企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウカツエリート 就活エリート

「就活エリート」とは、就職活動において、学生からの人気が高い有名企業や大手企業から、いち早く複数の内定をもらう学生、いわば“就活の勝ち組”を表す造語です。エントリーシートから入念に作り込み、面接での受け答えもぬかりない――彼らは、まるで難関校の受験勉強にいそしむように万全の就活対策を講じるため、採用試験の評価は高いのですが、いざ入社してみるとスタートラインでつまずきやすく、早期離職に至るケースも少なくありません。「就活エリート」という表現には、そんな若者の迷走ぶりを揶揄するニュアンスも込められています。
(2016/2/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活エリートのケーススタディ

採用時の評価が高い新人ほど使えない!?
「やりたいことは?」が招く就活の誤解

内定一つをとるのに悪戦苦闘する多くの学生をしり目に、「就活エリート」と呼ばれる学生には、第一志望を含む複数企業から内定が集中する傾向があります。これは、売り手市場でありながら、一方で企業による厳選化も依然として根強く、結果として就職活動の二極化が進行したためでしょう。ところが、首尾よく優良企業に就職し、採用時の評価も期待も高かったはずの彼らが、いざ現場に入ってみると仕事や組織にうまく適応できず、“使えない新人”のレッテルを貼られるケースが増えているといいます。

リクルートワークス研究所・主幹研究員で、2010年に『就活エリートの迷走』を上梓した豊田義博氏によると、昨今の就活生は、次の四つの階層に分かれているといいます。天才肌の「ハイパー大学生層」と努力型の「就活エリート層」が上位の2割を占め、残り8割の半分は就職活動に懸命に取り組むものの、対策や準備が甘く、苦戦しがちな「就活漂流層」、もう半分は働く意欲が低く、就活の波に乗れない「就活諦観層」です。

下位の「漂流層」や「諦観層」の学生たちをどうするか、いわば就職弱者にスポットを当てた議論はこれまでにもありましたが、それらの問題の本質はつまるところ、新卒採用市場の質的・量的変容に起因するものでしょう。むしろ企業の採用方針や選考手法など、就活の仕組みそのものが引き起こしている最大の問題は、就活の勝ち組である「就活エリート層」の多くが、社会人としてのスタートラインでつまずき、あるいは伸び悩んで迷走していることだと、豊田氏は指摘しています。

どの企業も学生に対して、エントリーシートや面接で「あなたが大学時代に力を入れたことは何ですか?」「(当社に入社したら)あなたがやりたいことは何ですか?」と聞くでしょう。真面目に就活に取り組む学生ほど、「やりたいこと」探しに熱を上げ、「私は、○○の経験を通して○○の能力を養ってきた。それを活かして○○を実現する仕事につきたい」といった、自身のライフストーリーを綿密に創りあげていきます。企業にとって、「あなたのやりたいことは?」という質問はあくまでも判断材料の一つに過ぎません。しかし自己分析から始め、「やりたいこと」を何度となく書き、語ってきた学生は、内定が出ればそれで自分の描いたライフストーリー全体が企業から承認されたと思い込み、志望通りの部署に配属されるものと信じ込んでしまう。ここに入社後の現実との大きなズレが生じている、というのが豊田氏の分析です。

これまで当たり前のように繰り返してきた「あなたのやりたいことは何ですか?」――就活生にそう問うことが、自社の求める人材を見極める上でどれほどの意味をもつのか、もう一度考える必要があるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ガクチカ
「ガクチカ」とは、就職活動中の学生がよく使う言葉――いわゆる「就活用語」の一つで、「学生時代に力を入れたこと」を略した造語です。エントリーシートや面接などにおいて、「学生時代に力を入れたことは何ですか?」と聞かれることが多く、採用側の質問が半ば定番化していることから、就活生が略して「ガクチカ」と呼ぶ...
内定後インターンシップ
「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されていま...
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...

関連する記事

“未来の自分が働く姿”を体感したい学生たち ~リブセンス「インターンシップアワード」から見えてきた最新トレンド
今では就活生の3分の1が利用するまでに成長した、リブセンスの「就活会議」。企業別の就活レポートは、学生から見た企業のリアルな姿や採用の様子がわかると、就活生の人気を集めています。さらに「就活会議」では、この5月にインターンシップの優良企業を表彰する、「学生が本...
2018/06/04掲載注目の記事
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
マイナビ「2014年卒の就活キーワード」を発表
2013年2月26日(火)に、株式会社マイナビ(東京・千代田区)による「2014年卒の就活キーワード発表会」が開催されました。マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏が「2014年就職活動―学生のポイント」と題し、エントリー開始から約3ヵ月が経過した201...
2013/03/15掲載イベントレポート

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 求める人材を確実に採用する視点

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。