企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

出張時のリモートワークと日当について

コロナによって当社では在宅勤務が定着しました。

それによって疑問がいくつか発生しましたので相談です。

例えば↓
従来のパターン
10日朝~11日夕方まで出張(1泊2日):日当2500円×2日

相談のパターン
10日朝~11日夕方まで出張(1泊2日)、13日に同じ場所に出張のため、12日を現地でリモートワークで対応しました。

従来のパターンに当てはめると一度出張先から帰宅もしくは、現地で年休扱いとしていました。

相談のパターンの場合、12日を現地でリモートワークとした場合、従来の出張扱いで日当を払うべきでしょうか。また、移動を省略できるため、今後は2日間現地でリモートワークの場合なども想定されます。

①出張、中〇日空き、出張の日当の考え方
②現地でのリモートワークが支社の場合、宿泊先など会社ではない場合の日当の考え方

以上、よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/05/22 14:34 ID:QA-0093501

よしYOSHIさん
愛知県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、出張に関わる日当に関しましては通常の賃金とは異なり法的定めはございませんので、就業規則に支給要件や支給額等を定めて任意に運用するものになります。

従いまして、当事案につきましても御社就業規則での日当支給要件に該当すれば支給する事になります。

仮に単に出張の際に支給される定めしかない場合ですと、リモートワークの実態から判断する他ないですが、引き続き出張先(宿泊先等も含む)で業務に従事されているとなりますと不慣れな場所での業務負担も考慮され出張に含めて考えるのが妥当と考えられます。他方、完全に業務から離れている空きの日であれば、日当は不要といえるでしょう。

投稿日:2020/05/22 21:12 ID:QA-0093520

相談者より

ありがとうございました。
管理をしっかりしていくために運用ルールを設定しようと思います。

投稿日:2020/05/25 15:58 ID:QA-0093570大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

判断

移動がないなら出張継続=日当支給
日当を払わないなら、再度交通費発生;
というような、どのようなケースでも判断しやすい区別を決めておき、運用すべきかと思います。上記はあくまで例ですので、貴社のご判断になります。
法律ではないので、後日もめそうな事態を勘案し、指針として定めて今回も運用してはいかがでしょうか。

投稿日:2020/05/25 10:46 ID:QA-0093563

相談者より

ありがとうございました。
想定パターンをもとに運用ルールを設定しようと思います。

投稿日:2020/05/25 15:59 ID:QA-0093571大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
長期出張時の日当は課税対象になるか
当社では出張時に宿泊費とは別に日当を支給しています。(2~5千円/日)ただ、工事現場への出張などで期間が数ヶ月に及ぶ場合もあります。この場合毎日支給している日当は所得税の課税対象になるのでしょうか。もしなるとしたら、どのくらいの期間までは非課税扱いにして差し支えないでしょうか。よろしくお願いします。...
休日出張の日当について
弊社では、休日の出張に対して、日当を付け、尚且つ振替休日を認めています。通常は、日当を取るか、振替休日を取るかは、従業員に委ね、振替休日とした場合は、日当は支払わないということで、問題がないと思うのですが、如何でしょうか。ただ、社員にとっては、現在の規則より、条件が厳しくなる訳ですから、改訂時に注意...
出張手当について
出張手当の一般的な金額と処理方法
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 出張面談とプライバシー
    腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけないのは、プライバシーの保護だが、出張面談にふさわしい場所は、意外に少ない――。
  • 4. グローバル人材研修の種類と内容
    グローバル展開が求められている企業では、グローバル人材としての底上げを図るために、階層や職位ごとに一定レベルの内容の研修を行うケースが多い。全社的なグローバル人材育成に向けて、意識付けを図っていく狙いがあるようだ。グローバル人材研修の種類と内容を分類する。
  • 社長の日当は?課長の宿泊料は?「出張」旅費の最新実態を探る
    企業の国内出張旅費の実態はどうなっているのでしょうか?経営トップから一般社員まで役職別の支給水準や新幹線「のぞみ」の利用の認否状況について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
あわせて読みたいキーワード
リモートワーク
多様な働き方を実現するため、オフィス以外の場所で仕事をする「リモートワーク」の導入を検討する企業が増えています。一方で、セキュリティー面でのリスク、コミュニケーションや勤怠管理の難しさも指摘されています。ここでは、リモートワークの概要やメリットを解説するとともに、導入時の問題点や対策方法を整理してい...
モバイルワーク
モバイル端末の進化に伴い、テレワークのなかでも導入が比較的進んでいるのが「モバイルワーク」です。移動中や外出先での業務が可能になるため、生産性への貢献が高い働き方ですが、一方で中抜けによる労務管理の難しさやセキュリティー面での懸念も高くなっています。ここでは、モバイルワークのメリット・デメリットを整...
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/21
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。