企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

ハードワーク体験がトラウマに
海外本社との「時差」の苦労

ようやく「働き方改革」に取り組みはじめた日本企業に比べて、欧米本社の外資系企業は労働生産性が高く、スマートな働き方をしているイメージがある。しかし、同時に成果へのコミットメントも求められるため、マネジャークラスともなると、見えないところで相当な頑張りが必要になるともいわれる。企業によっては「定時」というものが存在しないような環境もあるという。

有力外資系企業からのオファー

「Yさんに、内定したとお伝えいただけますか」

採用内定の通知を送ってきたのは、世界的な大手メーカーM社だった。欧州の企業なので日本での知名度はそこまで高くないが、欧米では誰でも知っている有名企業だ。

Yさんは、私がM社に紹介した管理部門のマネジャー候補である。日系のベンチャー企業に勤務しているが、その前は外資系企業で同じようなポジションを経験したことのあるベテランだ。キャリアからいっても、M社に内定したのは驚きではなかった。

「久しぶりに大きな案件になりそうだ」

人材紹介会社にとっても、キャリアのあるマネジャークラスのポジションが決まるのは非常にうれしいことだ。一般職にくらべると年収が高いため、紹介手数料もそれなりの金額になる。また、企業の中核となる人を紹介することは、紹介会社本来の役割でもある。

さっそくYさんに内定を伝え、感触を探ってみた。

「ありがとうございました。ただ、少し考えさせてもらえますか」

Yさんのテンションは意外に低い。あまり乗り気ではないのだろうか。

「何か気になっていることがあるのなら、M社に確認しますが……」

「M社の本社はヨーロッパですよね。本音をいうと、外資系企業への転職は慎重に考えたいんです」

思いがけない言葉だった。最初の転職相談のときにYさんは、勤務経験もあるので外資系企業も含めて紹介してほしいと言っていたはずだ。実際に面談時の私のメモにも「外資可」と書かれている。

「年齢のこともあり、あまり希望を狭くすると紹介されないのではないかと思ったのです。知人からも、幅広く探した方がいいとアドバイスされていましたので……」

Yさんは40代後半だったが、転職活動をはじめてみると、外資だけでなく日系企業でも何社か面接を受けることができ、最終段階まで進んでいる会社もあるという。

「なぜ外資系企業は優先順位が低いのでしょうか。よかったら教えていただけませんか」

私は疑問をYさんにぶつけてみた。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
転職サポートで重要な価値観の確認
「当たり前」も人によって違う
人材紹介会社の転職サポートは、求職者の希望に合わせて進めるのが大原則。ただ、しっかり転職条件や希望を聞き出して求人を紹介しても、なんとなく話がかみ合わないことが...
2020/11/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載

関連する記事

カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
給与計算を効率化するシステム活用のヒント
活用範囲とコストを検討し、導入効果を最大化するサービス選び
給与計算は正確性と効率が求められる業務であり、ミスが許されません。しかし、雇用形態や働き方が多様化している現在、給与計算にかかわる業務はますます煩雑さを増してい...
2020/04/13掲載人事支援サービスの傾向と選び方
業務効率化と労務管理リスク回避をかなえる
おすすめ勤怠管理システムと選び方
働き方改革関連法の改正を受けて、勤怠管理の重要性が再認識されています。従業員の勤怠状況を正確に把握しなければならない一方で、働き方が多様化し、管理者側の業務負荷...
2020/01/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(後編)
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(前編)
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載人事マネジメント解体新書

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。