企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 最終更新日:2020/01/10

【ヨミ】オーセンティックリーダーシップ オーセンティック・リーダーシップ

「オーセンティック・リーダーシップ」とは、「自分らしさ」を基本としたリーダーシップのこと。これまでのリーダーシップでは主に、人を先導する能力や、生まれ持った特別な資質などが求められてきました。しかし時代とともに、誰もが自分らしさを発揮してリーダーになることが求められるようになっています。

1. オーセンティック・リーダーシップとは?

オーセンティック・リーダーシップの意味

オーセンティック(authentic)とは、英語で「本物の、確実な、真正な」という意味です。簡単に言えば「自分らしさ」ということ。つまり、オーセンティック・リーダーシップとは、人のまねではなく、自分自身の価値観や信念に正直になりながら、リーダーシップを発揮することを意味しています。

オーセンティック・リーダーには、次の五つの特性が備わっているとされています。

オーセンティック・リーダーシップに必要な五つの特性
  • 自らの目的をしっかり理解している
  • しっかりした価値観に基づいて行動する
  • 真心を込めてリードする
  • しっかりした人間関係を築く
  • しっかり自己を律する

参考「グロービスMBAリーダーシップ」

オーセンティック・リーダーシップが注目されている背景

オーセンティック・リーダーシップが注目されている背景には、時代の変化とともに、働き方やリーダーシップへの考えが変わってきたことがあります。これまでは、強い力、パワー、権力といったハードなものを備えた人がリーダーだとされてきましたが、現在では知識や価値観といった、よりソフトなものに基づくリーダーが求められるようになりました。

従来の強い権力を握るリーダーの弊害は、情報化社会において顕著に表れてきたとされています。というのも、情報化社会では扱う知識の量が膨大になるため、一人のリーダーの力だけでは処理することができないからです。その結果、時代の流れについていけなくなる恐れがあります。

また、最近ではティール組織やホラクラシー組織など、新しい組織のあり方にも注目が集まっています。これらの概念も情報化社会の広がりを受けて、一人ではなく組織全体で時代の流れに対処するために生まれてきたものです。組織論だけでなく、リーダーシップ論も変化し、オーセンティック・リーダーシップだけではなく、組織の構成員に積極的に奉仕をする「サーバント・リーダーシップ」なども出てきました。

オーセンティック・リーダーシップは、このような時代の流れを受けて登場したリーダーシップ論の一つであり、誰もが自分らしさを発揮し、リーダーとなれるという考え方です。ただしその実践には、単に「自分らしく」以上のものがあります。このことについて、以下でさらに見ていきましょう。

2. オーセンティック・リーダーシップ実践のポイント

オーセンティック・リーダーシップを発揮するために必要な能力

多くの人は、リーダーを「強くてたくましい存在」とイメージしています。しかし、オーセンティック・リーダーシップでは、必ずしも強いリーダーシップが必要とは限りません。弱くても、親しみのあるリーダーの方が、あるチームにとっては良いこともあるでしょう。ただし、努力なしにリーダーになれるわけではありません。

オーセンティック・リーダーシップに必要な能力は、第一に自分を知ること、第二に自分の思想を実行する行動力があることです。詳しく見ていきましょう。

自己認識能力

自己認識能力とは、自分がどのような人間か、どのようなことを実現したいかの、どのような欠点を持っているかなどを知る力です。人は意外と自分の価値観や、その欠点について、気づかないものです。

自分を知る方法の一つとして、自分史(自分の来歴や価値観が形成された課程など)の振り返りがあります。多くの偉大なリーダーは、自分がどのような人生を歩み、どのような価値観を形成してきたかを振り返ることで、社会で成すべきことを理解し、夢や目標、そして行動力を手に入れてきました。

ここでの自分史は「輝かしい経歴を披露する」ことではありません。自分の人生における困難や努力、幸福にどのような意味付けをするか、どのようなストーリーを描くかが重要なのです。

価値観を体現する行動力

自分の価値観を認識しても、行動に移らなければ意味がありません。特にリーダーの場合は、行動力が求められます。自分のビジョンを共有し、仲間とともに追い求めるには、まず自分が行動することが必要となるからです。

内から出てくるやる気に注目する

リーダーには、誰よりも高いモチベーションが必要です。リーダーのやる気がなければ、他の人もやる気がなくなってしまうでしょう。仲間の高いやる気を維持するためには、利益や報酬だけではなく、自分の内側から出てくるやる気が必要になります。

