企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】グリット グリット

「グリット」(grit)とは、「困難にあってもくじけない闘志」「気概」「気骨」などの意味を表す英語で、成功者に共通の心理特性として近年注目されている、「やり抜く力」のことです。心理学者でペンシルヴァニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワース氏が、「社会的に成功するために最も必要な要素は、才能やIQ(知能指数)や学歴ではなく、やり抜く力である」という「グリット」理論を提唱して以来、教育界や産業界をはじめさまざまな分野で大きな反響を呼んでいます。
(2016/11/17掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリットのケーススタディ

成功と生まれ持った才能・知能とは関係ない
“やり抜く力”をグーグルも採用の決め手に

成功に必要なのは、先天的な才能か、努力か――この命題をめぐる議論は尽きません。ある人は「天才は1%の才能と99%の努力」といい、またある人は「努力できることもまた才能である」といいます。

社会的成功に価値を見出す傾向の強いアメリカでは、新しい成功理論が次々と現れては消えていきますが、そのアメリカの教育界においても、これまでは「頭の良さが全てではない」「IQが高い人が必ずしも成功するわけではない」というところまでしかわかっていませんでした。何が最も大きな成功の要因なのかについては、自尊心か、自信か、あるいは楽観主義か、とさまざまな仮説が並んでいるだけだったのです。

そこへ現れたのが、「やり抜く力こそが成功のカギだ」とするダックワース氏の「グリット」理論でした。同氏によれば、その人が成功するかどうかを正確に予想するうえで、「グリット」=やり抜く力は、IQが示す知的能力など通常の意味での先天的才能より、はるかに役に立つ資質だといいます。

ダックワース氏は、大人であれ子供であれ、さまざまな分野でものすごく難しい課題に挑戦する人々を研究対象とし、「その中で1番の成功者は誰か、そしてそれはなぜか」を観察・考察しました。対象となったのは次の四つです。

(1)米陸軍士官学校の士官候補生の中で、厳しい軍事トレーニングに耐えて生き残る入隊者と耐えきれずに中途退学していく入隊者を予測する。
(2)アメリカ最大の綴り方大会「スペリング・ビー」でどの生徒が勝ち残るかを予測する。
(3)過酷な環境で働いている教育現場の先生たちを対象に、どの先生が年度末までその現場に残ることができるか、どの先生が最も生徒に影響を与え、学力を引き出し、結果に結びつけることができたかを研究する。
(4)一般企業の営業担当者を対象に、誰が営業担当として生き残り、誰がトップセールスを記録したかを調査する。

まったく分野の違うこれらの調査対象について研究した結果、一番の成功者には、ある共通点があることが分かったのです。高学歴でもなければ、知能の高さでもない。容姿や身体的な能力でもありません。それが「グリット」、やり抜く力だったのです。長期的なゴールを決めたら、どれだけ時間がかかろうとも継続的に粘り強く努力することによって最後までやり遂げる、物事への情熱と精神力のスタミナが成功のカギだというわけです。ダックワース氏によると、グリットの強さと知能指数などの間には、むしろ負の相関関係すら見られるといいます。

グーグルは人材採用の際に「強いグリットを持っているか否か」を重視するといいます。誰が成功への道を歩むのか――人の成長の行く末を見定める立場のリーダーや人事担当者にとっても、きわめて重要な示唆といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

センスメイキング
「センスメイキング」とは、直訳すると「意味づけ」で、数字、感情、行動、写真やビデオなど、さまざまなデータを集めて統合する力のことをいいます。マインドフルネスを組織研究の分野に持ち込んだことでも知られる、組織理論家のカール・ワイク氏が提唱しました。企業は今、先行きが不透明な時代を生き延びなければいけま...
セルフエフィカシー
「セルフエフィカシー(self-efficacy)」は、日本語で自己効力感と訳されます。自分がある状況において適切な行動を遂行できるかどうかの認知のことを指し、カナダ人心理学者のアルバート・バンデューラが提唱しました。「求められる行動を遂行する能力を持ち合わせていることへの自信」とも言い換えることが...
組織の成功循環モデル
「組織の成功循環モデル」とは、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論で、組織が成果を上げ続け、成功に向かう過程やしくみを明らかにしたものです。組織の成功循環モデルでは、成功や成果といった組織としての“結果の質”を高めるためには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書
「博士」の採用に二の足を踏む企業
中途採用に重要な要素の一つにタイミングがあります。優秀な人材がいたとしても、社内に空きがないと採用できません。逆に採用したくなった時には良い人材の応募がないということはよくあるもの。もう一つは決断力です。平均的にレベルの高い人材を採用するか、多少バランスは悪く...
2013/02/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...