企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”
日本の人事部「HRアワード2017」受賞者インタビュー

出る杭を伸ばす組織を目指して
大企業病に挑む若手・中堅有志団体One JAPANが、
人事に求めること(前編)

濱松 誠さん
(One JAPAN 共同発起人・代表/パナソニック株式会社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
濱松誠さん One JAPAN 共同発起人・代表/パナソニック株式会社
「大企業病」――意思決定のスピードが遅く、変化を好まない組織風土。そこで働く若手社員たちは、近年の急速な経済環境の変化の中で、変革の必要性を感じながらも、身動きがとれない悩みを抱えています。こうした大企業の「変われない空気」を打破するため、2016年9月に発足したのが、大企業の若手有志団体のプラットフォーム「One JAPAN」。パナソニックや富士ゼロックス、NTTグループなど、日本を代表する大企業45社の有志団体によって構成される「One JAPAN」では、各企業の若手・中堅社員が持つ力を結集させ、活性化や共創を生むコミュニティ作りを目指しています。企業の垣根を超えた場を主体的につくりだしたことへの高い評価と、大企業の組織風土変革の推進力としての期待から、「HRアワード2017」企業人事部門「特別賞」を受賞したその取り組みについて、共同発起人・代表である濱松誠さんにお話をうかがいました。
Profile

はままつ・まこと● 1982年京都府生まれ。大学卒業後、2006年パナソニックに入社。海外営業、インド事業企画を経て、本社人材戦略部に異動。グループ採用戦略や人材開発を担当。2012年、若手主体の有志団体「One Panasonic」を立ち上げ、組織の活性化やタテ・ヨコ・ナナメ・社外の交流に取り組む。2016年には同社初となるベンチャー企業(パス株式会社)への派遣人材に抜擢。現在は、同社家電部門にて、IoT家電事業の事業開発に従事。

大手企業の若手・中堅有志社員が集まるコミュニティ「One JAPAN」

―― まずは、日本の人事部「HRアワード2017」企業人事部門 特別賞の受賞、誠におめでとうございます。

ありがとうございます。多くの人事担当者の方々の投票によって選んでいただいたことを、とても光栄に思います。私も昨年まで人事にいたので、知り合いの人事担当者の方からも、たくさんの祝福の言葉をいただきました。皆さまのご期待に応えられるよう、さらに活動を広げていきたいと思っています。

―― One JAPANは「大企業の若手・中堅有志団体のコミュニティ」として、2016年に立ち上げられました。まず、成長意欲のある若手社員が集まる場をつくろうと思った背景について、お聞かせいただけますか。

社内で「One Panasonic」という若手有志団体を2012年に立ち上げたのですが、そのきっかけは、私がパナソニックに新卒入社した2006年、内定者との懇親会を企画したことにまでさかのぼります。私がまだ内定者だったころ、先輩社員と交流する機会はほとんどありませんでした。入社前に社内のことを知る手段も限られていて、ベンチャー企業や外資系企業に就職した友人たちが内定先の先輩社員と懇親を深めたり、社長と食事したりしているのがうらやましかったんです。そこで、後輩には同じ思いをさせまいと企画したのが、その懇親会でした。

大企業は採用人数が多いため、同期との結束力が強いように思われがちですが、何せグループの従業員が30万人規模という巨大組織。新人が同じ部署に配属されることはあまりありません。あっても数名程度です。20代の社員が少ない部署も多く、大企業の若手社員は意外と孤独なのです。「各部署に配属された若手社員同士がつながれるきっかけになれば。」そんな思いで6年間、内定者懇親会を続けていたら、400人の若手ネットワークができていました。

2011年にパナソニック、パナソニック電工、三洋電機が統合し、2012年、会社として「One Panasonic」のスローガンが掲げられたのですが、そこで若手社員たちにもこのスローガンを「自分ごと」として捉えてもらえるよう、全社の若手社員がつながりあう交流会を企画したのが、若手有志団体「One Panasonic」発足の経緯です。

―― 「One Panasonic」では、どのような活動をされていたのでしょうか。

One Panasonicでは、若手社員同士の交流で「横」のつながりをつくるのはもちろん、経営幹部を招いて若手社員に向けたメッセージを近い距離で直接発信してもらうことで「縦」の結びつきを強めたり、部課長クラスのミドルマネジメント層と部署を超えた「斜め」の関係をつくったりするサポートも行っています。また、「モノ博」という、社内で新たに開発した商品やその部署一押しの商品を集めた展示会も有志で実施しました。パナソニックは事業部が分かれているため、社員でも他部署の商品を知らないことがあります。展示会を行うことで、自社の商品や技術を知り、他の事業への理解を深めることができる。パナソニックでいうところの「クロスバリューイノベーション」につながる、そう思ったんです。

