企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34223

労災の認定基準変更で遡及認定はあるのでしょうか?

「心理的負担による精神障害の認定基準」が改正されたとききました。
既に結論の出ている労災認定について本改正基準を遡及して適用する
こともあるのでしょうか?

  • 投稿日:2012/02/29 13:32
  • ID:QA-0048526
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/02/29 17:34
  • ID:QA-0048532

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

労災認定

行政すなわち労基署としては、既に結論の出ている認定を遡及適用することは、ありません。
認定基準が改正された以降についての認定についてのみ、改正基準で対応していくことになります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/02/29 21:34
  • ID:QA-0048543

人事・経営コンサルタント

法の不遡及

「法の不遡及」は法律の原則ですので、確定している認定を後で変えることはないでしょう。ただし係争中で未確定の事案については扱いは異なります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/03/01 10:56
  • ID:QA-0048555

この回答者の情報は非公開になりました

既に結論の出ている労災認定

精神障害の認定は精神科医によって行われますが、ある時点でその認定が確定すれば、それを覆すような遡及は行わないです。関連することに、精神障碍者年金の認定でも、事後重症という扱いがほとんどで申請前に病気だったということで遡及することはまずありません。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/03/01 20:10
  • ID:QA-0048584

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、憲法第39条で「何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。」と刑法不遡及の定めがございます。こうした不遡及の原則は刑法に限らず他の法律等でも広く該当するものと解釈されています。

従いまして、認定可否が既に確定したものにつきまして、改めて遡及適用の為再審査を行うといった事はございません。

但し、例えば労働基準監督署が労災認定に関わる決定を下した場合でも、訴訟に持ち込まれることで認定可否判断が変わることはしばしばございます。従いまして、法改正の有無に関わらず、訴訟事件となるような場合は注意が必要です。

  • 投稿日:2012/09/19 09:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
労災について
労災認定は所轄労働基準監督署が行うものだと思いますが、(完治までの)途中、担当医師に対して何かチェックすることはあるのでしょうか?もしそういったことがある場合、タイミング的にはいつでしょうか?
通勤労災の認定について
いつも大変参考にさせていただいております。 通勤労災の認定について質問です。 社員で通勤途中に階段で押されて転倒し、怪我をしたものがおります。 押した加害者にはそのまま行かれてしまったらしく、特定できない状況です。このように第三者による怪我で相手が特定できない場合は労災認定されないのでしょうか。 ...
健康保険 被扶養者の認定基準について
宜しくお願いします。 別居している母親を被扶養者として認定を受ける際、仕送り額の証明は必要ですか。 また会社は仕送り額の確認はどうすればよいのでしょうか、用紙等はあるのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
ホワイト500
「ホワイト500」とは、経済産業省が2016年に創設した認定制度「健康経営優良法人」のうち、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門の認定法人を指す愛称です。同制度は、特に優良な健康経営を実践している企業や団体を、大規模法人部門と中小規模法人部門の2部門に区分して顕彰する制度。大規模法人...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ<br />
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

信頼できる法律・書式Webデータベースで効率アップ
総務法務・人事労務・経理税務の「どうすればいい?」を解消

「法律ではどうなっている?」「届出・申請はどう書けばいい?」「最新の通...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...