企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況~

当研究所では、企業における人事労務関連のさまざまな制度の実施状況を明らかにするため、2018年1~4月にかけて「人事労務諸制度実施状況調査」を実施、このほどその結果を取りまとめた。
本調査は、1981年に初めて行って以来、97年までは隔年で、以降は数年おきに実施しており、今回は2013年以来5年ぶり、15回目の調査となる。
今回調査では、企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調べている。ここでは、その中から主要な18制度および注目される3制度について紹介する。

ポイント

  1. セクハラ防止規定を定めている企業は増加傾向にあり、18年では69.3%と7割近くに達し、2013年調査(49.5%)から約20ポイント増加。同様にパワハラ(モラハラ)防止規定についても、作成している割合は2007年以降急増しており2018年では56.4%と半数を超えている。[図表1]
  2. 61歳以上の定年制を実施している企業は12.7%で、2013年(7.5%)から5.2ポイント上昇。61歳以上の定年年齢の内訳を見ると、65歳が73.1%で最も多く、62歳が11.5%と続く。[図表1]
  3. 社員の旧姓利用を認めている企業は67.5%で、2001年の30.6%から2倍以上に増加している。[図表2]

1. 主要18制度の実施率の推移

【図表1】 2001年以降の実施率の推移
区分 01年 04年 07年 10年 13年 18年 前回調査比
①目標による管理制度 64.2 77.3 76 73.8 81.8 79.3 △2.5
②メンタルヘルス対策 17.2 35.8 50.7 62.9 74.8 74.5 △0.3
③契約社員制度 32.3 38.5 45 53.4 65.4 71.1 5.7
④セクハラ防止規定 41.9 46.9 44.1 52.9 49.5 69.3 19.8
⑤旧姓使用 30.6 45 55.5 52.9 64.5 67.5 3.0
⑥パワハラ(モラハラ)防止規定 - - 15.7 24.9 33.2 56.4 23.2
⑦社内禁煙運動(分煙化を含む) 36.0 48.8 67.2 58.8 60.7 52.0 △8.7
⑧Eラーニング 3.0 18.5 25.3 26.2 31.3 45.7 14.4
⑨フレックスタイム制 41.4 41.5 36.2 32.6 41.6 35.5 △6.1
⑩独身寮 68.5 62.7 55.5 48.4 43.9 35.5 △8.4
⑪服装や染髪に関する社内規定 - - 18.8 21.3 22.9 32.7 9.8
⑫メンター制度 - - 8.3 19.9 31.3 32.0 0.7
⑬役割等級制度 - - 15.3 25.8 27.6 30.9 3.3
⑭役職定年制 39.8 40.0 33.2 28.1 34.1 29.5 △4.6
⑮計画年休付与制度 27.4 21.9 21.0 21.7 26.6 21.8 △4.8
⑯社有社宅 46.0 42.3 35.8 35.3 29.4 20.7 △8.7
⑰61歳以上の定年制 3.0 3.5 5.7 6.3 7.5 12.7 5.2
⑱ 在宅勤務制度 2.7 1.9 3.9 4.5 7.9 11.8 3.9
(1990年代の結果については割愛した。また、空欄部分については調査は行っていない)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第8回】
在宅勤務で部下の成績が低下!? どうフォローしたらいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/10/23掲載編集部注目レポート
テレワークにおける不安感・孤独感に関する定量調査(パーソル総合研究所)
テレワーカー本人が抱いている不安の1位は「相手の気持ちが察しにくい」で39.5%、2位は「仕事をさぼっていると思われないか」で38.4%)。テレワーカーの不安に...
2020/10/16掲載HR調査・研究 厳選記事
職場のモヤモヤ解決図鑑【第7回】
姿が見えない在宅勤務、部下とのコミュニケーションはどうする?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/10/08掲載編集部注目レポート
この事例ではどう判断される?
テレワーク時の労働災害
テレワーク時にどのような労災が生じやすく、また、どのような対策が有効であるか解説します。なお、テレワークの形態では在宅勤務が圧倒的に多いようですので、本稿では在...
2020/09/16掲載人事・労務関連コラム
カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。