企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キッズウィーク キッズウィーク

「キッズウィーク」とは、地域によって夏休みなど学校の長期休暇の時期を分散化することで、親と子がまとまった休暇を一緒に過ごしやすくする取り組みのこと。政府の推進により、2018年4月から一部の自治体でスタートしました。働き方改革と裏表の関係にある「休み方改革」推進の一環として、有給休暇を取得しやすい環境の整備を目指しています。休日の多様な活動機会を確保することにより、親と子が向き合う時間の増加や、観光・旅行に関する消費需要の喚起なども目的としています。
(2018/4/25掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズウィークのケーススタディ

「サービス業の親はますます休めなくなる」
キッズウィークの導入に批判の声も

子どもの頃に家族で行ったキャンプや海外旅行などの思い出は、誰にとってもかけがえのない財産。自分の子どもには、できるだけ多くの経験をさせてやりたい、と願うのが親心でしょう。

しかし、子どもの夏休みが7月下旬から8月いっぱいまで1ヵ月以上あっても、会社員の親の場合、夏休みはお盆期間に集中します。子どもを海外旅行に連れて行ってあげたかったけれど、お盆期間の航空券代の高さにあきらめざるを得なかった、という方も多いのではないでしょうか。代わりに国内の観光地やレジャー施設に行くことにしたが、どこも混み合っていてうんざりした、という経験は誰にでもあるものです。

2018年4月からは全国のいくつかの自治体が学校休業日を新たに設定するなど、キッズウィークの導入が開始されました。この動きに好意的な反応が見られる一方で、インターネット上では「サービス業で働く親はますます休みをとれなくなる」、「有給を取りやすい環境を整えることが先ではないか」といった批判的なコメントも多くみられます。

大人と子どもが向き合う時間を増やすことを主の目的としたこの取り組みは、企業の理解があって初めて成り立つもの。企業が協力しなければ、子どもを持つ働き手の負担だけが増えることになってしまいます。政府は有給休暇取得率70%を目指すと発表していますが、サービス業や片親の家庭に対する配慮も必要です。普及に向けては、休み方改革を手荒く実行するのではなく、保護者が休めない場合の支援策など、幅広い取り組みが必要となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

休み方改革
「休み方改革」とは、休暇が一時期に集中するのを見直し、企業に有給休暇の取得を促すなど、官民一体で働く人が休みやすい環境をつくる取り組みのことです。政府は2017年6月に、「休み方改革官民総合推進会議」(仮称)の新説を発表。長時間労働を是正する働き方改革と一体の国民運動と位置づけ、その成果として生まれ...
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
親ブロック
「親ブロック」とは、就職活動中の学生や求職者が親や保護者の意向で企業からの内定を辞退すること。リーマンショックによる就職氷河期が終わり、有効求人倍率が回復しはじめた2014年ごろに登場したキーワードです。これと同じようなケースから生まれた言葉で、既婚男性が妻からの反対で転職を踏みとどまることを「嫁ブ...

関連する記事

子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
【チャイルド・ライフ・スペシャリスト】 病気なんか怖くない! 闘う子どもに前を向く元気を――。 家族のあたたかい思い出づくりを支えるスペシャリスト
子どもが子どもらしく、いつも前向きに生きられるように――。 病児やその家族を支える「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」
2017/10/31掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ! 多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法
昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省...
2015/01/16掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
産前産後期間中の有給一斉取得について
当社では8/15、16を有給一斉取得日に設定しております。今回、産前産後期間の中に有給一斉取得日が入る者がおります。この場合 有給の2日分について支給するのでしょうか。 それとも産前産後は休暇が定められているため有給一斉取得扱いにしないほうがいいのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...