企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部人事制度掲載日:2017/08/21

株式会社クレディセゾン:
がんとともに生きていく時代 
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(後編)[前編を読む]

株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長 兼 戦略人事部 キャリア開発室長 武田 雅子さん

変わりつづけるからこそ、一人ひとりにある当事者意識

 普段から「お互いさま」の精神で、助け合えるような雰囲気があることは、チームビルディングを考える上でも非常に重要だと思います。どうすれば、そういった企業風土が醸成されていくのでしょうか。

長年にわたり培われてきたものによるのかもしれませんが、2013年につくった『ヒューマニズムの風土創り』という行動規範にも掲げたように、「楽しくなければ 仕事じゃない」という意識がみんなに共有されていることが大きいですね。みんなが楽しく働けるのがベストだけれど、働いている以上はさまざまな障害が起こり得ます。社員それぞれは多かれ少なかれ、介護や育児など、何かパフォーマンスが下がるような要因を持っています。しかし、それを認めながら、同じ目標に向かってみんなでがんばっていこう、という雰囲気があります。

ヒューマニズムの風土創り

社員は何か行動を起こす際に、『ヒューマニズムの風土創り』が頭の片隅にあるようです。会議でも「ここに『言論の自由を保障します』と書いてあるので申し上げますが……」というシーンがあったりします。また、今年9月には大きく人事制度を変える予定なので、さらに進化したバリューと自身の行動を照らし合わせることになるだろうと思います。

 人事制度はどのように変わるのですか。

大きくは「同一労働同一賃金」です。パート社員や契約社員、正社員などさまざまな雇用形態を撤廃、全社員を正社員化して、その役割や仕事内容に見合った処遇にしようと、現在の等級制度を新たなグレードに適用し直します。賞与も全社員を対象に、グレードに応じて支給します。そのため、昨年の春からその準備段階として、各拠点の支社会議を回り、人事部による説明会を行っています。やはり、マインドセットが重要なんです。

当社にはさまざまな個性を持った人がいて、「この業務は〇〇さんがやる」といったように属人的な部分が多かったんです。しかし、これからは「上司として、部下一人ひとりにどんな役割を期待するのか」を明確にしなければ、新しいグレードに当てはめることはできません。社員も役割が明確になることで今後のキャリアが描きやすく、自身が今後どうなりたいか考えるきっかけを得ることになります。

 武田さんから現場には、どのようなメッセージを発信しているのでしょうか。

株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長 兼 戦略人事部 キャリア開発室長 武田 雅子さん

たとえば、これまではとことん「How」と数字を突き詰めてきましたが、これからは「Why」と「What」を伝えるマネジメントをしよう、と話しています。会議は「安全な場」であることを宣言し、ここでは何を言っても、どんなアイデアを提案してもかまいません。そういうことを何度も、布教活動のように話し続けてきたら、少しずつ意識が変わってきました。「カード契約○件獲得!」ではなく、「クライアントのために何ができるのか」を考えるように、さらには地域への貢献という視点から「自分たちの街をキャッシュレス社会に変えよう」などといったように、仕事の視座が高くなりました。時には、結果がどうなるのかわからないけれどまずは話しあう場を持とう、というような取り組みも増えました。

たとえば神奈川支社では、駅前のゴミ拾い運動を始めたり、面白法人カヤックさんと月一でブレストをしたりしていて、私から見ると実績のいい支社ほど、「みんな、いつ本業をやってるんだろう?」と思うくらい、プラスアルファの新しい活動ができているのです。そういう支社は「何を実現するための仕事なのか」というコンセプトが明確で、ストーリーもあるから社員のモチベーションやエンゲージメントにもつながっている。何より、実に楽しそうなんです。好調な支社に追随し、他の支社もさまざまな取り組みを始めていて、頼もしい限りです。

 これまでの数字重視の世界から考えると、パラダイムシフトとも言えるような変化ですね。社員に戸惑いはなかったのですか。

当社の社員は変化に強いというか、「とりあえず乗ってみるか」という順応性も感度も高いので、むしろ楽しんでくれていると思います。それは、会社の成り立ちによるところもあるのかもしれません。もともと緑屋という小売業からスタートし、カード会社に鞍替えして、お客さまやマーケット、クライアントの変化にずっとついてきました。「今のままがずっと続くなんてありえない」「変わらないことは退化」「新しいものを取り入れなければ、よどんでしまう」というマインドが染みついているんです。

そのため、新しいルールを決めても、不満や要望があれば社員からどんどん意見が挙がります。今回の人事制度も、「落ち着くまで何年かはかかるだろう」と支社長たちも理解してくれています。ダメなら変えればいいし、代案を考えればいい。常に「あなたはどうするの? どうしたいの?」と、社員一人ひとりに問われているんです。当事者意識が芽生えてくるのも、当然かもしれません。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
株式会社クレディセゾン:
がんとともに生きていく時代 
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(前編)
国立がん研究センターの発表したデータによると、2012年時点でがん患者の約三人に一人が生産年齢(15〜64歳)で罹患(りかん)しており、働き盛り世代でがんにかか...
2017/08/10掲載となりの人事部
がん患者等の就労支援
ガイドラインと企業対応
65歳まで働くことが一般的になっている現在、企業は貴重な戦力を維持・確保するためにも、がんをはじめとする持病を持つ従業員への対応を進める重要性が増している。厚生...
2016/11/22掲載人事・労務関連コラム
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率...
2016/10/31掲載となりの人事部
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(前編)
女性や外国人など多様な人材の活用を図るために、ダイバーシティ(多様性)推進に積極的かつ継続的に取り組んでいるローソン。小売業として初めて、女性活躍推進に優れた上...
2016/10/24掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
がんサバイバー
がん対策基本法
介護離職

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...