企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

世界基準のリーダーシップを求めて伸ばすGE流“生え抜き”育成哲学とは(前編)
―― 強さの秘密は「全社員一人ひとりをリーダーに」

日本GE株式会社 代表取締役 GEキャピタル社長兼CEO

安渕 聖司さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーシップとはポジションパワーではなく「影響力」

 GEにおいて、リーダーシップはどのように定義されているのでしょうか。

これも驚いたのですが、GEでは、リーダーシップの概念そのものが他とは大きく異なっていました。リーダー一人がいて、それについていくという形の一般的なリーダーシップではなく、先ほど申し上げたように、当社では、社員一人ひとりにリーダーシップが求められます。トップだけがリーダーではない、言い換えれば、権限に基づくポジションパワーがリーダーシップの源ではないということです。組織のいたるところにリーダーがいて、それぞれが自発的に行動し、周囲を巻き込みながら、企業全体のパフォーマンスを高めていく。GE流のリーダーシップとは、ポジションから来るものではなく、要するに影響力です。自分一人の権限や責任の範囲を超えて、より大きな目標を達成するために、周囲の人を心から動かす力なのです。たとえば大きな地震などの災害が起こったときに、新入社員が被災地に援助物資を届けようと自ら声を挙げ、行動を起こし、どういう物資をどういうルートで届けるか、保険はどうするかといった問題を周囲の知恵や協力を集めて解決しながら、実際に届けるのも、立派なリーダーシップだと言えるでしょう。

 そうしたリーダーシップを発揮するリーダーに、必要な資質とは何ですか。

GEでは、それも明確に定義されています。GEのリーダーに必要なコンピテンシーは四つあります。そのうちの三つ、「リーダーシップスキル」「ビジネス知識・能力」「専門知識・能力」については、ごく一般的な要素と言えるかもしれません。リーダーシップスキルとは、組織のリーダーとして戦略を立案・実行し、経営リソースを適正に配分したり、コミュニケーションを図ったりする、経営を推進する上で必要なスキルのことです。ビジネス知識・能力というのは、たとえば商品やマーケット、業界動向などの変化を読み取って対応するなど、ビジネス全般に共通して求められる能力のこと。そして専門知識・能力とは、いわゆる専門性ですね。経理や法務、セールスといった職種ごとに求められる専門知識やスキルを言います。

■図:GEリーダーのコンピテンシー(必要な特性)

GEリーダーのコンピテンシー(必要な特性)

そして「グロースバリュー」です。GE社員としての行動規範ともいうべきもので、図のとおり、われわれはこれを、リーダーに求める資質の中心に据えています。したがって、このグロースバリューを身につけていない人は、リーダーシップがないし、キャリアが豊富でも、本業の仕事でトップの成績をあげても、リーダーにはなれません。いくら他の三つの要素が優れていても、グロースバリューがなければ、ポジションに就けないのがGEなのです。逆に言えば、ポジションの有無にかかわらず、仮に新入社員でも、この特性を持つ人には全員リーダーとしてのポテンシャルがある、と評価される。そういう人材を見出し、適切なポジションに就けて伸ばしていくことも、リーダーの明確な役割の一つになっているのです。

130人のリーダーに学ぶ、成功のための五つの秘訣とは

 グロースバリューこそが、リーダーシップの要と位置づけられているわけですね。

安渕聖司さん Photo

そもそもグロースバリューは、これまで当社のビジネスを成長させてきたリーダーたちが共通して持っていた特性を集約したもので、2009年に定められました。社内の約130人のリーダーや実際にビジネスを成長させた人たちについて、本人、上司、同僚、部下、お客様から「どうして彼らはビジネスを伸ばせたのか」をインタビュー。そこから抽出されたのが、グロースバリューの五つの価値観でした。GEでは、これらをリーダーシップの要と位置づけ、グロースバリューのない人はリーダーになれないと強調するだけでなく、実際の人事評価にも使っています。成果主義が浸透している米国の企業だけに、評価ではさぞかし業績がものをいうに違いない、と想像される方も多いでしょう。しかし当社には、「グロースバリューと業績を唯一の評価基準とする」というグローバル人材の育成哲学があります。しかもその評価の配分比率は、グロースバリューが50%、業績が50%の半々です。ですから業績がいくら高くても、バリューが伴わない人はダメなのです。評価が低いので、組織のリーダーにはなれません。

■GEのグロースバリュー

  • 外部志向 External Focus
  • 明確で分かりやすい思考 Clear Thinker
  • 想像力と勇気 Imagination & Courage
  • 包容力 Inclusiveness
  • 専門性 Expertise

昨年GEは、グロースバリューに代わる新しい行動規範の導入を開始しました。「GE Beliefs」と呼ばれるもので、beliefとは信念のことです。既存の枠にとらわれず、新しい視点で考え、行動する必要性の高まりを意識し、それに必要な五つの行動基準から成り立っています。その五つとは「お客さまに選ばれる存在であり続ける」「より速く、だからシンプルに」「試すことで学び、勝利につなげる」「信頼して任せ、互いに高め合う」「どんな環境でも、勝ちにこだわる」で、お客さま重視の姿勢を明確にしているのも特徴的です。

「何をどれだけ」達成したかだけではなく、「どのようにして」達成したかを自らに厳しく問い続ける企業でなければ、真のエクセレントカンパニーとは言えません。

そのとおりです。業績=パフォーマンスを「WHAT」だとすれば、GEにとってグロースバリューは「HOW」ということになります。長い目で見ると、その両方を追い求めたほうが企業価値はより高まるのだという思想を、GEは120余年の歴史の中で、自らの企業DNAに繰り返し刻み込んできたのでしょう。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

守屋実さん:
新規事業を50以上立ち上げたフリーランサーが語る
企業と「“解像度の高い”仕事のプロ」とのいい関係づくり
戦後長らく続いてきた日本の雇用制度が、見直しを迫られています。特に争点となるのが、終身雇用の是非です。人生100年時代の到来と労働力人口の減少が重なり、企業の生...
2020/03/23掲載
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載
源田泰之さん:
人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載

関連する記事

世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている
じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早期退職していく。会社の主力であるべきミドルマネージャー層が疲弊して、社内に活力が感じられな...
2018/12/25掲載注目の記事
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~
2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」...
2018/07/12掲載イベントレポート
人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...