企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ハードワーク体験がトラウマに
海外本社との「時差」の苦労

海外本社との関係維持のため

Yさんは現職のベンチャー企業で、高額な年収を得ていた。それに匹敵する金額を出せるのは外資しかないだろうと考え、私はM社を紹介した。おそらく年収が下がるだろう日系企業をあえて希望する理由とは何なのだろうか。

「管理部門のマネジャーは、海外の本社とのミーティングに頻繁に出席しなければなりません。今はどこでもテレビ会議システムがありますし、パソコンでもやろうと思えばできます」

出張しなくても顔を見ながら会議ができるのは、もはや当たり前のことだ。それはむしろ、便利で効率的なことではないだろうか。

「問題は『時差』なんです。海外では昼間でみんなが働いているけれど、日本では真夜中、ということがよくあります。しかし、大事な会議には参加してもらわないと困ると言われますし、役員から急な問い合わせの電話が入ることもあります。以前いた外資系企業では、夜中の3時、4時でもおかまいなしでした」

そんな昼も夜もないような生活が続いたため、Yさんは転職を決意し、今の日系ベンチャー企業に移ったのだという。転職相談のときにそのことを話さなかったのは、先述のとおり、今後の可能性を狭めてしまうことを心配したからだ。

「M社では、そこまでハードな仕事を期待していないかもしれません。一度確認してみましょうか」

しかし、Yさんはその必要はないと言う。最初からハードワークだと公言する会社はほとんどない、というのがYさんの考えだ。

「本社と良好な関係をつくっていかないと、仕事が成立しないのが外資系企業のマネジャー職なんです」

現在選考中の日本企業で採用が決まらなかった場合は、M社にお世話になるかもしれない。その時に印象が悪くなっていると困るので、問い合わせなどはしないで、少しだけ時間の猶予をもらってほしい、とYさんは言った。

「承知しました。いいお返事をいただけることを期待しています」

どうやら、Yさんの中でM社は「滑り止め」という位置づけのようだ。しかし、外資系企業での大変なハードワークを実際に体験したうえでの判断である。私はそれを尊重するしかなかった。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載

関連する記事

給与計算を効率化するシステム活用のヒント
活用範囲とコストを検討し、導入効果を最大化するサービス選び
給与計算は正確性と効率が求められる業務であり、ミスが許されません。しかし、雇用形態や働き方が多様化している現在、給与計算にかかわる業務はますます煩雑さを増してい...
2020/04/13掲載人事支援サービスの傾向と選び方
業務効率化と労務管理リスク回避をかなえる
おすすめ勤怠管理システムと選び方
働き方改革関連法の改正を受けて、勤怠管理の重要性が再認識されています。従業員の勤怠状況を正確に把握しなければならない一方で、働き方が多様化し、管理者側の業務負荷...
2020/01/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(後編)
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(前編)
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載人事マネジメント解体新書
従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...