企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キッズウィーク キッズウィーク

「キッズウィーク」とは、地域によって夏休みなど学校の長期休暇の時期を分散化することで、親と子がまとまった休暇を一緒に過ごしやすくする取り組みのこと。政府の推進により、2018年4月から一部の自治体でスタートしました。働き方改革と裏表の関係にある「休み方改革」推進の一環として、有給休暇を取得しやすい環境の整備を目指しています。休日の多様な活動機会を確保することにより、親と子が向き合う時間の増加や、観光・旅行に関する消費需要の喚起なども目的としています。
(2018/4/25掲載)

キッズウィークのケーススタディ

「サービス業の親はますます休めなくなる」
キッズウィークの導入に批判の声も

子どもの頃に家族で行ったキャンプや海外旅行などの思い出は、誰にとってもかけがえのない財産。自分の子どもには、できるだけ多くの経験をさせてやりたい、と願うのが親心でしょう。

しかし、子どもの夏休みが7月下旬から8月いっぱいまで1ヵ月以上あっても、会社員の親の場合、夏休みはお盆期間に集中します。子どもを海外旅行に連れて行ってあげたかったけれど、お盆期間の航空券代の高さにあきらめざるを得なかった、という方も多いのではないでしょうか。代わりに国内の観光地やレジャー施設に行くことにしたが、どこも混み合っていてうんざりした、という経験は誰にでもあるものです。

2018年4月からは全国のいくつかの自治体が学校休業日を新たに設定するなど、キッズウィークの導入が開始されました。この動きに好意的な反応が見られる一方で、インターネット上では「サービス業で働く親はますます休みをとれなくなる」、「有給を取りやすい環境を整えることが先ではないか」といった批判的なコメントも多くみられます。

大人と子どもが向き合う時間を増やすことを主の目的としたこの取り組みは、企業の理解があって初めて成り立つもの。企業が協力しなければ、子どもを持つ働き手の負担だけが増えることになってしまいます。政府は有給休暇取得率70%を目指すと発表していますが、サービス業や片親の家庭に対する配慮も必要です。普及に向けては、休み方改革を手荒く実行するのではなく、保護者が休めない場合の支援策など、幅広い取り組みが必要となるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

休み方改革
「休み方改革」とは、休暇が一時期に集中するのを見直し、企業に有給休暇の取得を促すなど、官民一体で働く人が休みやすい環境をつくる取り組みのことです。政府は2017年6月に、「休み方改革官民総合推進会議」(仮称)の新説を発表。長時間労働を是正する働き方改革と一体の国民運動と位置づけ、その成果として生まれ...
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...

関連する記事

子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
【チャイルド・ライフ・スペシャリスト】 病気なんか怖くない! 闘う子どもに前を向く元気を――。 家族のあたたかい思い出づくりを支えるスペシャリスト
子どもが子どもらしく、いつも前向きに生きられるように――。 病児やその家族を支える「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」
2017/10/31掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

季節雇用者の有給休暇について
季節雇用者を雇用してますが、有給休暇を取った時の給与に現金でお支払いしてもよいのか?
働き方改革に伴う有給休暇取得義務と時間単位有給休暇の関係
いつもお世話になっております。 このたびの「働き方改革」の一環で、年次有給休暇の年5日取得が義務化されましたが、現在法的に認められている「時間単位有給休暇」を何回か取得した結果、当該時間単位有給休暇が1日分に達した場合は、年5日取得義務のうちの1日分としてカウントしてよいのでしょうか? 以上、ご...
有給休暇を全て消化して退職することについて
ある職員が、有給休暇を全て取って退職したいとの申し出がありました。 有給休暇は、職員の権利なのはわかるのですが、辞める月の1ヶ月間を有給休暇として取りたいとのことです。 私としては、その要望がずるく感じ、府に落ちません。 社員の勝手だと思ってしまうのですが、受け入れるべきなのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...