企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

管理職ってどういう定義

事業の種類に関わらず監督若しくは管理の地位にある者の定義を教えてください。

投稿日:2005/04/11 17:52 ID:QA-0000367

*****さん
東京都/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

管理職ってどういう定義

”一般的には部長、工場長等労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にあるもの”とされており、事業場の人事権を有する立場にあるものといえます。また”名称にとらわれず出社退社等について厳格な制限をうけないもの”となっています。従って係長や課長、課長代理あるいは支店長代理など手当てが支給されても、上記の権限を与えられていなければ、労働基準法上、労働時間・休憩・休日の規定の適用除外とされる「監督管理の地位」にあるものとは解されません。

投稿日:2005/04/11 20:48 ID:QA-0000368

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

Re.Re.管理職ってどういう定義

そうなります。「監督管理の地位にある者」は出社退社時刻が指揮拘束を受けず自由裁量の権限を持っているからです。

投稿日:2005/04/11 22:38 ID:QA-0000372

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

Re:Re.Re.Re.管理職ってどういう定義

裁量労働制を導入している事業所であれば、1日8時間を越えても、1週40時間を越えても時間外労働とはなりませんが、そうでなければ監督管理の地位にあるものや機密の事務をを取り扱うものなどの労働時間・休日・休憩の規定の適用除外者をのぞいて、時間外労働の割増賃金がが支払われなければなりません。年俸者についても同様です。年俸を予め割増賃金を含んだ額で多めに設定したとしても、だからといって割増賃金支払い義務を果たしたとはいえません。
おっしゃる年俸者の方について、会社が管理監督者として処遇するのならば、給与規定上の欠勤控除や遅刻・早退の扱いは正されるべきだと考えます。
監督管理者については次のような行政解釈(概要)もあります。
○職制上の役付者のうち、労働時間、休憩、休日等に関する規制の枠を超えて活動することが要請されざるを得ない重要な職務と責任を有し、現実の勤務態様も労働時間等の規制になじまないような立場にあるもの
○賃金等の待遇面についても基本給、役付手当て等で地位にふさわしい待遇がなされているか、ボーナス等において一般労働者に比し優遇措置が講じられている
○スタッフ職については企業内の処遇の程度によっては管理監督者と同様に扱う

投稿日:2005/04/12 14:11 ID:QA-0000377

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

Re:Re:Re.Re.Re.Re.管理職ってどういう定義

<就業規則例>
(労働時間・休憩)
第○条
1 労働時間は、1週間については40時間、1日については8時間とする。但し、みなし労働時間制または裁量労働制を採用することがある。

第○条(適用除外)
 以下の各号のいずれかに該当するものについては、本章の定める労働時間、休憩に関する規則と異なる取扱いをする。
  ① 管理監督の職務にある者
  ② みなし労働時間または裁量労働時間の適用を受ける者

<裁量労働勤務規程例>
第1条(目的)
1.この規程は就業規則第 条および労使協定に基づき、裁量労働による勤務を行う社員の労働時間の取扱について定めたものである。
2.会社は本規程に基づき勤務する社員について、労働時間の配分を初めとした業務の遂行に関する事項については社員本人の裁量に委ね、具体的な指示を与えない。
第2条(適用対象業務および適用対象者)
本規程の適用対象業務および対象者は以下の者とする。
 ①情報処理システムの分析または設計に携わる者
第3条(みなし労働時間)
前条の業務に従事する社員は、就業規則第 条に定める所定労働時間を勤務したものとみなす。

労使協定によって1日の労働時間を8時間と定めた場合は、実際に働いた時間が9時間であっても8時間とみなされますから、時間外労働とはなりません。逆に7時間働いた場合でも、8時間働いたとしなければなりません。
ご質問に戻りますと、もし裁量労働制がとられているとすれば、今度は遅刻早退の取り扱いがただされなければならないといえます。
これまで種々考えてきましたが、”年俸者で監督管理者””年俸者で一般管理職にある者””年俸者で裁量労働制の対象労働者”のいずれの場合であっても会社の取り扱いは矛盾を抱えており、適正な改善が必要のようです。また割増賃金の不払いの可能性があることはすでに述べました。

投稿日:2005/04/13 12:37 ID:QA-0000384

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
外国人就労者の管理について
いつも勉強させていただいております。 本日は、外国人就労者の管理について、質問いたします。 弊社はアジア系外国人を雇用しておりますが、 これまでビザの管理等の管理を行っておりませんでした。 この度遅まきながら管理をするにあたり、 どんな管理を行うべきか悩んでおります。 何かアドバイスをいただけ...
管理監督者の時間管理
当社における管理職者(管理監督者)は、年俸制を適用しており、時間外手当を支払っていません。一般職はタイムカード打刻を事務付け、時間管理していますが、管理職者にはタイムカードによる時間管理も行っていません。(労働時間は月末に自己申告)。しかしながら、管理監督者にも支払いが必要な深夜残業について、タイム...
危機管理(リスク管理)
危機管理が叫ばれていますが、人事部としてどこにポイントをおいて、人事部全体の危機管理をしていけば教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
勤怠管理
メンタルヘルスの不調や過労死、残業代の未払い問題など、昨今、企業と社員の間で労働環境を巡って多くのトラブルが発生しています。そこで、重要性が再認識されるようになったのが「勤怠管理」です。働き方改革関連法の施行による影響など、勤怠管理について企業が理解しておかなければならないことは増えています。ここで...
ATS
「ATS」とは、Applicant Tracking Systemの略で、日本語では「採用管理システム」「採用支援システム」と訳されます。応募者受付から採用決定までにかかる人事担当者の業務を一つのシステム上で一元管理し、適時・適切な採用活動を進めるための機能を実装したシステムの総称です。応募者データ...
臨検監督
「臨検監督」とは、労働基準監督署による行政指導の一種で、事業所への立ち入り調査のことです。企業が労働基準法などの労働関連法令に違反していないかを調査する目的で、定期的に、あるいは働く人などからの申告などを契機として、労働基準監督官が事業場に立ち入り、機械・設備や帳簿の確認、関係者への事情聴取などを実...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...