権限を与えて周りをリーダーにする

オーセンティック・リーダーシップに求められるのは、自分が全ての権限を持って決定するのではなく、周りの人々に権限を与え、周りが自分らしいリーダーシップを発揮できるための環境づくりです。情報社会においては、さまざまな権限を周りに与えて、自主的に情報を処理し行動してもらう方が、成果は上がりやすいでしょう。

3. オーセンティック・リーダーシップのメリット

オーセンティック・リーダーシップのメリットは、これまでの強い「リーダー」像に惑わされて自分を失うことなく、適切なリーダーシップが発揮できる点です。リーダーが自分らしくあることこそが情報社会において成果を出すための近道、というのがオーセンティック・リーダーシップの基本的な考え方。この機会に、一度リーダーシップについて見直してみてはいかがでしょうか。

<参考>
・「オーセンティック・リーダーシップ」 (ハーバード・ビジネス・レビュー [EIシリーズ])
著者: ハーバード・ビジネス・レビュー編集部/ダイヤモンド社
・「【新版】グロービスMBAリーダーシップ」
著者: グロービス経営大学院/ダイヤモンド社
・「リーダーシップの哲学―12人の経営者に学ぶリーダーの育ち方」
著者: 一條 和生/東洋経済

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

リーダーシップ
リーダーシップには明確な定義がなく、さまざまな捉え方がありますが、大きくは「物事を成し遂げる力」と解釈することができます。また、リーダーシップが必要となるのは集団で共通の目的・目標に向かう場面です。そのため、一人で成し遂げるのではなく、集団活動において発揮される力ということができます。
シェアド・リーダーシップ
「シェアド・リーダーシップ(shared leadership)」とは、職場やチームのメンバー全員がリーダーシップを発揮することを指します。リーダーシップとは、組織やチームの目標を達成するために必要な、他のメンバーに与える影響力のこと。一般的に「経営層やマネジャーといった権限保持者に必要な素養」と考...
サーバント・リーダーシップ
「サーバント・リーダーシップ」とは、自らが「奉仕して導く」タイプのリーダーシップです。サーバントとは英語で「奉仕者」を意味しています。このタイプのリーダーは「強い力で組織を自ら引っ張る」のではなく、組織の構成員に「奉仕して導く」ことを目標にしています。ただし、単なる「優しい上司」ではありません。

関連する記事

日向野幹也さん: 権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる 職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(前編)
「リーダーと聞いてどんな人を思い浮かべますか?」リーダーシップという言葉の意味するところが、いま、大きく変わりつつあります。リーダーシップの新しい世界標準とは何か。それは身につけることができるのか。できるとすればどうすればいいのか――。前職の立教大学経営学部で...
2016/07/21掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日向野幹也さん: 権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる 職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(後編)
金融論の研究者から、リーダーシップ教育の第一人者へ――日向野幹也・早稲田大学教授の思いがけないキャリアチェンジの物語は、そのまま日本の大学におけるリーダーシップ教育の歩みと重なります。インタビュー後編では、過去11年間にわたる大学でのリーダーシップ教育の成果を...
2016/07/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
世界で大反響を巻き起こした “強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が 人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者であり、リーダーシップ研究の権威であるジャック・ゼンガー博士。同氏が開発した、20万件以上におよぶグロ...
2019/11/20掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

次世代リーダーを確実に育成するための手立て
お世話になっております。 社内で次世代のリーダーを育てたいと考えています。私がいつまで社長として会社を支えていくことができるかわかりません。また、会社を長く残していくには、若い力を借りなければならないとも考えています。 しかし、現状では社内で私のポジションを担える存在がいないと感じています。リー...
降職・降給の条件
お世話になります。研究開発の社員についてお伺い致します。ある社員をチームリーダーとして頑張ってもらうため、昇進昇格(係長に)させたのですが、本人よりリーダーを辞退したいとの申し出がありました。慣れない職務とプレッシャーでうつ気味にもなって体調も優れないため、休暇を与えリーダーの職務を解きました。こう...
36協定は10名未満でも必要ですか?
36協定は10名未満の事業所でも届出が必要ですか? 根拠を教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
分類:[ 戦略的人事 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...