人材採用“ウラ”“オモテ”

未来の職業地図はどうなる?

人材紹介もひとごととはいえない
AIに代替されない仕事を希望する人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「囲碁の名人にAI(人工知能)が勝った」というニュースは記憶に新しい。数年前までAIが囲碁で人間に勝つにはまだまだ時間がかかると思われていたが、技術開発のスピードは我々の想像をはるかに超えているようだ。そうなると、「自分たちの仕事はやがて、AIに置き換えられてしまうのではないか」と考えることも、あながち杞憂ではない。転職という節目は自らの将来を考える時でもある。特に若い人ほどAIの進出が気になるようだ。

どんな仕事がAIに奪われてしまうのか

「かなり忙しそうなお仕事ですが、どうやってストレスを解消されているんですか?」
「ええ、実はバイクが好きでして。休日はもっぱらツーリングですね」

人材紹介会社の転職相談では、具体的な希望や条件の話ばかりが交わされるわけではない。ちょっとした雑談でリラックスしてもらったり、何気ない会話から転職希望者の人柄を引き出したりすることも大切なテクニックだ。すっかり打ち解けた頃には、意外な質問を受けることもある。

「この間、転職関係の本を読んだんですが、将来はかなり多くの仕事がAIに置き換わるだろうと書かれていました。私もまだ若いので、働いている間にそんなことが起こると思うと心配です」

この日の相談者Aさんはまだ20代。定年退職が65歳だとすると、あと40年近くは現役なのだから、確かに気になるだろう。

「今の段階でこの仕事はAIに置き換わりそうだからやめておけ、というものはあるんでしょうか?」

変なことを聞いてすいません、とAさんは謝ったが、気になるのも当然のことだ。

未来の職業地図 Photo

「若い方からは時々そういうご質問をいただきますよ。将来のことを考える上で、とても重要なことですよね。むしろ、そういう思考のできる方の方が、自分のキャリアデザインをちゃんと考えていらっしゃると思います」

ただ、結論としては私たちも具体的に答えられるほどの情報は持ってない。技術進歩のスピードは非常に速く、正直5年後でも確信を持って言えることはほとんどない。大企業に勤めていても倒産やリストラのリスクがゼロではないように、どんな仕事でも機械に置き換わる可能性はあると考えるしかないのだ。なにしろ、『経営者』でさえ、将来はAIが務めるようになるかもしれないと言う説もある。

結局、現状の仕事できちんと結果を出していけば、仮に将来AIに置き換わる場合でも、そのAIを導入したり、管理したりする立場になれる可能性が高いので、まずは、そこを目指すのがベストではないか。それが大体定番の回答ということになる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアチェンジ転職
「売り手市場」が続く転職マーケット。とりわけソフトウェア開発を中心とする技術職は、引く手あまただ。しかし、本人がその貴重なキャリアを活かした転職を考えていないこ...
2017/07/05掲載
転職活動と電話
ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくな...
2017/06/02掲載
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載

関連する記事

若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
フルタイム以外の人材紹介
子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かし...
2017/03/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリ...
2017/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
有本隆浩さん(株式会社MS-Japan 代表取締役社長):
感性を研ぎ澄ませて時代の流れを読み、あとは行動あるのみ――
「管理部門特化型」の人材紹介で市場を創造
株式会社MS-Japanは、人材紹介会社としてはきわめてユニークな「管理部門に特化する」戦略によって、業界屈指の高収益・高付加価値を実現しています。同社の創業者...
2017/01/30掲載HR業界TOPインタビュー
出張面談とプライバシー
腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけ...
2017/01/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
2019年度 新卒採用特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...