企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

世界基準のリーダーシップを求めて伸ばす
GE流“生え抜き”育成哲学とは(後編)
―― 人の成長を支援する人事部門こそ自ら学び、成長せよ
[1/2ページ]

2015/6/3

安渕 聖司さん(日本GE株式会社 代表取締役 GEキャピタル社長兼CEO)

安渕聖司さん 日本GE株式会社代表取締役 GEキャピタル社長兼CEO Photo
50歳を過ぎてGEに迎えられた安渕聖司さん。入社後は驚きの連続だったと言います。とりわけ強い印象を受けたのが、GEの人材育成にかける熱意でした。その強さは、総合商社や投資銀行での経験から内外の企業経営の実情にも詳しい安渕さんをして、「これほど真剣に人材を育成している企業はなかなかない」と言わしめたほど。後編では、安渕さんご自身の経験談もまじえながら、実際にGEがどのように人と関わり、リーダーを輩出しているのか、ユニークな手法や仕組みの一部を紹介するとともに、日本企業の人材育成の現状についても貴重なご提言をいただきました。(前編はこちら
Profile
やすぶち・せいじ●1979年、早稲田大学政治経済学部卒、三菱商事入社。90年ハーバード・ビジネススクールMBA修了。99年、米投資ファンド、リップルウッドの日本法人立ち上げに参画。01年、UBS証券会社入社。投資銀行本部の運輸および民営化責任者として、多くの大型案件を手がける。06年、GEコマーシャル・ファイナンスにアジア地域事業開発担当副社長として入社。07年、GEコマーシャル・ファイナンス・ジャパン社長兼CEOに就任。09年、GEキャピタル社長兼CEOに就任し、日本の金融サービス事業全般を統括、現在に至る。

持てる力を120%引き出す「ストレッチアサインメント」

―― GEでは、社員一人ひとりの力を引き出し、しっかりと成長させることがリーダーの明確な役割の一つになっているというお話でした。成長のために、どのような取り組みが実際に行われているのか、ご紹介ください。

やはり一番大きいのは、オン・ザ・ジョブで、積極的に新しいチャレンジやトライアルに取り組ませることでしょう。GEではこれを「ストレッチアサインメント」と呼び、頻繁に行っています。私自身、入社してわずか1年ほどで、採用時点では何の打診もなかった、複数の日本法人全体を統括する新設のCEO職を任されることになりました。それこそ身をもって体験した、究極のストレッチアサインメントと言えるかもしれません。

現在の仕事よりも大きく、難しい目標を常に目指し続けることによって、それぞれの持つポテンシャルを120%引き出し、実力を伸ばそうとするわけです。そのために、社内でさまざまなプロジェクトを用意し、そのリーダーを任せることもよくあります。つまるところ、自分で考え、自分で決断し、自分で達成する実体験の中でしか人材は育たないし、リーダーシップも伸びていきません。その意味では、育てるよりも、成長する場所と機会を提供する。教えるよりも、どう学ぶかを覚えてもらう。GEの人材育成は、そういう基本姿勢に貫かれています。

―― 企業としては、とりわけ若手にチャレンジングな仕事を任せると、ある種のリスクを負うことにもなりますが。

オーナーシップという言葉があるように、上司が部下に仕事を任せて、部下ができなかったときには当然、上司が責任を問われます。まして丸投げしておきながら、出てきた結果だけを見て、「何だ、これは」と部下を批判するのはおかしいでしょう。最初に的確な指示を出すのはもちろん、プロセスもきちんと管理し、部下が目指すゴールへ到達できるように導いて成長させるところまでが上司の責任です。コーチングしたり、励ましたり、上司はあらゆる手を尽くして、何としても部下に成功してもらわなければなりません。企業組織による人材育成には本来、そういう強いインセンティブが働いてしかるべきなのです。次のリーダーをちゃんと育てられる人がリーダー。GEでは、それがリーダーたる者の条件の一つとして共有、徹底されています。

