企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15741件   回答数34223

時間単位年休導入時に半休を廃止する際の残数の取り扱い

いつも大変参考にさせて頂いております。

早速ですが、今般弊社では年次有給休暇の時間単位取得制度(5日分)
の導入を予定しておりますが、それと同時に現状運用している
年次有給休暇の半日取得制度(半休)は廃止とする予定です。

年休の残数が「●.5」の状態で半休の運用終了日を迎える従業員の
存在が推定できますが、この「●.5」はどのように扱うことが
妥当でしょうか。

1.不利益の無いよう、切り上げて「1」とする
2.1日取得したものとして、切り捨てる
3.「1日分の時間数」の半分を時間年休の残時間数に上乗せする
(⇒これは法定の上限5日を超える危険があると考えます)
4.その他方法があればご教授ください

以上、お手数ですが宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2019/09/20 10:38
  • ID:QA-0087009
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/22 09:46
  • ID:QA-0087051

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、半休制度を廃止されることで発生する事案ですので、やはり労働者に取りまして不利益が発生しないようにされる措置が必要になります。

従いまして、1の対応が妥当といえます。

  • 投稿日:2019/09/24 15:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

明快なご回答、ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/09/23 09:57
  • ID:QA-0087061

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

1,が一番理想的な対応になります。
2,はあり得ません。
次に、3,ですが、初年度に限り、残った「1日分の時間数」の半分を時間単位年休の残時間数に上乗せしても、特に問題はございません。

その他、考えられる方法としましては、労使で協定を結ぶ際、「時間単位で取れる有休日数は年5日の範囲内とする。ただし、半日取得制度を廃止するにあたって、年休残数が0.5日の状態で残った場合は、その部分に限り半日有給消化を認める」といった内容で対応すればいいでしょう。

あまり、難しく考える必要はありません。

なお、時間単位年休は、労基法89条1号の「休暇」に関する事項ですから、労使協定を締結して制度を導入する場合は、就業規則にもその内容を記載する必要がありますので、注意が必要です。

  • 投稿日:2019/09/24 15:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

当方の持ち合わせていない内容でしたので
参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/23 15:56
  • ID:QA-0087066

代表者

(1)「切り上げて「1」とする」がよいのでは・・・・・

▼半休廃止時の一過性調整であり、対応金額も少額、且つ、対象数も確率的には5割と推定されますので、(1)「切り上げて、<1>とする」のがよいかと思案します。

  • 投稿日:2019/09/24 15:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/25 09:09
  • ID:QA-0087119

人事・経営コンサルタント

不利益変更排除

有給を勝手に減らすことはできませんので1.が良いと思います。
経過措置として、旧制度を時効まで並行する手もあります。

  • 投稿日:2019/09/27 17:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

並行運用は実務のバランスを見て検討します。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
取得単位以下での時間単位年休の取得
「時間単位の年次有給休暇(以下、時間単位年休)に関する協定書」において、取得単位を4時間と定めたとします。 従業員が3時間通院で抜けたい場合に、欠勤扱いではなく時間単位年休の取得を希望している場合、雇用側は4時間分を時間単位年休から消化してしまって問題ないのでしょうか。
時間年休について
当社は、常勤勤務者と交替勤務者がいます。時間年休を導入する場合常勤者は対象、交替者は対象外とすることは法律的に大丈夫でしょうか? また、当社は半日年休制度がありますが時間年休を導入した場合半日年休制度は廃止する方がよいのでしょうか?現在の半日年休は(AM)3時間30分 (8:30-12:00(PM)...
時間単位年休の付与について
いつもお世話になっております。時間単位年休についてのご質問です。 弊社の正社員には、就業規則上時間単位年休の定めがあり、同時に時間単位年休に関する労使協定も締結している為、正社員は時間単位年休を取得する事ができます。 一方、非正規雇用のスタッフについては時間単位年休の定めをしておらず、同時に年休...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
  • 「休み方」をどう考える?――年次有給休暇を中心に
    働き方改革関連法によって年5日の有給休暇取得が義務付けられたことで、「休むこと」に大きな注目が集まっています。 休み方に関しては、「企業が用意する制度」と「従業員の生活」という二つの視点から考えなければなりません。本記事は「法定休暇」「法定外休暇」に関する制度、特に「有給休暇」についての情報をまと...
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
あわせて読みたいキーワード
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...