企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ホワイトキギョウ ホワイト企業

「ホワイト企業」とは、社員に劣悪な環境での労働を強いる企業を指す「ブラック企業」の対義語。社員の待遇や福利厚生などが充実し、数ある企業の中でも働きやすさにおいて特に優れている企業、という意味合いで使われる言葉です。就職や転職の際にブラック企業が避けられるのとは対照的に、安心して仕事に打ち込めるホワイト企業は、入社することが好ましいと奨励され、実際に新卒社員の定着率も高いのが特徴です。
(2013/10/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイト企業のケーススタディ

白か黒か――二極化が進む企業の色分け
新卒定着率が働きやすさのバロメーターに

法令を無視して長時間労働などを強いる、いわゆるブラック企業問題で、厚生労働省は今年8月、疑いのある企業に立ち入り調査を実施し、悪質な労働基準法違反などがあった場合は社名を公表すると発表しました。若者を“使い捨て”にするブラック企業の活動を抑止するのが目的です。立ち入り調査を行うにあたり、“ブラック容疑”の主な根拠となったのは若手社員の離職率でした。待遇や労働環境が劣悪であるほど、離職率は当然、高まるからです。同省によると、大卒社員の3年以内の離職率は平均28.3%。これを極端に上回っている企業を中心に、取り締まりのメスが入りました。

離職率は、職場の働きやすさ/働きにくさを反映する重要なポイントです。したがって「ホワイト企業」とは、ブラック企業の反対で、若者の離職率が低い=新卒定着率が高い企業だと位置づけられます。

東洋経済新報社の調査(同社発行の『CSR企業総覧』2013年版掲載企業のうち、男女ともに入社者数・在籍者数を開示している799社について、新卒3年後の定着率の業種別・企業別ランキングを作成)によると、新卒定着率が最も高い“ホワイト業種”は「電気・ガス業」でした。電力会社やガス会社はとりわけ地方での人気や信頼度が高く、定着率は実に97.7%にのぼっています。さらに個別企業のデータを見ると、新卒後3年間で誰も辞めていない定着率100%という“超ホワイト企業”が92社ありました。その中でも入社者が最も多かったのが四国電力。09年春に男女合わせて122人が入社し、3年後の春まで全員在籍しています。ちなみに調査対象企業中、新卒入社者数が最も多いトヨタ自動車では、男性1,931人、女性558人が入社し、3年後にそれぞれ1,859人、515人が在籍。全体では95.4%という定着率になっています。

ブラック企業問題が深刻化する一方で、こうした高い定着率を誇るホワイト企業の存在にも注目が集まれば、“白か黒か”という就活生による企業の色分けは今後いっそう二極分化していくでしょう。そうした中、悪意で法令違反を犯しているわけではなく、法律知識や経営技量の不足から“ブラック化”してしまった企業を支援し、“ホワイト化”へ向けた体質改善を促す取り組みも始まっています。

今年9月、労使双方の立場で労働事件を扱った経験を持つ弁護士10人が「ホワイト弁護団」(代表・大川原栄弁護士)を設立しました。経営者や従業員の話を聞いた上で経営改善策を提案し、その実行の度合いを「ホワイト認証」という独自制度で評価、一定の基準をクリアした企業には認証マークを交付するほか、希望に応じ社名をホームページで公表するなどの活動を展開しています。代表の大川原弁護士は「悪意の企業は退場させる必要があるが、そうでない企業まで追い詰めれば、働く人のためにもならない」と述べています(東京新聞9月26日付)。白と黒だけでなく、その中間に位置する数多くの企業が“グレー体質”をどう脱却するか――生き残りをかけた対応が問われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
離職率
雇用労働者の離職割合を示す数字。一定期間内に雇用関係が終了した労働者(離職者)の数を在籍労働者の数で割ったもので、厚生労働省では労働流動化を把握するための指標としています。
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で扱う「第二新卒」に対しても、その点を重視する企業は多いのだが――。
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

三井不動産ビルマネジメント(株) 信州リゾートテレワークフォーラムイン東京

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...