企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジービズアイディー GビズID(gBizID)

「GビズID(gBizID)」とは、政府が主導となって進めている認証プラットフォームのこと。無料で取得できるID・パスワードを使って、一つのアカウントから複数の行政サービスにアクセスすることができます。これまで煩雑だった行政手続きを簡素化することで、企業の業務効率化とコスト削減が期待でき、働き方改革をもう一段先に進められる取り組みといえます。(2020/1/29掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GビズID(gBizID)のケーススタディ

「GビズID」で社会保険や雇用保険の電子申請が可能に
対応サービスも順次拡大

2019年5月、「デジタル手続き法(デジタルファースト法)」が参議院本会議で可決、成立しました。この法律は、行政手続きを原則として電子申請に統一するものです。例えば引っ越しや介護、相続、補助金などに伴う各種申請はこれまで役所に行って紙の申請書に記入したり、郵送したりする必要がありましたが、これらが電子申請で行えるようになります。

利用者の利便性を高め、行政の効率化につなげるため、デジタル手続き法では三つの基本原則を掲げています。一つ目は手続きをデジタルで完結する「デジタルファースト」、二つ目は同一の情報提供は求めない「ワンスオンリー」、三つ目は民間サービスを含めて複数の手続きを一回で済ませる「コネクテッド・ワンストップ」です。

「GビズID」は、このなかでも「デジタルファースト」に関わる施策です。これまで従業員の社会保険や雇用保険の手続きは、それぞれ違った対応が求められたため、人事労務担当者にとって管理や作業が非常に煩雑でした。

しかし「GビズID」では、一つのアカウントで複数の行政サービスにアクセスできるため、企業にとっては労務管理のためにかかっていた時間や、人件費といったコストを削減することができます。セキュリティー面では二要素申請を利用するため、安全な仕組みであることをうたっています。

「GビズID」の取得対象は、法人と個人事業主。対象手続きのうち、社会保険の場合は、資格取得届、資格喪失届、報酬月額算定基礎届、報酬月額変更届、賞与支払届、被扶養者(異動)届、国民年金第3号被保険者関係届です。また、雇用保険では、資格取得届、資格喪失届 、転勤届、個人番号登録届が対象です。どちらも2020年4月から電子申請が可能になる予定です。

こうした新たなプラットフォームが始動するに伴い、人事労務に関わるリソース配分など、今後は社内の体制の見直しが必要になる可能性もありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

デジタル報酬
「デジタル報酬」とは、給与などが電子マネーで支払われることをいいます。近年キャッシュレス化が進む中で、従業員の交通費精算や、外部のフリーランスなどへの報酬の支払いを電子マネーで行う動きが広がっています。現在、従業員への給与の支払い方法は、労働基準法で「現金の直接払い」もしくは「銀行口座への振り込み」...
プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...
社会保険
「社会保険」とは、「健康保険」「厚生年金保険」「介護保険」「雇用保険」「労働者災害補償保険(労災保険)」の総称です。このうち、「健康保険」「厚生年金保険」「介護保険」の三つを狭義の「社会保険」、「雇用保険」「労働者災害補償保険(労災保険)」の二つを「労働保険」と呼ぶのが一般的です。ここでは、「社会保...

関連する記事

会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/08/22掲載人事・労務実態調査
転職と資格取得の関係
「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あ...
2015/02/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
コスト削減! 業務効率UP! コンプライアンス強化! 要注目の「電子契約」とこれからの企業実務
ここ数年、企業の間で電子契約が話題になることが多くなってきました。電子契約とは、紙の契約書を交わさずに、電子文書だけで行う契約です。
2015/09/18掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

残業申請
当社では残業申請を運用しており、本人がこの日は何時間と日単位で記入し、それを上長が認否します。 最近、残業時間がかさみ、管理職より、申請してきた時間を削ることは可能かという質問がありました。 例えば3時間で申請してきたところを、2時間に削った場合、申請者本人にその旨、伝えることが必要でしょうか?
資格取得手続き前に退社した場合の社会保険について
いつも参考にさせてもらっています。 雇用保険の加入について質問させていただきます。 弊社では入社して、2週間後に雇用保険を含む社会保険の資格取得手続きをしています。(これは継続しての勤務が見込めるか、2週間で判断している為です。) ・まず、このやり方について、違法性はありますでしょうか? ・また、...
慶弔申請
従業員より1年前の慶弔金の申請が漏れていたので、今から申請をしても良いか、との相談がありました。 ちなみに就業規則等で慶弔金申請期限を設けていませんので、対応せざるを得ないと思うのですが、今後は期限を設けることは可能でしょうか??また、その場合、何か月?何年?が一般的でしょうか??
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...