多様な視点から「見る」「見られる」カルチャーがある

それからもう一つ、われわれが人材育成の基本姿勢として大切にしている考え方に、「セルフ・アウェアネス」があります。つまり、自覚ですね。自分には何ができて、何ができないのか。強みは何なのか。逆に足りない部分や改善すべき点はどこなのか。自分の現状をよく理解していなければ、いくらチャレンジやトレーニングの機会に恵まれても、思うような成長は望めません。自分一人で知るのは難しいものですが、前回も述べたとおり、GEは、実に人をよく見ている企業です。自分が思う以上に、あらゆるところから見ていて、「もっとこうしたほうがいい」といった関係者のフィードバックが上司や人事を通じて、本人にバンバン届けられる。否が応でも自分に気づかされ、自覚を促されるカルチャーがあるわけです。

これも入社して驚かされたことの一つですが、オフィスでの日常会話で、人に関する話、特に有望そうな若手の情報が頻繁に話題に上ります。たとえば、私が自分の上司と話していると、彼は私の部下に関する質問を次々と浴びせてきます。「彼は最近どうだ」「彼女はプロジェクトをうまく回しているか」というように。常に情報を集め、複数の視点から人材を把握しようとしているのです。

―― 人への関心が、本当に強いんですね。

私も若い社員のことを知ろうと努めているつもりですし、実際、個別にかなりよく知っています。GE全体で見ても、リーダーたちはみな、有望な若手がどのように育ってきているかを驚くほどよく把握しています。当社には「キャリア・オポチュニティ・システム」と呼ばれる制度があり、2年以上同じ仕事に就いている社員は、社内で公募されているどのポジションにも自由に応募することができます。上司の事前承認は要りません。ということは、リーダーはポテンシャルの高い部下と常に対話し、いまの仕事に満足しているか、次のキャリアをどう考えているかといったことを把握した上で、さらにチャレンジングな仕事を提供していかなければならないということです。そうしないと、ある日突然、優秀な部下が自分のもとを離れていってしまいかねません。当社では、部下にも上司を選ぶ権利が認められていますから。

―― GEには、部下が上司抜きで上司について語り合う仕組みもあると聞きました。

安渕聖司さん Photo

「アシミレーション」ですね。新任のマネジャーが新しい組織を率いて、3ヵ月から6ヵ月後に行われるもので、非常にユニークな面白い仕組みですが、同時に厳しい仕組みでもあります。まずマネジャーと部下が集められ、マネジャーだけが退室します。残った部下たちは人事部門のファシリテーションのもと、その上司について「知っていること」「知らないこと」「してほしいこと」「やめてほしいこと」などを話し合い、提言や質問が出揃ったら、戻ってきたマネジャーがそれについて回答していくという流れです。新任の上司が来たときには、どんな人か知りたいし、自分たちのことも知ってほしいと考えるものです。それを匿名で言いたい放題ぶつけていこうという趣旨です。上司にしてみれば、思ってもみない指摘を受けてとまどったりもしますが、自分が部下からどう見られているかのセルフ・アウェアネスが促され、また、部下も上司への理解が深まるため、コミュニケーションが大きく改善されます。ちなみに私の場合は、「悪い報告をすると、途中から顔が怖くなるのでやめてほしい」と言われました(笑)。それまでまったく自覚はなかったのですが、その後はそうならないように努力しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載
宇田川元一さん:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載

関連する記事

応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”【第1回】
わが社にとってのグローバル人事とは……?(その1)
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/02/19掲載編集部注目レポート
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載となりの人事部
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第3回】
あなたのキャリアを、なぜ戦略的に考えないの?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/01/30掲載編集部注目レポート
ハラスメントのないクリーンな職場への第一歩
管理職が自らのコミュニケーションを客観視する
管理職教育用Web適性検査「パワハラ振り返りシート」導入の手応え
パワーハラスメント対策の難しさは、当事者にその意識がなくても結果的にハラスメントになってしまうケースが多いことにあります。そこで注目されるのが、管理職がパワハラ...
2019/11/29掲載注目の記事
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...