企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

「次世代経営リーダー」をいかに育成していけばいいのか
~リーダーの“見つけ方”と“鍛え方” について考える【前編】 (1/3ページ)

2015/4/3
激化の一途をたどる国際間・企業間競争を戦っていくには、強いリーダーの存在が必要不可欠である。問題は、これまでのような年功積み上げ方式のリーダー登用では、次世代を担うリーダーを輩出できなくなっていること。不確実な時代に事業・組織を発展、存続させていくには、優秀なリーダーの出現を待つのではなく、リーダー候補となる人材を見つけて育て上げていく、中長期的かつ全社的な取り組みが欠かせない。今回は、「次世代経営リーダー」を確保・育成する考え方と、具体的なプロセスを紹介していく。
今なぜ「次世代経営リーダー」なのか?
◆リーダーになってからでは間に合わない!

近年、次世代経営リーダーを確保・育成するための計画(サクセッションプラン)の導入を検討する企業が増えている。就職氷河期(1993年~2005年)に採用を控えたことで、次世代を担う30代、40代社員のマネジメント経験が不足しているため、数年後に主要なポストを担当する人材(次世代経営リーダー)が不足するという懸念があるからだ。一方、経営を取り巻く環境を見れば、グローバル化が一段と進展し、積極的なM&Aを導入するケースが増えている。これまでとは大きく異なるビジネス環境へと変化していく中で、従来の経営環境で育ってきた人材では、新しいビジネスを推進できないのではないかという認識も大きくなっているようだ。

これまで多くの日本企業では、しかるべきポジションの現職者が抜けた際に、人事異動・配置という形で後任を充ててきた。しかし、次世代を担うリーダーを育てるという視点で改めて考えると、従来の対応では、必ずしもふさわしい人材が登用されるとは限らない。なぜなら、登用する際の条件が多分に年功的で、眼下の事業課題に対処し、組織一丸となって対応していくリーダーシップを発揮できることが、必ずしも条件にはなっていないからだ。登用してから実績を見て評価・是正し、時間をかけて選抜する、かつての「トーナメント型モデル」では、経営を取り巻く環境変化が早い現代では対応できないというのが多くの経営者の認識ではないだろうか。

というのも、「急にポジションが空席になるリスク」「将来的にそのポジションを担当できる人材が不足するリスク」「将来の戦略変化に対応できる人材が不足するリスク」など、リーダー不在によるリスクはあまりに大きいからだ。リーダーになってから、これまでの経験で培った能力を基に力を発揮してもらうという対応では、遅すぎるのである。環境変化が激しい状況では、日々適切な戦略の検討と判断が求められる。そこでは、今までのやり方が通用するとは限らない。むしろ、判断を誤ることが少なくないのではないか。いきおい、社外に人材を求めるケースも多くなるが、それが成功する保証はどこにもない。まさにいま、新しい環境に適応して力を発揮できる、次世代経営リーダーの確保・育成が求められているのである。

◆8割の企業が「サクセッションプラン」を実現、または強化したいと考えている

事実、2011年時点で「サクセッションプラン(後継者確保・育成計画)」を強化したいとする企業は、8割以上に達している。労務行政研究所が行った「企業の人事戦略に関するアンケート」の結果によると、サクセッションプランの現状と今後について、「現状は行っていないが、今後は行いたい」が61.3%、「現在行っているが、今後はさらに強化・拡充したい」は20.2%で、「今後、実現または強化したい」と前向きに考える企業は81.5%に及んでいるのだ。この調査から4年経った2015年、各社の状況を見ると次世代経営リーダーの確保・育成は待ったなしの状況にある。リーダーになってからでは遅いという認識を、さらに多くの企業が持ち始めているように感じる。

■図表1:サクセッションプランについての意識(%)
現状は行っておらず、問題意識もない 6.5
現状は行っていないが、今後は行いたい 61.3
現在行っているが、今後はさらに強化・拡充したい 20.2
現在行っており、今後も現在のように行いたい 12.1
現在行っているが、今後は見直したい
出所:労務行政研究所「企業の人事戦略に関するアンケート」(2011年)

 


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
「次世代経営リーダー」の要件とは何か?
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載
人事マネジメント「解体新書」第115回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立
職場における「パワー・ハラスメント」の現状とは【前編】
近年、「パワー・ハラスメント(パワハラ)」がもたらすさまざまな弊害が関心を集めている。2019年5月には、パワー・ハラスメント防止を義務付ける関連法(パワハラ防...
2019/10/17掲載
人事マネジメント「解体新書」第114回
「ストレスチェック制度」が導入されて3年が経過
「ストレスチェック」を活用した企業事例を紹介【後編】
多くの企業にとってなじみのなかった「ストレスチェック制度」が義務化されたことで、準備段階から実施に至るまで、戸惑うことも多かったのではないだろうか。制度が導入さ...
2019/10/10掲載

関連する記事

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている
じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早期退職していく。会社の主力であるべきミドルマネージャー層が疲弊して、社内に活力が感じられな...
2018/12/25掲載注目の記事
サントリーホールディングス株式会社:
「やってみなはれ」で次世代リーダーを抜てき
グループの垣根を超えて世界をつなぐ、サントリーの人材育成とは
世界各国のグループ企業は312社・従業員数3万7000人超。真のグローバル企業へと突き進む同社は、いかにして「次代を担う経営人材」を発掘し、育成しているのでしょ...
2018/11/09掲載となりの人事部
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~
2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」...
2018/07/12掲載イベントレポート
小串 記代さん(株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 代表取締役社長):
「営業革新」「リーダー革新」の二つの軸で社会に貢献
変化の激しい時代に必要な「野心」と「挑戦」
富士ゼロックス総合教育研究所は、複写機やプリンターの代表的メーカーである富士ゼロックスの関連会社で、富士ゼロックスに新規事業として発足した教育事業部門が独立し、...
2018/02/23掲載HR業界TOPインタビュー
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト 期間限定キャンペーン

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...