企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オーセンティックリーダーシップ オーセンティック・リーダーシップ

「オーセンティック・リーダーシップ」とは、自分はどういう人間であるか、自身が大事にしている価値観は何かなど、自分自身の考えに根差したリーダーシップのあり方をいいます。オーセンティック(authentic)は英語で「本物の、確実な、真正な」という意味であり、指導者として人のまねではなく、自分自身の価値観や信念に正直に、自分らしく、誠実さや倫理観といったものに重きを置いて人を導いていく力のことです。
(2017/7/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーセンティック・リーダーシップのケーススタディ

米国エンロン事件をきっかけに提唱
倫理観を持ち、自分らしさを貫くリーダー

「オーセンティック・リーダーシップ」を提唱した一人と言われているのは、米国メドトロニック社の元CEOのビル・ジョージ氏です。2003年に出した著書『ミッション・リーダーシップ』で、エンロン社の不正会計を例にあげ、CEOには倫理観や道徳観が必要であると述べています。

『グロービスMBAリーダーシップ』(グロービス大学院著・ダイヤモンド社)によれば、ビル・ジョージ氏が掲げる「オーセンティック・リーダーシップ」像は「高度なインテグリティー(統合性)を備え、永続する組織を築くことに献身する」「しっかりとした目的意識を備え、自らのコアの価値観に忠実な」「すべてのステークホルダーのニーズに応える企業を築き上げる気概を備え、かつ社会に奉仕することの重要性を理解した」人物とあります。

また、ビル氏は新しいリーダーの特性として「自らの目的をしっかり理解している」「しっかりした価値観に基づいて行動する」「真心をこめてリードする」「しっかりした人間関係を築く」「しっかり自己を律する」と五つの条件を上げています。まさにそれは、誰かをまねるのではなく、自分らしさを貫くことができるリーダー像です。

このリーダーシップは教育機関でも注目され、ハーバード・ビジネススクールでは2005年に「オーセンティック・リーダーシップの開発」講座を開講。MBAの選択科目の中ではもっとも好評を得ているといいます。また、この講座を立ち上げたウィリアム・W・ジョージ教授は「オーセンティック・リーダーシップ」を得る訓練法の一つとして瞑想(めいそう)をあげており、1日2回、各20分の瞑想を推奨しています。実際、スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、リチャード・ブランソンといった多くの経営者が、瞑想を取り入れています。

そして、「オーセンティック・リーダーシップ」は、女性リーダーにとっても有効な要件として注目されています。女性リーダー育成の専門家として有名な、スイスのビジネススクールIMDのギンカ・トーゲル教授も、「オーセンティック・リーダーシップ」を提唱し、女性リーダーを対象にプログラムを提供しています。

近年は日本でも大手企業のさまざまな不正がニュースとなっており、企業経営者の倫理観や価値観が問われています。「本物で、真正な」経営とは何かを考えるときに来ているのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ホリゾンタル・リーダーシップ
「ホリゾンタル・リーダーシップ」とは、タテの上下関係や指揮命令系統よりも、ヨコの連携や協力関係を重視するリーダーシップのあり方をいいます。組織・部署の壁を越えて多様な人材を連結し、ホリゾンタル(水平方向)なネットワークを機能させることで目標達成に取り組むのが特徴です。ホリゾンタル・リーダーシップにお...
リーダーシップ・パイプライン
「リーダーシップ・パイプライン」とは、会社の変革・発展を導くリーダーを組織全体で体系的に育成しようとする考え方です。燃料がパイプラインを流れるように、ボトムからトップまで組織の各階層・世代間でとぎれることなく、連綿とリーダーを輩出するためのしくみづくりを指し、ゼネラル・エレクトリック(GE)をはじ...
ファシリテーター
Facilitator。「促進する」「助長する」といった意味のfacilitateの派生語。狭義には会議などを円滑に運営、管理する進行役を指しますが、企業ではプロジェクトチームや組織全体をまとめ、最大の成果を引き出す新しいリーダー像として注目されています。

関連する記事

日向野幹也さん: 権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる 職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(後編)
金融論の研究者から、リーダーシップ教育の第一人者へ――日向野幹也・早稲田大学教授の思いがけないキャリアチェンジの物語は、そのまま日本の大学におけるリーダーシップ教育の歩みと重なります。インタビュー後編では、過去11年間にわたる大学でのリーダーシップ教育の成果を...
2016/07/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日向野幹也さん: 権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる 職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(前編)
「リーダーと聞いてどんな人を思い浮かべますか?」リーダーシップという言葉の意味するところが、いま、大きく変わりつつあります。リーダーシップの新しい世界標準とは何か。それは身につけることができるのか。できるとすればどうすればいいのか――。前職の立教大学経営学部で...
2016/07/21掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「飛びぬけたリーダー」プログラム開発者、ジャック・ゼンガー博士が語る 「強み」を伸ばすリーダーシップ開発法とは?
2013年6月5日に企業の人事担当、エグゼクティブ、マネジャーなどが参加して東京・新宿で開催された、ゼンガー博士の講演の模様と、講演後に『日本の人事部』が行ったインタビューをレポートにしてご紹介いたします。
2013/07/16掲載編集部注目レポート

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
分類:[ 戦略人事 ]
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ インディードの採用ノウハウを無料公開
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...