企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

通勤手当支給における計測方法変更の件

ご教授願います。
当社は、駅から離れた場所にあり、社員のほとんどが自動車を交通手段として使用しております。通勤手当として会社から自宅までの直線距離(キロメートル単位にて小数点以下切り上げにて計算)に従い、ガソリン代を支給しております。
直線距離の計測方法は、従前より地図に当社を中心にコンパスを引き、会社から自宅までの距離を計測しておりました。同然自宅の場所は概略となりますので誤差が生じます。

近年、デジタル化が進み、電子地図等のソフトを使用することで、会社から自宅までの距離が10m単位まで正確に図ることが出来ます。

そこで質問です。今回、全ての社員をこの電子地図ソフトにて再測定したところ一部の社員において当然誤差が発生していたことが確認できました。(距離は±1km.月額ベースで±1,000程度となります。比率約15%の社員が対象)総務部門として、ある時点より全ての社員を電子地図ソフトを使用した正確な直線距離にて通勤手当を計算し、支給したいと考えますが、その手続きをお教え下さい。宜しくお願い致します。

投稿日:2011/01/28 12:14 ID:QA-0042216

ロクサンズさん
山梨県/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、計測そのものの内容・手段等技術的な事は詳しく存じ上げませんので、あくまで人事労務管理上の手続きに関する事柄に限って回答させて頂く件ご了承下さい。

変更に関しましては、まず就業規則(賃金規程)の改定が当然必要になります。その際、労働基準法の定めの通り、規定内容を変えるだけでなく過半数組合や労働者過半数代表の意見を聴いた上で労働基準監督署に届出しなければなりません。その際、測定方法を変える事自体の当否は特に問題となりません。

但し、当事案の場合、測定方法の見直しによって通勤手当支給額が減額される等労働条件の不利益変更となる場合がございますので、そうした結果を伴う場合には労使間で十分に協議された上で、不利益変更となる労働者について個別の同意も得ておくべきです。内容的に見ましてさほど難航する案件とは考えにくいですが、万一同意が得にくいようであれば、猶予期間を設ける等柔軟な対応をとられることで話を進めていけばよいでしょう。

投稿日:2011/01/28 12:39 ID:QA-0042217

相談者より

ご回答ありがとうございました

投稿日:2011/02/19 12:49 ID:QA-0042619大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

社内通達で周知を図ればよいのでは・・・・・

現行の支給規程に、支給基準は定められていても、距離の計測方法 ( コンパスによる手作業か、電子ソフトか ) に就いてまで、格別な記載があるとは思えませんので、今回の変更は、不利益変更という視点から取り扱う必要はないでしょう。手続きとしては、実施時期を含め、「 より正確な方法での通勤距離の算定に基づいた金額を支給します 」 といった旨の社内通達で周知を図られてはいかがでしょうか。

投稿日:2011/01/28 13:11 ID:QA-0042221

相談者より

ご回答ありがとうございました

投稿日:2011/02/19 12:49 ID:QA-0042618大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

自転車通勤の場合の通勤手当

自転車による通勤でも通勤手当を支給するのは理にかなっていますが、特別に法律があるわけではないです。
まず距離を参考にされることは1つの目安でしょうが、自転車の駐輪場の負担や盗難のリスクは同じですから、自転車通勤で10分も12分も差がないと考えます。
またガソリン代は市況価格が変化し、毎月変動しています。数年前から比較すると、ずいぶんと高くなっています。
むしろ通勤手当を固定的にして、その上で距離による部分をかさんするとよいのではないでしょうか?
例えば、一律3000円と距離に応じた加算分の合計とするなど。

投稿日:2011/01/28 13:12 ID:QA-0042222

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

事前説明またはアナウンス

今回は、例えば、不景気の折、一方的に会社が有利となる方向で、社員の通勤手当を減らすべく、通勤手当支給を見直したというわけではありません。測定方法を、時代の流れで、デジタル方式でより正確に公平にしたといえます。結果として1000円の範囲でプラスになる社員もいれば、マイナスになる社員もいます。文書または、メール等で実施前にアナウンスすればよろしいかと思います。

投稿日:2011/01/28 13:29 ID:QA-0042227

相談者より

ご回答ありがとうございました

投稿日:2011/02/19 12:47 ID:QA-0042616大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

お答えいたします。

御社が通勤手当支給に当たり「距離の計測方法について」内規等で定めていらっしゃるのであればその部分の変更が必要です。規定していない場合には、変更を事前に書面またはメールなどで社員全員に周知することで足ります。労働基準法上、通勤手当は会社に支払いの義務はなく、家族手当や住宅手当と同様に福利厚生の一環として支給されているものです。よって就業規則等で詳細を決めなければならないものではありません。
但し源泉所得税法において、片道の距離数によって非課税限度額の上限が定められております。詳細は国税局のホームページ「マイカー・自転車通勤者の通勤手当」をご参照ください。ここでは、片道の通勤距離を「通勤経路に沿った長さ」と定義しておりますので、新しい計測方法が正しいかと思います。また、自動車通勤の場合、通勤距離の変更は標準報酬月額の変更要素となりますので、変更の3か月後には検証が必要です。ご注意ください。

投稿日:2011/01/28 16:14 ID:QA-0042233

相談者より

ご回答ありがとうございました

投稿日:2011/02/19 12:47 ID:QA-0042615大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
通勤手当の非課税限度額算出方法について
ご教授をお願いします。 当社は駅から離れた立地にあり、社員のほとんどが車を使用しての通勤となっております。 通勤手当は自宅から会社までの直線距離に応じガソリン代として支給しております。 実際の走行距離ではなく、直線距離となります。(直線距離は電子地図帳にて計測しています) 当然通勤手当非課税上限額も...
自家用車通勤の通勤手当
いつもありがとうございます。 弊社では自家用車通勤者へ距離による通勤手当を支給しています。 3年前に規定の改定があり、より細かい単位での金額割になりましたが その時点で、既に支給している社員への距離の精査を行わなかった為 改めて精査を行ったところ、少ない金額で支給されたままになった社員が 出てまいり...
通勤手当と通勤経路について
 当社において、従来自動車の通勤者については、通勤経路・通勤距離を自己申請させておりましたが、通勤距離については、インターネットの地図検索で全社員を見直すことにしました。 これにより、統一した基準で通勤距離が測定でき適正な通勤手当が支給できることになりましたが、渋滞緩和のため迂回して通勤している社員...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 発生しうるリスクを意識した管理が必要!従業員の「自転車通勤」をめぐる問題点と社内規程・書式の作成例
    昨今、エコブームや健康を意識して、都市部を中心に自転車通勤を始める人が増えています。それに伴い、自転車通勤によるリスクも高まっています。今回の記事では、通勤中に事故が発生した場合の対応や通勤費の取扱いなどについて、わかりやすく解説しています。
  • 坂本光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
  • 高橋俊介さん 「スローキャリア」人材をつぶす上昇志向型の人事
    上昇志向を持ち、出世や報酬の目標に向かって計画的にキャリアアップしていくのではなく、自分なりの働き方などプロセスやポリシーを重視する――そんな「スローキャリア」の思考を持った社員が増えています。キャリアについての調査研究を第一線で行っている慶應大学教授・高橋俊介さんに、「スローキャリア」人材をつぶす...
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...