目標達成に向けた原動力となるのが、社員一人ひとりのモチベーションです。人事担当および経営層は、モチベーションに影響する要素を理解し、これを事業運営に生かしていくことが求められます。ここでは、モチベーションを構成する要素や低下する要因、向上させるための具体的な方法、事例を説明します。
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
アンダーマイニング効果
「アンダーマイニング効果」とは、それまで内発的動機で行っていた行為に対して、報酬などの外発的動機付けが行われることにより、逆にモチベーションが低減してしまう現象のことをいいます。「undermine」とは英語で「下を掘る」という意味のほかに、「損なう」「傷つける」という意味があります。例えば、趣味と...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...