企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

振替休日の控除について

弊社では、月給制としており、さらに固定残業代(みなし残業20h)を支給しております。

社員が法定外休日に休日出勤し、別の週に振替休日を取得しました。
休日出勤をした週は、労働時間の合計が40hを超えるため、1.25の割増賃金を支給することになりますが、この分は弊社の就業規則で固定残業代の時間数に含まれます。

週をまたいだ振替休日取得日は、代休と同様にノーワーク・ノーペイのため、賃金控除をしたいのですが、問題ないでしょうか。
社員から見ると、平日と休日を振り替えただけにもかかわらず、給与が減ることに納得がいかないのではないかと懸念しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/09/05 16:33 ID:QA-0096460

20200905さん
北海道/その他業種

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、固定残業代は当然ながら所定賃金を超える部分に充当されるものですし、代休を与えたからといって賃金控除されてしますと実際には全体として勤務時間が減ったわけではないにもかかわらず元の給与自体が減ってしまい本末転倒になってしまいます。

従いまして、このような場合は割増部分(×0.25)のみが固定残業代に充当される事になりますので、賃金控除は出来ません。

投稿日:2020/09/07 09:55 ID:QA-0096467

相談者より

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

投稿日:2020/09/07 11:57 ID:QA-0096480大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

問題ありません。

振替休日は、同一週内に振り替えない限り、時間外労働が発生します。

この場合、通常の残業の場合の割増賃金と、振替休日の結果支払う割増賃金は、分けて考える必要がありますから、振替休日の結果生じた時間外に係る割増賃金を支払うときは、必ず1日分の賃金をカットするという作業とセットで運用しなければなりません。

したがいまして、振替休日は無給ということになります。

社員が懸念を抱くようであれば、丁寧に制度の説明をしてあげれば良いでしょう。

投稿日:2020/09/07 09:58 ID:QA-0096468

相談者より

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

投稿日:2020/09/07 11:57 ID:QA-0096478大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

振替休日とはあらか労働日と休日を入れ替えることです。

ですから、休日に休んだだけすので、賃金控除はできません。

投稿日:2020/09/07 11:13 ID:QA-0096476

相談者より

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
ご説明不足で申し訳ありません。
弊社では、固定残業代(みなし20h)に「残業、深夜勤務、休日出勤の手当も含む」と規定しております。
※休日出勤手当1.25%分も
みなし20時間に含め、それ以上の時間数に対しては追加払いをしています。

その場合であっても、
振休とは「休日」に休むだけのため、控除はそもそも不要ということですね。
ありがとうございます。

投稿日:2020/09/07 11:55 ID:QA-0096477大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。