企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

新型コロナウイルス感染症に関する母性連絡カードの対応について

平素は大変参考にさせて頂いております。

さて、昨日厚労省より正式にリリースされました表記の対応につきましてご質問したく存じます。
また、前提として当社は母性健康管理のための休暇については無給としています。

【今回ご質問したい事案】
社員Aより「新型コロナウイルス感染症のおそれの低い作業への転換又は出勤の制限(在宅勤務・休業)の措置を講じること」という内容で、母性連絡カードの提出を受けた。
当社は医療福祉系の業態であり、社員Aの業務は対人業務(専門職)であるため、感染症のおそれの低い作業への転換や在宅勤務の措置は現実的には選択肢としてはとれない状況。
また、通勤緩和などで感染のおそれの低い時間帯の時差出勤とする方法も当方から提案したが、社員Aは自家用車での通勤であり通勤時の感染リスクについては時間帯を変えても影響がないこと、勤務のリズムを変えたくないという理由で本人から拒否された。
結果、休業の措置を講ずる方向で社員Aと協議した。
【社員Aの意向】
休業の措置であるのであれば、措置を講じた当社からの命令によるものであるため休業手当を支給して欲しい。
【当社の考え】
当社としましては、もともとが社員Aの母性健康管理のための休暇の申請によるものであること、社員Aは労務不能ではないことからで当社からの命令による休業ではないことから休業手当の対象とならないと考えております。

当社の考え方で法的に整合性があるかご見解賜りたく存じます。何卒よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/05/08 12:45 ID:QA-0092970

着眼大局さん
静岡県/医療・福祉関連

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

母性保護の観点から母性連絡カードで医師の指示に従い休職させる場合ですが、
休業手当は不要です。

無給かどうかは、念のため規定も確認してください。

投稿日:2020/05/11 13:49 ID:QA-0093024

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/05/25 09:31 ID:QA-0093551参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、「もともとが社員Aの母性健康管理のための休暇の申請によるものであること」という経緯でしたら、休業(=母性健康管理の無給休暇)は御社からの指示ではなく当人の希望によるものですので、休業手当の対象とはならないものといえるでしょう。

ちなみに、勤務内容の変更につきましては、現行当人が従事する事が可能な業務が存在しない場合、新たな仕事を創出してまで対応する義務はないものといえます。

投稿日:2020/05/11 17:44 ID:QA-0093047

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/05/25 09:32 ID:QA-0093552参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
母性健康管理措置
「母性健康管理措置」とは、女性労働者の妊娠・出産前後に、事業主が講じることを義務付けられている措置の一つです。男女雇用機会均等法により、企業は妊娠中および出産後1年以内の女性従業員に対して、必要な保健指導などを受けるための時間を確保し、医師などから指導を受けた場合は、女性従業員がその指導事項を守るこ...
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。