企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14073件   回答数29760

海外駐在員の一時帰国時(子女受験)の滞在費は会社負担すべきか

家族帯同にて海外に駐在している社員(総合職)について相談です。

前提条件
・家族帯同で駐在4年目である。
・第一子が中学3年で、駐在地には適当な進学先がなく、日本の高校に進学させたい。社員当人を帰国させる予定はなく、お子さんの進学に合わせ家族のみ3月に帰国する。
・海外駐在するまでは、本社(関東)勤務で、関東のマンションに家族4人で(本人、配偶者(奥様)、お子様二人)生活していたが、海外駐在に伴い、マンションはリロケーションしている。
・社員当人ならびに配偶者の実家は地方で、関東に頼れる親戚などはいない。

背 景
1月にお子さんの進学受験のため、一時帰国休暇(規定のとおり)を利用し、11日間帰国した。
ただし、国内の住居はリロケーションしていることと、関東に親戚などがおらず11日間の滞在はビジネスホテルとなった(トータル120,000円程度)。
また、一時帰国休暇については、移動旅費は会社負担であるが、国内滞在費用はそもそも実家等に帰省する想定であることから、会社負担の想定はない。(規定に明確に定めていない)

相談内容
このようなケースにおいて、国内宿泊費を会社が負担すべきかを悩んでおります。
社員当人からは、やむを得ない事情であり、会社負担を希望されています。
会社によってケースバイケースかと思いますが、一部上場のグローバル企業においてどのような運用が一般的なのか、感覚的なことでも構わないので教えてください。

なお、当社は100名を超える海外駐在員がいますが、このようなケースは始めてです。
今後もグローバルに展開を進める方針で、駐在員の福利厚生は手厚くすべきとの考えはありますが、他社の状況を把握したいとも考えておりました。

よろしくお願いします。

  • いしわたりんさん
  • 東京都
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/01/21 09:51
  • ID:QA-0081719

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/21 11:20
  • ID:QA-0081731

人事・経営コンサルタント

一般論でない

他社と業務内容も貴社の位置付けも違う以上、事例はあまり参考になりません。
例えば外資系企業などの幹部社員は本人家族すべてホテル住まいまで提供する例もあれば、完全自腹の例もあります。フリンジベネフィットなど雇用契約条件も社員毎に一律でない企業と、等しく平等な企業では方針は異なります。
法律問題ではなく、貴社の人事政策ですので、社員確保などで手厚く措置する必要あるのであれば、本件のケースは今後もあり得る事例であり、直径家族に限って会社負担とするなども手です。(別途、独身者や事実婚、LGBT対応など考えておく必要もあります)

  • 投稿日:2019/01/21 13:29
  • 相談者の評価:参考になった

ご尤もかと存じます。
ご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/21 11:23
  • ID:QA-0081733

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、規定上支給の定めが見られないこと及びあくまで家庭内の事情(子供の受験)という事からも宿泊費まで負担される義務はないものと考えられます。

尚、海外への赴任者が多いとなれば、当件に限らず今後様々な問題が発生する可能性がございますので、これを機会に海外駐在員の方々にアンケート等で処遇面で現在または近い将来配慮してもらいたい事柄を調査され社内で検討される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/01/21 13:31
  • 相談者の評価:参考になった

今後の施策につきご提案いただきありがとうございました。
参考にさせてもらいます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/21 12:20
  • ID:QA-0081742

代表者

滞在費も所要費用として支給するのが妥当

▼ 一部上場のグローバル企業ならどう考えるかは推量に留まります。先ず、子女の日本高校受験の為の所要費用の会社負担が必要か否かの基本判断ですが、この点、御社では「移動旅費は会社負担だが、実家等での滞在を想定しているので、負担不要」とされています。
▼ 然し、「日本高校受験と実家等の存在」がマッチする可能性は、略、ゼロに近いのではありませんか。マッチすれば、滞在費用不支給でも結構ですが、「所要費用の会社負担」との基本判断をお持ちのようですので、「滞在費も所要費用として支給」をベースとするのが妥当だと考えます。

  • 投稿日:2019/01/21 13:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

実務的なご意見ありがとうございます。とても参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
海外駐在員の退職について
従業員が海外駐在中に退職届けを提出し日本への帰国を希望したとします。その際、会社がそれを受理した際、会社としては帰国に必要な費用を負担しなければならないと考えているのですが、このことに関する法的根拠のようなものはあるのでしょうか?
保険料について
弊社では社員の保険料(健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料・介護保険料)について、通常折半であるところを会社側負担を大きくしています。 例えば 健康保険 会社負担7  社員負担3 介護保険 会社負担7  社員負担3 厚生年金 会社負担6  社員負担4 雇用保険 会社負担6  社員負担4 となってお...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 海外駐在員の特別休暇、一時帰国制度等の実施状況
    『労政時報』では、1972年から毎年、海外駐在員の給与水準と給与制度の設定内容ほか駐在員管理にまつわる諸事項について実態調査を行っています。今年はこれに加え、(1)赴任(帰任・転任)時の特別有給休暇(2)一時帰国(休暇)制度(3)単身赴任者の国内残留家族の一時呼び寄せ(4)駐在員が帰任または転任した...
  • 坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...