企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

従業員が協力したくなる!
リファラル採用のための制度設計&規定

3 採用候補者の紹介を従業員の業務内容とするか否か

(1)会社が従業員に対して友人・知人の紹介を呼びかけない場合

会社が従業員に対して友人・知人を採用候補者として紹介してほしいとの呼びかけをしていないにもかわわらず、従業員が自ら採用候補者を紹介してくれた場合、会社がその紹介を受けることに問題はありません。この場合は、従業員に対する会社の命令はありませんので、業務とはいえないでしょう。ただ、このようなケースはまれだと思います。従業員からの紹介を期待してただ待っていても、必要な人材を確保することは困難です。そこで、会社から積極的に従業員に呼びかけるリファラル採用が検討されます。

(2)会社が従業員に対して友人・知人の紹介を呼びかける場合

この場合、職業安定法の規定に留意する必要があります。

①職業安定法の関係規定

職業安定法は、「労働者の募集」について、「労働者を雇用しようとする者が、自ら又
は他人に委託して、労働者となろうとする者に対し、その被用者となることを勧誘すること」と定義しています(同法4条5項)。リファラル採用は、労働者を雇用しようとする会社が、従業員に呼びかけて(委託して)、採用候補者を勧誘する制度です。そのため、職業安定法上の「労働者の募集」に該当します。

そして、採用候補者の紹介を従業員の業務内容とせずに、会社が従業員に対して呼びかけるのであれば、会社は厚生労働大臣の許可(従業員に報酬を与える場合)を得るか、もしくは厚生労働大臣への届出(従業員に報酬を与えない場合)をしなければなりません(同法36条1項~3項)。

反対に、採用候補者の紹介を従業員の業務内容とするのであれば、会社が厚生労働大臣の許可を得たり、届出をしたりする必要はありません。ただし、紹介してくれた従業員に対して給与やそれに準ずるものを与えることはできますが、それを超えて報酬を与えることはできません(同法40条)。
これらの規定に反し、従業員に紹介を呼びかけた場合や報酬を与えた場合は、6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる可能性があります(同法65条6号)。

【参考】報酬に関する職業安定法上の規制
職業安定法上の規定を表にまとめると、以下のようになります。

業務としない場合 業務とする場合
報酬あり 委託することおよび報酬額について厚生労働大臣の許可が必要 報酬は不可(給与やそれに準ずるものであれば可能)
報酬無し 厚生労働大臣への届出が必要 規制なし

②いずれの方法を選択するか

以上から、会社としては、採用候補者の紹介を業務として、報酬も与えないとする制度
設計が、事務負担の軽減、コストの削減の面からメリットがあるようにみえるのではないでしょうか。しかし、リファラル採用を成功させるには、従業員が協力したいと思えるような環境づくりが不可欠です。報酬がもらえないような制度では、協力したいとの意欲は湧かないでしょう。そうなれば、紹介してくれる従業員が現れず、リファラル採用は失敗に終わります。従業員としては、特別な報酬の支給があってこそ、協力したいとの意欲が生じるのではないでしょうか。

最終的には会社の判断に委ねられますが、私見では、リファラル採用を成功させるためには、採用候補者の紹介を業務内容として、紹介者には給与やそれに準ずるものを支給するような制度とする必要があると思います。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載
悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載

関連する記事

女性管理職、10%未満が半数以上……6年前から変化乏しく
『日本の人事部 人事白書2020』から、女性管理職の登用についての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
経営戦略実現に貢献する人事ができているのは、わずか4社に1社
『日本の人事部 人事白書2020』から、戦略人事の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
同一労働同一賃金の施行直前、約7割が対応不十分
『日本の人事部 人事白書2020』から、同一労働同一賃金の対応状況についての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...