企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ピアボーナス ピアボーナス

「ピアボーナス」とは、従業員同士が互いに報酬を贈り合うことができる仕組みのことで、「peer(仲間)」と「bonus(報酬)」が一つになってできた言葉です。なかなか評価しづらい日常業務の中でのよい働きや、仲間への配慮ある行動などに対して、同僚などが感謝の印として報酬を贈る。本来、金銭的な報酬を与えるのは組織の役割ですが、ピアボーナスを導入すれば、その権限を従業員に一部委譲することができます。ピアボーナスを従業員間で簡単に贈り合えるツールなども登場し、企業の導入を後押ししています。
(2018/11/9掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアボーナスのケーススタディ

定性的な成果を見落とさない
「縁の下の力持ち」にスポットライトを

近年、人事の領域にテクノロジーを活用する、HRテクノロジーが広がりを見せています。その一つとして、従業員間で報酬を贈り合えるツールが登場したことで、ピアボーナスは大きな広がりを見せています。スマホやPCなどからピアボーナスを贈ることができ、従業員間での相互評価の仕組みを簡単に作れることから、多くの企業で導入が進んでいるのです。

ピアボーナスを導入するメリットは、主に三つあります。まずは従業員のモチベーションやエンゲージメントを高めること。つまり、やる気を引き出し、組織への愛着・コミットメントを高めることです。組織から支払われる旧来の評価制度では、大胆なやり方で大きな成果を上げる人が目立ち、日々細やかな仕事にコツコツと取り組んでいるタイプの人には、なかなかスポットが当たりませんでした。ピアボーナス制度を導入すれば、周囲のメンバーがそういった人たちを評価することができます。人から努力を認められると、うれしいもの。従業員は、賞賛という非金銭的な報酬と金銭的な報酬のどちらも得ることができ、持続的なモチベーション向上にもつながります。

次に、社内の「良いこと」が可視化され、組織の価値観の共通認識を持つことができる点も大きなメリットです。半年あるいは年に一度、査定面談でフィードバックを行うだけでは、期間が空きすぎているために納得感が薄れてしまいます。一方、自分の行いがすぐに反映されるピアボーナスでは、自分の仕事ぶりを頻繁に振り返ることができます。また、「良いこと」の可視化は本人だけでなく、周囲にも影響を与えます。「組織の中で賞賛されている人はこんな行いをしているんだ」と分かれば、他の従業員も参考にしやすくなり、良い行いが浸透していくのです。

また、組織内のコミュニケーションが活性化し、組織風土がよくなることも特筆すべきポイントです。普段なかなか言葉で伝えられない感謝をピアボーナスで表すことによって、コミュニケーションが生まれるきっかけになります。このベクトルが幾重にも重なることで、職場の雰囲気を明るくなるなど、変化が期待できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

アンダーマイニング効果
「アンダーマイニング効果」とは、それまで内発的動機で行っていた行為に対して、報酬などの外発的動機付けが行われることにより、逆にモチベーションが低減してしまう現象のことをいいます。「undermine」とは英語で「下を掘る」という意味のほかに、「損なう」「傷つける」という意味があります。例えば、趣味と...
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
トータル・リワード
「トータル・リワード」(Total Reward)とは、従業員に対する報酬(=リワード)を総合的な動機づけのしくみと捉える考え方で、金銭的報酬と非金銭的報酬をバランスよく包括した報酬マネジメント体系を指します。働く人の価値観やライフスタイルの多様化に対応するためには、賃金だけでなく、仕事そのものの面...

関連する記事

「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は、4.2%
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は4.2%。「そう思わない」(34.3%)、「どちらかというとそう思わない」(24.2%)を合わせると6割近くにのぼる。LGBTの従業員を支援する施策としては、「実施なし」が8割弱となった。
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

非常勤の役員報酬について
お世話になります。弊社には税理士の非常勤役員がいるのですが(監査役です)、今回毎月の報酬とは別に税理士としての業務に対して、報酬を支払うことになりました。この場合、この報酬は、「役員報酬」なのか「弁理士等報酬」なのか、ご意見をお聞かせ頂ければと思います。(この報酬は1回限りです)よろしくお願いします...
組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
リファラル採用に対する従業員のモチベーション向上
いつも大変参考にさせていただいております。 弊社では数年前からリファラル採用を実施しているのですが、従業員からの推薦はほぼなく、制度が機能していないのが実情です。 制度の意義については十分に伝え、またインセンティブについてもそこまで悪くない報酬を提示しているとは思っているのですが・・・ 報酬に...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 報酬 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

ビジネスの世界では、「グローバル化」が急速に進んでいる。このような状況...