企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

世界基準のリーダーシップを求めて伸ばす
GE流“生え抜き”育成哲学とは(前編)
―― 強さの秘密は「全社員一人ひとりをリーダーに」

日本GE株式会社 代表取締役 GEキャピタル社長兼CEO

安渕 聖司さん

安渕聖司さん 日本GE株式会社代表取締役 GEキャピタル社長兼CEO Photo

アメリカの代表的な株式指標「ダウ平均」が1896年に算出を始めて以来、今日に至るまで一貫して選ばれ続けている銘柄はただ一社。あのエジソンをルーツに持つ、GE=ゼネラル・エレクトリック・カンパニーだけです。航空機エンジンや発電用タービン、医療機器などの製造から金融サービスまで多様な事業を展開するGEは、世界150ヵ国以上で約30万人が働くグローバル企業。企業の国際間競争が激化する中、長い歴史を経て今なお世界の巨人であり続けるGEの取り組みは、日本企業にとっても大いに参考になるに違いありません。GEの金融部門であるGEキャピタル社長兼CEOで、日本GE全体の代表取締役でもある安渕聖司さんに、人材に関する考え方や取り組みについてお話しいただきました。

Profile

やすぶち・せいじ●1979年、早稲田大学政治経済学部卒、三菱商事入社。90年ハーバード・ビジネススクールMBA修了。99年、米投資ファンド、リップルウッドの日本法人立ち上げに参画。01年、UBS証券会社入社。投資銀行本部の運輸および民営化責任者として、多くの大型案件を手がける。06年、GEコマーシャル・ファイナンスにアジア地域事業開発担当副社長として入社。07年、GEコマーシャル・ファイナンス・ジャパン社長兼CEOに就任。09年、GEキャピタル社長兼CEOに就任し、日本の金融サービス事業全般を統括、現在に至る。

「人を育てることへの情熱」に驚かされたGEとの出会い

 GEといえば、アメリカを代表する世界的な企業ですが、多くの日本人が持つ“アメリカの会社”のイメージからすると、意外に思える特徴も少なくありません。

当社は、発明王トーマス・エジソンが創業した会社に端を発し、1892年に「ゼネラル・エレクトリック・カンパニー」として設立されました。よく驚かれるのは、その120余年の歴史の中で、経営トップであるCEOがわずか9人しか出ていないということです。一人あたりの在任期間は平均で14~15年と、きわめて長い。しかも9人全員が社内の生え抜きなのです。ご存知のように、アメリカの企業では経営者を外部から次々と招聘することが日常茶飯ですが、GEではこれまで一度もありません。長期的な視点に立った経営を行ない、そのために一貫して自前のリーダーを育て続けている。そこが、「アメリカの会社らしくない」と思われる、当社の最たる特徴でしょう。

GEは“人材輩出企業”として有名です。御社が人を育てることに、とりわけエネルギーを注ぐ理由を教えてください。

実は私も、入社してまず驚かされたのが、GEの人材育成に対する熱意の強さ、意識の高さでした。正直、これほどまでとは思いませんでした。その背景にあるのは、リーダーシップに対する信念です。GEにとって人を育てることは、リーダーを育てることと同義であり、われわれは社員一人ひとりにリーダーシップを求めています。理由はかんたん。全員がリーダーシップをとれる組織のほうが、そうでない組織よりもはるかに強く、はるかに高いパフォーマンスが出せる、そして環境の変化にも的確かつ迅速に対応できる、と確信しているからです。すぐれたパフォーマンスと徹底した変化への対応こそが当社の最も重要なミッションであり、それを達成するために組織の上から下まで、社員一人ひとりにリーダーシップを求め、しっかりと身につけさせる。会社として、そういう強い信念があります。

安渕さんご自身も驚かれたというGEの「人を育てることへの熱意」。それを、最初に実感されたときのことを覚えていらっしゃいますか。

安渕聖司さん Photo

前職を経てGEに入社したとき、私は50歳になっていました。もともとはコマーシャル・ファイナンスの事業開発担当で、アジア全域のM&Aのヘッドとして雇われたのですが、入社して間もなく手がけたプロジェクトが評価されて、次はいきなり、「GEキャピタルの日本法人全体のマネジメントをやってほしい」という話が来たのです。まだ入社して1年1ヵ月しか経っていなかったので大変驚き、思わず当時の上司に「人違いじゃないですか」と言いました。会社も上司も、私のことをまだよく知らないはずではないかと。しかし、上司は「そんなことはない。君について多くの人から話を聞き、さまざまな情報も集めた。私は君を良く知っている」と断言したのです。

後からわかったことですが、たしかにGEは人をよく見ている。採用するときも、その人にリーダーシップのポテンシャルがどれくらいあるかを評価して、それがあれば、採用時点のポストだけでなく、将来的にどこかのリーダーシップロールをまかせようと、最初からそこまで見据えているのです。しかも、その姿勢は年齢に全く関係がありません。ポテンシャルがあるとわかったら、私のように50歳を過ぎて加わった人間にも、チャレンジングなステージを用意し、能力をとことん引き出そうとするわけですから。なるほど、これなら人が伸びるはずだと感心しました。ちなみに、いま私の手元にある部下のパーソナルデータにも年齢の記載はありません。そもそも、書き込む欄がありません。人事に関する判断に、年齢は一切関係ないからです。GEでは、そういうところがとにかく徹底されているのです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載
本田茂樹さん:
緊急事態宣言が全面解除
次の感染ピークを想定して今から取り組んでおきたい職場の感染症対策
新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、私たちの暮らしは様変わりし、企業でも休業や自宅待機、在宅勤務などの対応に追われました。過去にも新たな感染が流行したこ...
2020/06/04掲載
宍戸拓人さん:
「対立」はイノベーションの源泉
組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは
異なる流儀や価値観を持つ個人の集まりである以上、組織内で起きる「対立」は避けては通れないものかもしれません。組織をマネジメントする立場の人からすれば、社員同士の...
2020/05/15掲載

関連する記事

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第5回】人事部とリーダーシップ(その1):リーダーシップとは
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/06/04掲載編集部注目レポート
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている
じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早期退職していく。会社の主力であるべきミドルマネージャー層が疲弊して、社内に活力が感じられな...
2018/12/25掲載注目の記事
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
new

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...