企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エーアール ブイアール AR・VR

「AR」はAugmented Realityの略で「拡張現実」と訳され、実在する風景にデジタルによって作られたバーチャル情報を重ねて表示し、人間の現実認識を拡張する技術のことをいいます。また、「VR」はVirtual Realityの略で「仮想現実」と訳され、ヘッドマウントディスプレイなどの装置を身に付け、その場にいるような現実に近い仮想空間を表現する技術のことをいいます。近年はARやVRを人材採用や人材育成に活用する企業が増えており、注目を集めています。(2019/8/22掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AR・VRのケーススタディ

VRによって得られる「当事者意識」
採用や教育の場に新たな技術を

スマートフォンの普及と技術の向上によって、ARは私たちに身近な技術となりました。日本におけるARは、『ポケモンGO』や『SNOW』といったアプリによって大きな広がりを見せましたが、ゲームや娯楽用途以外にも医療、建設、運輸などの産業で活用されています。また、VRを含めた世界の市場規模は、2018年の89億ドルから2023年には1606.5億ドル規模に成長すると予測されています(IDC Japanより)。

近年は、企業人事によるARやVRの活用も進んでいます。例えば、人材採用。VR映像を使うことで臨場感のある情報を求職者に伝えることができるほか、ビデオチャットとVR技術をかけ合わせれば、面接官と求職者が同じ空間にいるかのような面接を実現することもできます。

地方大学に通う学生が都市部で就職活動を行う場合、説明会や面接で何度も現地に足を運ぶことになります。交通費や宿泊費の負担が大きく、場合によっては説明会や面接を見送ることもあるかもしれません。企業が採用でVRを活用すれば、このような問題を解決することにもつながり、より多くの学生との出会いが期待できるでしょう。

採用だけでなく、人材育成や研修にもAR・VRは有効です。その特長は、テレビやパソコンのスクリーンなどでは得ることが困難な「当事者意識」から学べること。例えば医療や建設現場で、実際にどのような作業を行っているのかを一人称視点で学ぶことができます。

教育の現場では、東京大学が2018年2月に連携研究機構「バーチャルリアリティ教育研究センター」を設置し、活動を進めています。今後も産学連携で研究が進められ、数年後にはますます多くのシーンでAR・VRの技術が活用されるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。

関連する記事

HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになる。また、業務効率化における活用は...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人材開発 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...