企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”
日本の人事部「HRアワード2017」受賞者インタビュー

出る杭を伸ばす組織を目指して
大企業病に挑む若手・中堅有志団体One JAPANが、
人事に求めること(後編)

濱松 誠さん
(One JAPAN 共同発起人・代表/パナソニック株式会社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
濱松誠さん One JAPAN 共同発起人・代表/パナソニック株式会社
多くの企業が抱える「大企業病」の課題を、若手・中堅社員たちの手で変えて行こうとする、若手・中堅有志団体「One JAPAN」(前編参照)。所属するメンバーたちは、各企業の社員が持つ力を終結させ、共創を生むコミュニティー作りを目指していますが、時には「本当にビジネスにつながるのか」といった、厳しい言葉を受けることもあるそうです。どのように所属企業からの理解を得て、活動に臨んでいるのでしょうか。後編では、濱松誠さん(パナソニック株式会社)のほかに、共同発起人である山本将裕さん(東日本電信電話株式会社)にも電話で参加していただき、お話をうかがいました。
Profile

濱松 誠さん(One JAPAN 共同発起人・代表/パナソニック株式会社)
はままつ・まこと● 1982年京都府生まれ。大学卒業後、2006年パナソニックに入社。海外営業、インド事業企画を経て、本社人材戦略部に異動。グループ採用戦略や人材開発を担当。2012年、若手主体の有志団体「One Panasonic」を立ち上げ、組織の活性化やタテ・ヨコ・ナナメ・社外の交流に取り組む。2016年には同社初となるベンチャー企業(パス株式会社)への派遣人材に抜擢。現在は、同社家電部門にて、IoT家電事業の事業開発に従事。

山本 将裕さん(東日本電信電話株式会社/O-Den発起人)
やまもと・まさひろ● 1987年東京都生まれ。2010年NTT東日本入社。石巻、先代で法人営業を経験後、現在のビジネス開発本部で勤務。石巻では東日本大震災を被災、ホームレスになりながら復興活動に取り組む。2015年にNTTグループの有志団体「O-Den」を立ち上げ、NTTグループを横串にして、人と人との縁を繋ぐことで、会社を変え・社会を変えるべく活動を行っている。

メンバー一人ひとりが得意分野を活かして貢献

―― 発足後、そのつながりと技術力を生かして、さまざまな挑戦を行われてきたOne JAPAN。組織が拡大していく中で、ビジョンの共有や活動報告などはどのように行っているのでしょうか。

濱松:代表者会議という集会を、1ヵ月に一度開催しています。現在は参画団体から一名ずつ、だいたい40名くらいが集まっています。ここでは、思い描いている方向性の共有や、各団体の取り組み紹介、そこから出てきたナレッジ・情報のシェア、議論などをしています。参画団体の約半分は立ち上げから1年ほどの比較的新しい団体なので、今まさに成長痛を感じているところ。代表者から、ぶつかっている壁について話を聞き、かつて同じ悩みを経験した私や大川さん(共同発起人。富士ゼロックスで、有志のゆるいネットワーク「秘密結社わるだ組」を設立)が、過去の事例を紹介する。各団体に気付きを持って帰ってもらえれば、と思っています。

―― 共同発起人の3名も、各団体の代表の方々も、本業がある中での有志団体の活動に時間をとるのは大変ですよね。仕事環境が異なるメンバーが一緒に活動していく上で、役割分担はどのようにされているのでしょうか。

濱松:まさに時間を捻出することに苦労しています。メンバーの平均年齢は32歳。20代後半~30代半ばのメンバーが多いため、ちょうど結婚や出産が自分事になってくる年代で。グループチャットやオンライン通話も活用しながら、効率的にコミュニケーションをとるようにしています。

具体的な役割分担としては、広報担当やデザイン担当、ソーシャルダイバーシティ担当を担う「事務局」があります。また、決まった役割の他にも、それぞれのメンバーが得意なことを活かしてOne JAPANに貢献しています。例えば、私はOne Panasonicでの経験を活かしながら、実現したい事を提案したり、発信したりします。大川さんは、「イノベーション担当」のような立場で、実践的なアウトプットを推進してくれています。先ほどのマインドフルネスロボットも、その一つです。山本さんは、場所の確保や費用の交渉などといった、総務周りのことを率先してやってくれています。

「共同発起人」というと、リーダーとして周りに指示する役割のようですが、そればかりではとてもうまく行きません。イノベーションマインドも大切ですが、日常はもっとベタな活動が行われていて、泥臭いことの連続です。組織を運営する上では、たとえコアメンバーであっても自分たちが動き、活動を円滑に進めるための気配りを行うことが、とても重要なのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

山本 寛さん:
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは
少子化に伴う労働人口の減少が進行する中、優秀な人材に長く組織で活躍してもらうための施策である「リテンション・マネジメント」が注目を集めています。特に企業の将来を...
2018/07/18掲載
柳川範之さん:
正解に頼らない思考の癖づけが考える力を育てる
人事の役割は主体性のサポートとモヤモヤできる場の醸成にあり
AIの発達の影響で、今後10年で仕事内容や役割は大きく変わると言われています。私たちビジネスパーソンにも、物事に対する捉え方の変革が求められています。この時代に...
2018/05/25掲載
渡辺雅司さん:
改革の痛みの先に見えたものとは
200年続く老舗を超人気企業に生まれ変わらせた
社長と社員による「全員参加経営」への挑戦
「元祖くず餅」で知られる「船橋屋」は、参詣客で賑わう江戸の名所「亀戸天神」参道に本店を構えて200年余り。老舗として伝統を守り続ける一方で、旧態から脱却するため...
2018/04/23掲載

関連する記事

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割
従業員の「兼業」「副業」を認めているかどうかを聞いたところ、「制度を設けて認めている」(19.1%)、「制度は設けていないが黙認している」(9.9%)、「今後制...
2018/08/09掲載人事白書 調査レポート
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載となりの人事部
森下仁丹株式会社:
オッサンも変わる。ニッポンも変わる。
第二の人生を賭けたチャレンジ求む 森下仁丹の「第四新卒採用」とは
2017年3月1日、一般新卒採用の解禁日に合わせて掲載されたある求人広告が、大きな注目を集めました。「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」というインパクトある...
2018/02/16掲載となりの人事部
サイボウズ株式会社:
「100人いれば、100通りの働き方」を実現
サイボウズでの仕事を複(副)業とする人材を募集する「複業採用」とは
価値観が多様化し、これまで誰もが当たり前だと捉えられていたことにも疑問が呈される時代になりました。「特定の会社に100%コミットして働く必要があるだろうか」とい...
2018/01/22掲載となりの人事部
濱松誠さん:
出る杭を伸ばす組織を目指して
大企業病に挑む若手・中堅有志団体One JAPANが、人事に求めること(前編)
「大企業病」――意思決定のスピードが遅く、変化を好まない組織風土。そこで働く若手社員たちは、近年の急速な経済環境の変化の中で、変革の必要性を感じながらも、身動き...
2018/01/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー 20代優秀層の採用ならキャリトレ

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。