無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】グリット グリット

「グリット」(grit)とは、「困難にあってもくじけない闘志」「気概」「気骨」などの意味を表す英語で、成功者に共通の心理特性として近年注目されている、「やり抜く力」のことです。心理学者でペンシルヴァニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワース氏が、「社会的に成功するために最も必要な要素は、才能やIQ(知能指数)や学歴ではなく、やり抜く力である」という「グリット」理論を提唱して以来、教育界や産業界をはじめさまざまな分野で大きな反響を呼んでいます。
(2016/11/17掲載)

グリットのケーススタディ

成功と生まれ持った才能・知能とは関係ない
“やり抜く力”をグーグルも採用の決め手に

成功に必要なのは、先天的な才能か、努力か――この命題をめぐる議論は尽きません。ある人は「天才は1%の才能と99%の努力」といい、またある人は「努力できることもまた才能である」といいます。

社会的成功に価値を見出す傾向の強いアメリカでは、新しい成功理論が次々と現れては消えていきますが、そのアメリカの教育界においても、これまでは「頭の良さが全てではない」「IQが高い人が必ずしも成功するわけではない」というところまでしかわかっていませんでした。何が最も大きな成功の要因なのかについては、自尊心か、自信か、あるいは楽観主義か、とさまざまな仮説が並んでいるだけだったのです。

そこへ現れたのが、「やり抜く力こそが成功のカギだ」とするダックワース氏の「グリット」理論でした。同氏によれば、その人が成功するかどうかを正確に予想するうえで、「グリット」=やり抜く力は、IQが示す知的能力など通常の意味での先天的才能より、はるかに役に立つ資質だといいます。

ダックワース氏は、大人であれ子供であれ、さまざまな分野でものすごく難しい課題に挑戦する人々を研究対象とし、「その中で1番の成功者は誰か、そしてそれはなぜか」を観察・考察しました。対象となったのは次の四つです。

(1)米陸軍士官学校の士官候補生の中で、厳しい軍事トレーニングに耐えて生き残る入隊者と耐えきれずに中途退学していく入隊者を予測する。
(2)アメリカ最大の綴り方大会「スペリング・ビー」でどの生徒が勝ち残るかを予測する。
(3)過酷な環境で働いている教育現場の先生たちを対象に、どの先生が年度末までその現場に残ることができるか、どの先生が最も生徒に影響を与え、学力を引き出し、結果に結びつけることができたかを研究する。
(4)一般企業の営業担当者を対象に、誰が営業担当として生き残り、誰がトップセールスを記録したかを調査する。

まったく分野の違うこれらの調査対象について研究した結果、一番の成功者には、ある共通点があることが分かったのです。高学歴でもなければ、知能の高さでもない。容姿や身体的な能力でもありません。それが「グリット」、やり抜く力だったのです。長期的なゴールを決めたら、どれだけ時間がかかろうとも継続的に粘り強く努力することによって最後までやり遂げる、物事への情熱と精神力のスタミナが成功のカギだというわけです。ダックワース氏によると、グリットの強さと知能指数などの間には、むしろ負の相関関係すら見られるといいます。

グーグルは人材採用の際に「強いグリットを持っているか否か」を重視するといいます。誰が成功への道を歩むのか――人の成長の行く末を見定める立場のリーダーや人事担当者にとっても、きわめて重要な示唆といえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード