企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

派遣社員の運転業務中の事故について

派遣社員の提案先で、フォークリフト業務とお聞きしていたのですが、近隣の外部倉庫まで製品を自社のトラックを使い、運搬もしてほしいと依頼されております。
運搬中の事故が発生した場合の保険適応を派遣先・派遣元どちらの適応するのか?について、事例がなく困っています。
飲酒やスマホなど故意でない以外、派遣先企業の保険を適応し、派遣元として責任は問わない形で契約したいと思うのですが、通常はどのような形で契約締結されているのでしょうか?
教えていただきたいです。

投稿日:2020/09/10 09:41 ID:QA-0096590

川崎さん
滋賀県/運輸・倉庫・輸送

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

派遣労働者を雇用しているのはあくまで派遣元ですから、労働・社会保険の適用・加入については派遣元が責任を持って行なう必要があります。

一方で、派遣先は派遣労働者とは雇用関係がないため、労働・社会保険の適用については責任を負う立場にはなく、仮に派遣労働者が労働・社会保険の適用を受けないまま派遣されようとした場合には、派遣元に対し、必要な労働・社会保険の適用を受けた後に派遣するように求めることが必要とされています。(派遣先指針より)

労働者派遣契約を締結する際の契約事項として労働・社会保険の適用の有無は記載事項とはされておりませんので、そこは注意が必要です。

実際に派遣先への労働・社会保険の適用状況に関しての記載が必要になるのは、労働者派遣を行なう際の通知書であり、派遣先への通知事項として、労働・社会保険の資格取得届の提出の有無(提出していない場合は、その具体的な理由を付して)を記載して通知する必要があります。

派遣先は、派遣労働者の就業条件から判断して労働・社会保険の適用が必要であるにもかかわらず、適用がない場合には、その理由を派遣元に問いただすとともに、必要な保険の適用を受けてから派遣することを求めなければならないとされています。

したがいまして、派遣先企業の保険を適応し、派遣元として責任は問わない形での契約等はあり得ないということになります。

投稿日:2020/09/10 13:02 ID:QA-0096603

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

労災保険は派遣元が請求することになります。請求の際には、裏面には派遣先事業主の証明が必要となります。

また、休業補償を請求する場合には、派遣元と派遣先両方の事業主が死傷病報告書を提出する必要があります。

投稿日:2020/09/10 15:04 ID:QA-0096617

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

派遣社員の労災事故

▼適用保険と言われているのは、労災保険のことだと思います、そうなら、労災保険適用事業主は、労働契約関係にある派遣元事業主が適用事業主となります。
▼次に、労災が発生した際、事業者には、所轄の労基署に労働者死傷病報告を提出しなければなりません。事故状況を最もよく知っているのは派遣先ですから、所轄の労基署に労働者死傷病報告を提出しなければならない訳です。
▼つまり、派遣の場合、派遣元・派遣先の事業者がそれぞれ事業場を所轄する労働基準監督署長に、労働者死傷病報告書を提出する義務があることになります。
▼尚、派遣先事業者は、所轄労働基準監督署長に提出した労働者死傷病報告書の写しを派遣元事業者に送付しなければなりません。

投稿日:2020/09/10 19:21 ID:QA-0096632

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

労災

労災保険であれば雇用者である貴社=派遣会社です。事故補償などは派遣先保険契約をご確認いただく必要があると思いますが、多分派遣先でカバーできるのではないでしょうか。
事故時は一方的にどちらが責任を負う、ではなく派遣先と派遣元で事故原因など協議して決定することになるでしょう。

投稿日:2020/09/11 08:59 ID:QA-0096640

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
健康保険の保険料率について
健康保険の保険料率の引き上げの動きがありますが、全組合の平均料率(2011年度および2010年度)の情報をご存知でしたら教えて頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 派遣開始と就業の実務
    実際に派遣労働者を受け入れる際の実務と注意点をまとめた
  • 派遣の終了・更新・解除の実務
    スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
あわせて読みたいキーワード
特定目的行為
「特定目的行為」とは、労働者派遣契約の締結に際して、派遣先企業が派遣労働者を特定することを目的とする行為のことで、労働者派遣法26条7項により禁止されている違反行為です。具体的には、労働者派遣に先立つ事前面接や履歴書の送付要求、性別や年齢による派遣労働者の限定などが、これに含まれます。派遣法が特定目...
過剰適応
「過剰適応」とは、ある環境に合うように、自身の行動や考え方を変える程度が度を超えている状態を指します。その結果、うつ病やパニック障害といった二次障害を引き起こすこともあり、精神疾患者に陥りやすい人が持ち合わせている傾向ともいえます。人から良く思われたい、認められたいという「承認欲求」は社会生活を営ん...
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 テレワークに最適なWEBツール oVice
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。