企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

人事課長200人に聞く 5年後の「人事・労務」はどうなる?

経済・経営の環境の変化に対応して、人事・労務管理をめぐる環境も大きく変貌しています。企業再編に伴う雇用調整は一段落した感がありますが、雇用や賃金交渉の情勢は相変わらず厳しく、デフレ型の人事・賃金制度が模索されています。こうした状況の中で、実務の第一線にいる「人事課長」は、人事・労務の現状や今後をどう考えているのでしょうか?雇用の流動化や若年層失業の深刻化など労働環境をめぐる変化は激しさを増しています。また、職務給や業績連動型賞与をはじめとする成果主義人事が重要視されつつあり、さらに、公正な評価制度の確立に苦心したり、リーダー人材が不足していたり、課題も多いでしょう。ここでは、労務行政研究所が行った調査の結果をもとに、「人事・労務」の現在と未来を探ってみます。

5年後、雇用は多様化し、成果主義はより浸透していく

日本能率協会の「当面する企業経営課題に関する調査(2003年11月)」によれば、当面する経営上の課題を経営者771人に尋ねたところ、「財務体質(あるいは収益性向上)」が最も割合が高く37.0%、次いで「ローコスト経営」(31.3%)、「売上高(あるいはシェア向上)」(29.6%)などとなっています。

これに対して、将来(2006年)の経営課題として認識しているのは、現状6位だった「新事業・新商品」開発が32.8%でトップ。次いで「財務体質」(27.8%)、「CS(顧客満足)経営」(25.0%)などとなっています。人事関連では、「人事・処遇制度」が12位の10.9%、「能力開発」が18位の6.4%、「雇用問題」が22位の4.0%です。

このように、企業経営をめぐる環境や課題は目まぐるしく変化していますが、それに応じて企業人事を取り巻く環境も大きく変わっています。今後5年ほど先の労働・雇用環境はどう変わっていくのか?まず、この点について、人事課長約200人に聞きました。それぞれの企業の状況にとらわれず、一般的状況として聞いています。

表(1)をごらんください。

表1.これから5年先の労働・雇用はどう変わるか?

各項目において「そう思う」割合が高かった上位項目を見ると、「社員の雇用形態が多様化する」の割合が最も高く78.5%。次いで「雇用の流動化(転職など)がますます進む」の73.8%、「成果主義がより浸透する」73.0%となっています。

逆に「そう思わない」割合が比較的高いのは「能力給など日本的人事のよい点が見直される」(28.1%)、「65歳までの雇用が進む」(24.5%)、「新卒採用より中途採用が重視される」(23.6%)などで、表にはありませんが、これらの項目では「どちらともいえない」割合も高くなる傾向にあります。

雇用面では、今やフリーターに象徴され、社会問題となっている若年層の無業化問題、契約社員、派遣社員などの非正規社員雇用の増加と活用などへの関心が高いようです。人事面では、成果主義の進展や労働組合の影響力の変化を挙げる割合が高くなっています。

また、従業員規模別に見ると、割合の高かった「正社員から非正規社員への転換が進む」について、500人未満は「そう思う」割合が6割であるのに対し、3000人以上の大企業では95.2%と高率になっています。「転籍が増加する」や「企業のキャリア開発支援が進む」でも、規模が大きくなるほど「そう思う」とする割合がおおむね高まる傾向があります。

今後は「業績連動型賞与」の重要度が高まる

表(2)をごらんください。

これから「人事施策」として重要度が高まるのは?低下するのは?

