印刷する印刷する 

【ヨミ】ブラックバイト

ブラックバイト

「ブラックバイト」とは、非正規雇用のスタッフに過剰な負担や長時間労働を強要する、違法性の高いアルバイトのことです。若い社員を劣悪な労働条件で酷使し使い捨てにするブラック企業になぞらえて、名づけられました。トラブルが広がっているのは主に学生アルバイト。契約内容と違う過度に責任の重い仕事を押しつけられたり、学業を無視して過密なシフトを組まれたり、厳しいノルマを課されたりするなどの実態が明らかになり、若者たちの働き方や労働環境をめぐる新たな問題として浮上しています。
(2014/8/8掲載)

ケーススタディ

違法なノルマや過密シフトで学業に支障
「辞めたくても辞められない」学生の窮状

景気回復で人手不足や人件費の高騰が深刻化する中、現場を支える戦力として重要性を高めているのが学生アルバイトです。企業がいかにアルバイトへの依存を強めているか――牛丼チェーン「すき家」が経費削減のために、バイト一人に店舗業務をすべて任せる通称“ワンオペ”(ワンオペレーションの略)を常態化させていた問題は、その典型例といっていいでしょう。

中京大学の大内裕和教授が、同大の学生約260人に対して、アルバイトに関するアンケート調査を実施したところ、全体の約6割が「販売ノルマを達成できないと商品の買い取りを強要された」「働く曜日と時間を変えてもらえず試験を欠席した」など、労働法に抵触するおそれのある働かされ方や学業に支障が出る労働環境を経験していました。こうした過酷なアルバイトのあり方を、大内教授は「ブラックバイト」と名付けました。

労働問題に詳しい井上幸夫弁護士(第二東京弁護士会)によると、典型的なブラックバイトの特徴は次の4点です。(1)労働時間に見合った給料を支払わない(2)仕事のミスに罰金(賃金カット)を科す(3)上司が大声で怒鳴ったり暴力を振るったりする(4)当初の契約に反して学業に支障が出るような働かせ方やシフトを命じ、長時間働かせる――(1)~(4)はいずれも違法であり、一つでもあてはまればブラックバイトだと考えていいと、井上弁護士はいいます。事業者としては逆に、現場のこうした違法行為からブラックバイトと名指しされると、企業イメージが大きく傷つきかねません。

ブラックバイトが横行する背景として、一つには企業が経費削減のために非正規雇用の比率を高め、従来なら正社員が担っていた負担の大きい業務まで、アルバイトに肩代わりさせるようになったという変化があるでしょう。もう一つ、学生側にも事情はあります。20年前には大学生一人につき10万2240円だった仕送りの額は、その後の不景気で7万円前後にまで落ち込み、現在もほぼ変わっていません。親の収入減や学費高騰の影響などもあり、学生の五人に一人が生活費のために何らかのアルバイトをしている状況です。しかも学生以外のフリーターも増えているため、アルバイトとはいえ、一つの職をめぐる競争が激化。「ここは嫌だから」といって、すぐに次のバイト先が見つかるわけでもありません。学生たちにとっては、たとえブラックバイトであっても、“辞めたいけれど辞められない”のが実情のようです。

スキルアップ講座特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
インフルエンザ流行前に備えること GABAの法人向け英語研修

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


スキルアップ講座特集

本特集では、コミュニケーションやマネジメントスキル向上に効くメソッドや、個人の生産性、PCスキルを高める講座の情報まで、 『日本の人事部』が注目する多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは
new

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...