「One Panasonic」発足から3周年の際に実施した参加者のアンケートでは、参加によって「意識が変わった」という回答が全体の91%に上りました。さらに、「行動が変わった」という回答も82%。若手社員たちには、それぞれの思いを共有することで、「挑戦していいんだ」「挑戦できるんだ」という意識の変化が生まれたように感じています。

―― 社内の有志団体にとどまらず、One JAPANとして社外まで輪を広げようと決意したきっかけは何でしたか。

One Panasonicを立ち上げて1、2年ほど経った頃、共同発起人の大川陽介さん、山本将裕さんと出会いました。大川さんは富士ゼロックスで、楽しく働きたいという思いを持った社員同士がカジュアルにつながる有志団体「秘密結社わるだ組」を、One Panasonicと同時期に立ち上げていました。その頃、山本さんも大企業の組織文化への課題感から、何かできないかを考えていて、のちに所属するNTT東日本で、NTTグループを横軸として人と人との縁をつなぐ「O-Den」を立ち上げます。One PanasonicのことをSNS等で発信していると、日々、社外の同年代の人たちとつながる中で、「同じような活動をしているので、意見交換をしたい」「One Panasonicのような団体を作りたいから、話を聞かせてほしい」という、大きく分けて二つの声が寄せられるようになりました。

「HRアワード 2017」表彰式での共同発起人の三人
▲「HRアワード 2017」表彰式での共同発起人の三人
(左から大川さん・濱松さん・山本さん)

そこでまずは5、6社の団体が集まり、「有志活動の大変なところ」や「活動において工夫しているところ」など、事例の共有が中心の勉強会を行うことにしました。開催して良かったのは、まず「同じ課題に立ち向かう仲間がいる」と知ることができたこと。それから「どの団体も、悩みはほとんど一緒」だと発見できたことです。それなら、情報やナレッジシェアリングのできる場があった方が、それぞれの団体の機動力が上がるのではないかと考え、「One JAPAN」の発足に至りました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

石坂典子さん:
外部との交流が仕事の意義を見出し自信へとつながる
石坂産業を地域で愛される会社にした“考える”マネジメントとは
建築系廃材の処理を行う石坂産業は、徹底した分別と独自の技術で95%以上のリサイクル率を実現するなど、同業他社との差別化を図り、高い競争力を実現していることで知ら...
2018/09/05掲載
指揮者のいないオーケストラに聞く
一人ひとりがリーダーシップを発揮する「自律型組織」のつくり方
「ティール組織」「ホラクラシー」など、自律的な組織のあり方が注目されています。一見、まったく新しいもののように思えるこの概念を、40数年前に実現していた組織が、...
2018/08/30掲載
山本 寛さん:
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは
少子化に伴う労働人口の減少が進行する中、優秀な人材に長く組織で活躍してもらうための施策である「リテンション・マネジメント」が注目を集めています。特に企業の将来を...
2018/07/18掲載

関連する記事

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割
従業員の「兼業」「副業」を認めているかどうかを聞いたところ、「制度を設けて認めている」(19.1%)、「制度は設けていないが黙認している」(9.9%)、「今後制...
2018/08/09掲載人事白書 調査レポート
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載となりの人事部
森下仁丹株式会社:
オッサンも変わる。ニッポンも変わる。
第二の人生を賭けたチャレンジ求む 森下仁丹の「第四新卒採用」とは
2017年3月1日、一般新卒採用の解禁日に合わせて掲載されたある求人広告が、大きな注目を集めました。「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」というインパクトある...
2018/02/16掲載となりの人事部
濱松誠さん:
出る杭を伸ばす組織を目指して
大企業病に挑む若手・中堅有志団体One JAPANが、人事に求めること(後編)
多くの企業が抱える「大企業病」の課題を、若手・中堅社員たちの手で変えて行こうとする、若手・中堅有志団体「One JAPAN」。所属するメンバーたちは、各企業の社...
2018/01/25掲載キーパーソンが語る“人と組織”
サイボウズ株式会社:
「100人いれば、100通りの働き方」を実現
サイボウズでの仕事を複(副)業とする人材を募集する「複業採用」とは
価値観が多様化し、これまで誰もが当たり前だと捉えられていたことにも疑問が呈される時代になりました。「特定の会社に100%コミットして働く必要があるだろうか」とい...
2018/01/22掲載となりの人事部
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...