企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部人事制度掲載日:2017/08/21

株式会社クレディセゾン:
がんとともに生きていく時代 
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(後編)[前編を読む]

株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長 兼 戦略人事部 キャリア開発室長 武田 雅子さん

真のダイバーシティはがんが教えてくれた

 企業の置かれた環境も複雑化していますが、人事としても社員一人ひとりへの対応力が求められているようですね。

ただ、これは自省も含めてなのですが、人事はがんばればがんばるほど、制度を作って、施策を行って、トゥーマッチになってしまいます。しかしそれは、社員から思考を奪っている、ということなんです。制度はシンプルなほうがいい。現場の力を信じるべきです。事態は刻々と変化しますが、人事ができることは限られています。全部門に通用する最大公約数のフォーメーションを組んで、どんなレベルのサポートをすればみんながいきいきと仕事ができるのか、その潮目を読むのが人事の仕事だと思っています。

 現場の力を信じながらも、「丸投げ」にならないように、どうバランスを取ればいいのでしょうか。

組織をマネジメントする上で、マニュアルとガイドラインがあるとすれば、前者は既に決まっていて、そこに書いてあることしかできないけれど、後者は価値観であり、優先順位なので、ありとあらゆるパターンに対応できるはず。想像以上に現場にはドラマがあり、小宇宙があるんです。とてもマニュアル的な制度では対応できません。大切にするべき価値観を伝え、現場を尊重することで、社員の経験値が上がり、「自分たちはどんな仕事をしているのか」が明確になって、自らの言葉で語れるようになる。そうすれば、みんなが元気に働いていけるのです。

私にとって、ダイバーシティを教えてくれたのは、がんでした。「平凡な人」なんて、誰一人としていない。がんという人生の中でも大きなイベントに際して、みんな変わっていきます。がん患者の方のカウンセリングをする中で、もともと職場との関係がうまくいっていなくて、治療との両立は難しいんじゃないか、というような人が、「武田さんのアドバイス通りにやってみたら、うまくできました」と報告してくれることもあります。私はこれを「うれしい裏切り」と呼んでいます。それで、人を型にはめるのはやめることにしたんです。誰ひとり同じ人はいなくて、それぞれ個性が強くて、みんなが素晴らしい。そんな目で社内を見てみたら、「宝の山だな」と。そんな彼らがいきいきと働くための環境づくりが、人事の仕事だと思います。

 がんという病を経て、武田さんご自身の価値観も変わったんですね。

切ないけれど、他の人よりも「人の死」というものに触れる機会が多いのは確かです。だからこそ、生きているうちにさまざまな人と関わり、いろいろなことをしていたい。せっかくなんだから、楽しく働きたいじゃないですか。

同じ組織で働く仲間ががんにかかった時、会社がどんな対応をするのか、多くの社員が実はしっかりと見ていると思います。そこで人事部の価値観や、社員に対するスタンスが問われます。人事として、「こんなに社員を大切にしている。だからこそ、こういう判断をする」という姿勢を見せることが大事なのではないでしょうか。

株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長 兼 戦略人事部 キャリア開発室長 武田 雅子さん

(取材は2017年7月12日、東京・豊島区のクレディ・セゾン本社にて)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
株式会社クレディセゾン:
がんとともに生きていく時代 
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(前編)
国立がん研究センターの発表したデータによると、2012年時点でがん患者の約三人に一人が生産年齢(15〜64歳)で罹患(りかん)しており、働き盛り世代でがんにかか...
2017/08/10掲載となりの人事部
がん患者等の就労支援
ガイドラインと企業対応
65歳まで働くことが一般的になっている現在、企業は貴重な戦力を維持・確保するためにも、がんをはじめとする持病を持つ従業員への対応を進める重要性が増している。厚生...
2016/11/22掲載人事・労務関連コラム
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率...
2016/10/31掲載となりの人事部
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(前編)
女性や外国人など多様な人材の活用を図るために、ダイバーシティ(多様性)推進に積極的かつ継続的に取り組んでいるローソン。小売業として初めて、女性活躍推進に優れた上...
2016/10/24掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
がんサバイバー
がん対策基本法
介護離職

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...