ここでは、今後の人事施策として人事課長が「重要度が高まる」あるいは「重要度が低下する」と考えているものについて聞いています。

「重要度が高まる」割合が最も高かったのが、「業績連動型賞与」の84.9%、次いで「職務給(役割給)」(68.7%)、「確定拠出年金」(55.2%)などとなりました。「年俸制」(49.5%)や「キャッシュバランスプラン」(47.6%)も比較的高率です(→キーワードで用語解説あり)。

「前払い退職金」や「ストックオプション」は「どちらともいえない」割合が高く、「重要度が高まる」割合はそれぞれ32.6%、13.6%にとどまっています。「前払い退職金」については確定拠出年金などへの移行が進んでいること、所得税などの取り扱いが不利なことから、「ストックオプション」については株価の低迷で一時期ほどは利益が生まれにくくインセンティブとしての役割が期待できないことなどから、重要視する割合がやや低くなっていると思われます。

課題は「優秀な人材の確保」と「リーダーの早期育成」

では、表(3)をごらんください。

表3.いま人事・労務が抱える課題は何ですか?「当てはまる」「当てはまらない」の比較

ここでは、現状における自社の人事・労務管理の課題について聞いています(各項目について「当てはまる」「当てはまらない」で回答)。

まず、人事管理・賃金関連の項目を見ると、自社に「当てはまる」と回答した割合で最も多い項目は「優秀な人材の確保(採用)」の92.3%。次いで「公正な評価制度の確立」(90.8%)、「従業員のモラール向上」(82.1%)となっています。

逆に、「当てはまらない」割合が高いのは、「高年齢者の雇用」(33.2%)、「従業員の定着(引き止め策)」(31.6%)です。

次に、人材育成・福利厚生関連の項目を見ると、自社に「当てはまる」割合が最も高いのは「リーダー人材の早期育成」で81.6%。次いで「教育・能力開発の再構築」が81.1%、「組織・風土改革」が74.5%となっています。

次世代リーダーの育成は多くの企業の関心事ですが、「経営のスピードが増していく中で、当社でも早期に経営を担う人材を育成する必要に迫られている」といった意見や「自律的で時代のニーズに即応できる人材を育成できる体系作りが重要となっている」などが具体的意見として挙がっています。

一方、「当てはまらない」、つまりあまり課題になっていない項目として割合が高かったのは、「福利厚生諸制度の再構築」(26.5%)と「ポジティブ・アクション」(20.5%)ですが、課題になっている企業も決して少なくないことから、個々の企業によって事情はまちまちだということがうかがわれます。

注) * ここでは、労務行政研究所が2003年11月17日から2004年1月5日まで「人事課長アンケート(人事管理をめぐる環境変化と今後の方向)」と題して行った特別調査のうち、「労働・雇用環境の変化」「今後人事施策として重要度が高まるもの、低下するもの」「現状における人事労務管理の課題」に関する結果をもとに、「日本の人事部」編集部が記事を作成しました。同調査の内容については、『労政時報』第3627号(2004年4月9日発行)に掲載されています。* 同調査の対象は、全国証券市場の上場企業および店頭登録企業3569社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)311社の合計3880社の人事課長。そのうち196人から回答がありました。* (1)~(3)の表は同調査の内容を掲載している『労政時報』第3627号から転載させていただきました。 ◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください→ 「WEB労政時報」体験版

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載

関連する記事

人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
太田 肇さん:
本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(後編)
“やってもやらなくても変わらない”社会と組織を変えるために
日本の組織と個人をめぐる太田先生のお話は、個人をきちんと表に出す成果主義の本来のあり方から新しいチームワーク論へと広がっていきます。そして提言されたのは、企業と...
2015/03/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第74回
多様な働き方が求められる時代、注目される“限定正社員”~具体的事例にみる制度の特徴と、運用面での工夫(後編)
『前編』では、「限定正社員」が求められる背景と、その雇用管理のあり方について見てきた。では、実際の企業の現場はどのような状況なのか? また、問題や課題に対してど...
2014/08/25掲載人事マネジメント解体新書
2013年役員報酬・賞与等の最新実態
労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事で...
2014/06/16掲載人事・労務実態調査
日本における人事制度の変遷と企業意識
人事制度は、時代とともに大きく変化してきた。ここでは、1950年代以降における日本企業の人事制度の変遷を概観。また、現代の人事制度に関する企業意識についても、ア...
2013/04/26掲載よくわかる講座

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する あなたの会社の健康労務費見直しませんか?

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...