企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ミレニアルセダイ ミレニアル世代

「ミレニアル世代」とは、2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。ミレニアル(Millennial)は、英語で「千年紀の」という意味。おもに米国で1980~2000年頃に生まれた若者を「ミレニアル世代」「新千年紀世代」と呼び、それ以前の世代とは異なる特性を持つと注目されています。デジタル機器やインターネットが普及した環境に生まれ育った最初の世代で、“デジタルネイティブ”と呼ばれることも。SNSなどを利用した情報の収集・発信を得意とする一方、共同体(コミュニティ)への帰属意識が強く、仲間とのつながりを大切にする傾向があるといわれます。
(2015/9/29掲載)

ミレニアル世代のケーススタディ

成功より生活重視のデジタルネイティブ
「親より豊かになれない世代」の労働観とは

世代によって考え方や趣味嗜好、ライフスタイルなどが異なるのは当然ですが、近年は時代環境の変化が激しさを増しているため、国や地域を問わず、世代間のギャップはより大きくなっているといわれます。米国ではこれまでベビーブーマー(第二次大戦後~1950年代生まれ)やジェネレーションX(60年代~70年代前半生まれ)、ジェネレーションY(70年代後半~80年代生まれ)といった世代分類が行われ、各層に共通する価値観や消費性向などの分析が進められてきましたが、それらに続く新世代として注目を集めているのが「ミレニアル世代」です。彼らは、1980~2000年に生まれた若者たちで、先行世代とは大きく異なる、次のような特性を有しています。

●幼い頃からパソコンやインターネット慣れ親しんでいるため、情報リテラシーに優れ、などを通じた情報の収集・発信に積極的
●健康志向が強く、食の安全や環境保護などの問題に敏感。エコブーマーとも呼ばれる
●個人主義的な傾向が顕著な先行世代に比べ、共同体への帰属意識が強く、社会貢献やボランティアにも関心が高い

一方で「ミレニアル世代」の多くは長期不況の中で育ち、社会へ出てからもリーマン・ショックやその後遺症を受けて世代間の経済格差が広がっていることから、「親世代より豊かになれない初めての世代」といわれます。そのため、経済成長に懐疑的で、成功への欲求や上昇志向が乏しいという傾向があります。それが、仕事選びや会社選び、働き方に関する価値観にも反映されているようです。

米国のミレニアル世代は約8700万人。いまや全体のおよそ三割の人口規模を占め、親世代のベビーブーマーを初めて超える一大勢力となりました。企業にとっては、消費者としても、労働力としても、今後、最も厚い層となる彼らの考え方や行動パターンを把握することが、経営の成否を分けるといっても過言ではないでしょう。

もちろん日本でも、彼らが次代を担う貴重な人材であることは変わりません。日本のミレニアル世代にあたる層は少子化の影響で、数こそ年長世代より少ないものの、上述した同世代の特性をやはり共通して持っています。現に、「長時間働くことこそが会社への最大の貢献であり、美徳である」という旧来の労働観に異を唱え、“ブラック”と糾弾したのは彼らでした。立身出世や高収入よりもワークライフバランスを重視する、ミレニアル世代ならではの志向の表れといえます。採用活動においても、従来の手法やアプローチでは、彼らの共感を得るのは難しいでしょう。ソーシャルリクルーティングを積極的に導入するなど、この世代の特性に応じた新しいチャレンジが求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

デジタルネイティブ
デジタルネイティブ(digital native)とは、生まれたときからインターネットが空気や水のように、あたりまえの環境として存在していた世代をいいます。世界初の商用インターネットがスタートしたのが1987年、日本では92年で、これ以降に生まれた若年層が該当します。幼い頃からITに慣れ親しんでい...
ジェネレーションZ(Z世代)
「ジェネレーションZ(Z世代)」とは、1990年半ばから2010年頃までに生まれた世代のことを指します。由来となったのはアメリカの作家ダグラス・クープランドによる書籍『ジェネレーションX ―加速された文化のための物語たち』。本書の中で、60~70年代前半に生まれた世代はジェネレーションXと名付けられ...
2020年問題
企業における「2020年問題」とは、バブル期に大量採用したバブル世代社員や人口が相対的に多い団塊ジュニア世代社員の高齢化にともなうポスト不足、人件費負担増などの諸問題を指す言葉です。現在、多くの日本企業で人員構成上のボリュームゾーンを占めるのがバブル・団塊ジュニア世代。2020年代には40歳代後半~...

関連する記事

大久保幸夫さん 若手人材採用の「ミスマッチ」こうすれば防げる
若い世代の採用・就職をめぐって、「ミスマッチ」が起きるケースが増えています。限られた採用の工程の中で企業がいい人材を見きわめるには、どうしたらいいのか。職業人にとって、必要な能力とは何なのか。人と組織の研究機関である「リクルートワークス研究所」の所長、大久保幸...
2004/11/29掲載キーパーソンが語る“人と組織”
SHRM 2012 Annual Conference
世界最大の人事プロフェッショナルのための組織、SHRMの年次大会が6月24日(日)~27日(水)に米国ジョージア州アトランタで開催されました。本レポートでは、イベントの模様をダイジェストでお伝えいたします。
2012/08/06掲載イベントレポート
1. ワーク・ライフ・バランスとは何か
ワーク・ライフ・バランス支援を実のあるものにするには、人事部門だけでなく経営トップから管理職層、一般社員までがその意味を正しく認識していなければならない。本稿では、ワーク・ライフ・バランス支援の正しい意味と、企業が積極的に取り組むことの意義を確認するとともに、...
2012/11/07掲載よくわかる講座

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...