企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】フラリーマン フラリーマン

「フラリーマン」とは、仕事を終えて会社を出た後、ふらふらと飲食店や娯楽施設などに寄り道してから帰路につくサラリーマンのことを言う造語です。社会心理学者の渋谷昌三さんが、2007年に著書の中で、家庭に居場所を見出せず、まっすぐ帰宅しない勤め人のことをフラリーマンと命名したのが始まりです。昨今では、働き方改革による残業削減の風潮を受け、フラリーマン化する人が増加。男女の家事比率や家族のあり方を見直すきっかけとなっています。
(2018/3/12掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラリーマンのケーススタディ

「働き方改革」で急増中?
フラリーマンは、家庭内に居場所を取り戻せるか

「今日はノー残業デーだ!」と、週に一度の定時退社にワクワクと胸を躍らせた経験がある人は多いのではないでしょうか。仕事仲間と飲みに行ったり、映画を観たりと、ノー残業デーにはちょっとした“特別感”を得ることができます。一方で、毎日が「ノー残業デー」となったとしたら、あなたはどのように時間を使うでしょうか。

昨今では、政府が推進する「働き方改革」の効果もあり、残業ゼロを目指す企業が増えてきています。その副次的な影響として、「自宅に帰っても居場所がないから」とフラリーマン化する人々が、一種の社会現象として注目されています。

「早く帰ったので、今まで妻に任せっきりだった家事をいざ手伝おうとしたら、『定位置はそこじゃない』だとか『雑にやらないで』などと、逆に妻をいら立たせ怒らせてしまった」「昼は上司から嫌味を言われ、夜は子ども中心の生活。少しでも自分の時間が欲しい」。フラリーマンをしている理由は人それぞれです。

「イクメン」という言葉が2010年に流行語大賞のトップ10に選ばれ、男性の育児参画も当たり前だという風潮になりつつあります。しかし、男性が家計を担い、女性が家庭の中を整えるという、古くからの性別役割分業の考え方はいまだ根強いものがあります。そのため、妻が“ワンオペ育児”状態になっていても、家庭内の役割に積極的に参入していけない男性も少なくありません。

NHK「おはよう日本」では、フラリーマン特集とその続編として、元フラリーマンの男性が時間の使い方を変化させていった事例を放送しました。以前はバッティングセンターやカフェなどに週5で寄り道をしていた男性が、現在では妻と一緒に、かつてお互いの趣味だったピアノを再び習い始めたというエピソードが紹介されています。しかし実際には、パートナーに自分がフラリーマンであることを告げている人はそう多くはないでしょう。

家族のあり方に正解はありません。しかし、夫・妻・子ども、それぞれにとって心地よい過ごし方を追求するためには、きちんとコミュニケーションをとり、話し合うほかありません。本来、ノー残業は労働者が心身ともに健康でいるために導入されたもの。大切な時間をどのように過ごしたいのか、家族それぞれが向き合うべき命題なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....