企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

モチベーショングラフに関して

2014年度入社新卒のフォローアップ研修を検討しており、
研修内のコンテンツのひとつとして「モチベーショングラフ」を実施したいと思っております。

35名程の人数でファシリテーターは1名予定。
どのようにファシリテートするかによって、取りとめもない状態(愚痴を言うだけの場)と
なってしまうのではないかと感じております。

モチベーションが高い時、低い時それぞれに深堀をして、
なぜ上がったのか、下がったのか自身で気付かせることに意味をなすと聞いたことがありますが、
そういうものでしょうか。

ファシリテートの仕方も含めご教示くださいませ。
よろしくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2014/06/11 16:13
  • ID:QA-0059200

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2014/06/11 22:00
  • ID:QA-0059209

人事・経営コンサルタント

設計者

心理学のモチベーション曲線を用いたプログラムで「モチベーショングラフ」という手法、またはサービスを展開する企業があると思いますが、一般的に誰もが使うものとはいえません。従いまして、モチベーショングラフの方法をうたう企業に確認するのが一番かと思います。
ちなみにフォローアップ研修が何のために行うかという、根本的な目的意識を御社内で整理、共有されていますでしょうか。手法は二の次三の次で、何を達成したいのかが不明確なままですと、どのような手法を用いても成果になりにくくなります。「フォローアップ」ありきではなく、例えば入社後数か月でのモラールダウンを低減とか、阻止など、明確な目的が設定されることが何より重要と思います。

  • 投稿日:2014/06/13 18:40
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2014/06/12 23:24
  • ID:QA-0059234

株式会社オフィスたはら 代表取締役 人材育成コンサルタント

「充実度曲線」を描かすことで、各人のモチベータを気づかせるチャンス

私も研修でモチベーショングラフ、いわゆる「充実度曲線」を描かせることはよくあります。
ご指摘の通り、ただグラフを見て、グループ共有させると、ただの「愚痴大会」に陥ることが
予想されますので、振り返る観点を明示することを意識してファシリテートしています。

具体的には、曲線が下がって、浮上する段階で、人によって「何を力の源泉」として奮起したのか?バラツキが出ます。
このバラツク要素をモチベータ(モチベーションの源)として、自ら気づかせることで、スランプからの脱出方を習得させる機会につなげます。

具体的には、上司からの承認、ライバルとの競争心、プライベートの充実、仲間のサポート、
目標に対する達成感、知的吸収欲などさまざまなモチベータがあります。
過去を振り返り、頑張れた源が何であるか?
それに気付かせることが重要になります。

基本的にはグループワークで、発表者に対して、各人が質問形式で、発表者のモチベートを
探すサポートをしていきます。
「なんで頑張れたの?」 「その時何を考えてたの?」 「何を目指していたの?」などと
掘り下げた質問を繰り返すことで、気づきを促進させていきます。

ビジネスにおいて、成功行動を起こす人は、スランプの克服方法を自分自身で理解しています。
若年層が入社早い段階で、自身のモチベータに気づき、仕事をすることはとても重要なことだと
思いますので、このワークは私自身も多用します。

  • 投稿日:2014/06/13 19:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
大変参考になります。

曲線が上がっている時はどんな時だったのか?
つまり、どういう時にモチベーションが高いのか、ということを気付かせるのではなく、どのように浮上したかが重要なのですね。同じようで、違いますよね?
また、モチベーショングラフのゴールというか…クロージングとしては「モチベーションの源に気付かせる」こと、でいいのでしょうか。

やはり、グループワークがいいのですね。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:2名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
若手社員(営業)のモチベーション
当社は日用品の製造、販売をしています。毎年数名の新入社員が、各支店1名~2名配属されます。配属時は一通りの研修を本社で行いますが、今課題となっているのは配属後半年~3年くらいまでにフォロー研修をすることがなく、入社時のモチベーションが保てているのかの把握、保てていない場合のケアができていないのではな...
新入社員フォローアップ研修について
当社はメーカーですが、今年春入社した社員に対してフォローアップ研修を行いたいと考えております。 今まで行ってきた研修は、 ビジネスマナー研修 3日間 部署ローテーション研修 2週間 生産現場研修 6ヶ月間 で、今現在は各部署に配属されています。 フォローアップ研修の目的としては、今までの上記の研...
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...