無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】エンプロイーエクスペリエンス エンプロイー・エクスペリエンス

「エンプロイー・エクスペリエンス」(Employee Experience)とは、直訳すれば「従業員の経験」であり、従業員が企業や組織の中で体験する経験価値を意味します。従業員のエンゲージメントや組織文化といったものを超えた概念であり、従業員の健康や組織としての一体感などに影響する要素すべてを対象としています。その背景にはマーケティングの考え方があり、改善するには、いかに従業員が満足できる体験を与えられるか、という従業員の立場に立った視点が求められます。
(2017/9/28掲載)

エンプロイー・エクスペリエンスのケーススタディ

企業と従業員を結び付ける新たな概念
多様性の時代、企業の人事に求められる役割

人事部門・人材活用の課題とトレンドをまとめた「デロイト グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド 2017」によれば、「エンプロイー・エクスペリエンス」は経営活動、人事施策、職場環境のような、仕事の中で“人”に影響を及ぼす因子によって醸成されるものであるとしています。企業の顧客満足度に対して新たにカスタマー・エクスペリエンスが生まれたように、企業と従業員を結びつける新たな概念として生まれた考え方です。

カスタマー・エクスペリエンスとは、商品やサービスの購入前後のプロセスや、それを利用するときに顧客が体験する「心地よさ」「驚き」「感動」「誇らしさ」といった感覚的、感情的な付加価値のことです。日本でいえばここに「おもてなし」というニュアンスも含まれます。「エンプロイー・エクスペリエンス」はカスタマー・エクスペリエンスの考え方を、企業とそこに働く従業員との関係に当てはめたものといえます。いわゆる従業員満足やエンゲージメントだけではなく、企業と従業員との接点で発生する、すべての経験を対象とします。

デロイト トーマツ コンサルティングが発表した「働き方改革の実態調査~Future of Workを見据えて~」によれば、働き方改革を実施する割合は 2015 年から倍増。その目的には「生産性の向上(87%)」に次いで「従業員の心身の健康の向上(76%)」、「従業員満足度の向上(74%)」といった「エンプロイー・エクスペリエンス」の視点から改革を志向する傾向が見られ、その重要度は年ごとに増しているといいます。

一例をあげると、世界的に有名な民泊仲介サイトを運営するAirbnbでは、人事部を会社の健康と幸せの向上のために日夜働く部署と位置付け、エンプロイー・エクスペリエンスチームと名付けています。これまで採用・教育・福利厚生と、分業で行われることが多かった日本の人事部門。従業員と企業を結び付ける部署として、そのあり方を見直す時が来ていると言えるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード