企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14829件   回答数31716

副業先の割増賃金の考え方について

お世話になります。

今年に入って、社員の副業・兼業を促進する目的で、モデル就業規則などが改定されました。
そのなかのQ&Aで、「割増賃金」について記載がありました。

所定労働時間(8h)を超えたあとの勤務がどちらかで、割増賃金の義務が生じるとありましたが、
割増賃金の計算はどう行うのでしょうか?
(ここでは副業先に対して割増賃金が発生するとします)

① 副業先が募集した時の時給に×1.25
→ 例えば時給1000円であれば、×1.25で1250円で副業先は支払わなければならない
② 副業先が募集した時の時給のまま
→ 例えば時給1000円であれば、最低賃金を下回っていない限り、副業先は1000円のままでOK

以上のどれになるでしょうか?

本業の給与(時給)は一切関係ないという理解ですが、
それとも副業先の支払いに影響があるのでしょうか?

なにとぞよろしくお願いします。

  • hamatakさん
  • 群馬県
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/07/26 09:07
  • ID:QA-0078021

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/07/26 10:19
  • ID:QA-0078022

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

8hを超えた会社の賃金の1.25倍となります。
ですから、①の副業先時給の1.25倍となります。

  • 投稿日:2018/07/26 15:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/07/26 11:14
  • ID:QA-0078024

人事・経営コンサルタント

労基法

厚労省では「法定時間外に使用した事業主」が、割増賃金を支払うとしています。(労基法37条)
事業場が違っていても、労働時間に関する規定の適用については通算されます。

  • 投稿日:2018/07/26 15:01
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/07/26 13:56
  • ID:QA-0078031

代表者

労働時間は通算、法定外労働時間には割増が必要、負担者は「後で働く会社」が有力

▼ 先ず、労働時間は、本業・副業の労働時間は通算されます(労基38条)。
▼ その上で、算出された法定外労働時間に対し割増賃金が支給されます。
▼ その負担者に就いては、「後で働く会社」と「後で契約した会社」と二論ありますが、行政通達では前者の考え方を採っています。
▼ 但し、厚労省監修のでコンメンタールでは後者を認めていますので、いずれ側が負担しても違法性はないという判断で宜しいでしょう。
▼ 何れにしろ、算定基礎は、負担者となる側の給与ということになります。

  • 投稿日:2018/07/26 15:01
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの時給設定について
アルバイトの時給設定について教えてください。 アルバイトを3つの時間帯に分けて 時給設定を検討しています。 ①8時半~17時30分  時給900円 ②17時30分から22時 時給1,000円 ③22時以降       時給1,100円 仮に②の時間帯の者が残業した場合 22時以降の賃金は...
副業の承認
当社は、製造派遣・請負業をしており、昨今の不況により社員の雇用を守ることが厳しくなっております。 そこで何とか少しでも雇用を守るためにもワークシェアリングや副業を認める動きを社内でしていことうと考えます。 もともと、副業については、認めているわけでも禁止しているわけでもなく、就業規則にも明記してお...
最低賃金変更の時の時給の考え方
失礼いたします。 今般最低賃金が変更となりますが、当事業所では時給で勤務をしている社員が4名おります。 そのうち2名は改定後の最低賃金を既に上回っているのですが、2名が新しい最低賃金を下回ってしまいます。 このような場合、新しい最低賃金を下回る2名について、現在の最低賃金との差額をそれぞれ新しい最低...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

副業
副業とは、本業とは別に副次的に行う仕事のことです。2018年には、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を整備し、今後副業を推進することを発表しました。最近では、アルバイトに加え、プログラミングやライティング業務など、在宅で行える副業も増えています。(2016/11/30掲載)
最低賃金
働き方改革により同一労働同一賃金の考え方が認知され、賃金への意識が変わりつつあります。政府の重要施策の一つである最低賃金の引き上げは、非正規雇用者の賃金を底上げし、消費を拡大させて経済の好循環を目指すものです。最低賃金はほぼ例年改定されるため、制度を理解したうえで対応することが重要です。ここでは、最...
スラッシャー
「スラッシャー」とは、複数の肩書を持つ人たちのこと。プロフィールなどで職業を記載する際に「モデル/プログラマー」「税理士/ライター」などと、複数の肩書を「/(スラッシュ)」で区切ることから、一つの分野にとどまらず幅広く活躍する人のことをスラッシャーと呼ぶようになりました。アメリカの作家Marci A...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 POSITIVE最新版にAI搭載
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...