企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社員の評価者となる管理職はどれくらい訓練されている?成果主義を導入した企業の「考課者研修」の実態とは?

年功ではなく、仕事の成果を重視する処遇制度では、現場の管理職が部下の社員を公正・透明に評価することが、基本中の基本です。もし、成果をあげていると思われていた人が低い評価になったり、意外な人が高い評価になったりすると、職場に違和感が広がって、社員の士気は下がり、会社全体の生産性も下がってしまうでしょう。成果主義的な処遇制度がうまくいくかどうかは、制度を実際に運用する管理職しだい、と言うことができますが、では、管理職はそのための訓練をどれくらい受けているでしょうか? 企業の「考課者研修」の事情について、労務行政研究所が行った調査から探ってみます。

1000人以上の企業では9割近くが実施、300人未満では半数以下

まず、図表(1)をごらんください。これは、現場管理職(考課者)の研修を実施しているかどうかについて、企業の規模別に調べた結果です(ここで言う「考課者研修」とは、考課者たる管理監督者層などに対して、評価制度の仕組みや考え方を十分理解させるとともに、評価の精度や納得性を高め、あるいは評価・面談などを通して部下の育成・モラールアップにつなげるなど、評価関連スキルの向上を目的に実施する研修、と定義します)。

図表(1) 考課者研修を実施しているか?

図表(1) 考課者研修を実施しているか?

規模が大きいほど考課者研修を実施している割合が高くなっています。1000人以上の企業では88.1%と9割近くに達し、300~999人の企業でも61.5%と6割を超えていますが、300人未満の企業では45.8%と半数を下回っています。全体では、実施している企業が68.6%、という結果です。

考課者研修を実施している企業の中で、その際に外部の専門機関・コンサルタントなどを利用しているかどうか、を尋ねたところ、各規模の企業とも、利用「している」「していない」の間にさほど大きな開きはみられませんでした。図表(2)をごらんください。

図表(2) 考課者研修に外部業者を利用しているか?

図表(2) 考課者研修に外部業者を利用しているか?

1000人以上の企業では「利用していない」、300~999人の企業と300人未満の企業では「利用している」がそれぞれ半数程度を占めています。全体では、「利用している」は47.9%、「まったく利用していない」は46.5%で、ほぼ拮抗する結果です。ある程度外部のノウハウを取り入れて行うのか、自社の問題点を最も効果的に抽出できる社内リソースのみ活用して運営するのか、各社の考え方によって判断の分かれるところでしょう。

「評価のノウハウ」をつける前に「制度自体の確認・把握」の研修

では、考課者研修を実施している企業では、1回の研修にどれくらいの時間をかけているのでしょうか。

図表(3)をごらんください。1000人以上の企業では「1日」(38.9%)、300~999人の企業と300人未満の企業では「1日未満」(各41.7%、45.5%)がそれぞれ多くなっています。全体では、「1日未満」が約4割(39.4%)と最も多い結果になりました。「1日」(33.8%)と合わせると、7割以上の企業が「1日以下」で実施していることになります。

図表(3) 考課者研修1回あたりにかける時間は?

図表(3) 考課者研修1回あたりにかける時間は?

図表(4)は、考課者研修のプログラムなどにどのような内容を盛り込んでいるかを尋ねた結果です(複数回答)。全体の企業の94.4%と大多数が「評価制度の仕組み」を取り上げています。評価のノウハウやテクニックといったスキルの習得も重要と考えられますが、まずは制度自体の確認・把握が大前提ということでしょうか。以下、「評価エラーの基礎知識」「ケーススタディによる演習」(ともに71.8%)、「フィードバックの方法」(63.4%)、「評価面談の実習(ロールプレイング)」(39.4%)など、評価スキルの向上に関するものが続きます。

図表(4) 考課者研修でどんな内容を実施しているか?(複数回答)

図表(4) 考課者研修でどんな内容を実施しているか?(複数回答)

研修が「大いに役立っている」企業は1000人以上の規模で約17%

では、考課者研修を実施している企業では、それが制度の運用において役立っているのでしょうか。それとも役立っていないのでしょうか。図表(5)をごらんください。

図表(5) 考課者研修は制度運用の役に立っているか?

図表(5) 考課者研修は制度運用の役に立っているか?

各規模の企業とも、「ある程度役立っている」が最も多く、とくに300人未満の企業では100%を占めています。「大いに役立っている」は1000人以上の企業(16.7%)だけ。また、300~999人の企業で「あまり役立っていない」が20.8%と、2割を超えている点が目を引きます。

注) *ここでは、労務行政研究所が2006年1月13日から2月6日にかけて、人事・総務担当者910人(「労政時報クラブ」に登録、あるいは労務行政研究所の調査に回答した担当者から、任意に抽出)を対象にしたEメール調査をもとに(910人中、105人が回答)、「日本の人事部」編集部が記事を作成しました。調査は「考課者研修の実態と問題点、その対応策」と題されたもので、詳細は『労政時報 第3679号』(2006年6月9日発行)に掲載されています。*     図表(1)(2)(3)(5)は同調査の結果をもとに「日本の人事部」編集部が作成しました。図表(4)は『労政時報 第3679号』から転載させていただきました。
◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください → 「WEB労政時報」体験版

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート
~在宅勤務の実施状況、社員が感染した場合の対応などを調査~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏)は、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に企業がどのように対応したのかを調べるために、20...
2020/12/11掲載
【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載

関連する記事

株式会社湖池屋:
“働いてみたい注目成長企業”湖池屋が実践!
チャレンジする人材と組織をつくる「人事制度改革」
1962年に湖池屋ポテトチップスを発売、1967年には日本で初めてポテトチップスの量産化に成功し、その後も「カラムーチョ」をはじめとする数々のヒット商品を送り出...
2020/12/03掲載となりの人事部
人事評価システムで業務効率化・評価の質を向上
~目標管理・評価を見える化してマネジメントに生かすおすすめサービス
目標管理や人事評価は従業員のモチベーションに直結し、業績に大きな影響を与える重要な業務です。しかし、Excelを利用するなど従来のアナログな運用では相当な労力が...
2020/02/05掲載HRソリューションの傾向と選び方
特定の職種(スキル保有)の従業員に「何らかの処遇を行っている」企業が約6割
人事担当者に「特定の職種(スキル保有)の従業員に対して、特別な処遇を行うための制度はあるか」を聞いたところ、「何らかの処遇を行っている」企業が約6割あることがわ...
2019/08/06掲載人事白書 調査レポート
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4%
「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...