企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13637件   回答数28716

インターンに推薦状を希望されたが部門長が拒否した場合

知識や情報が足りず、是非、ご教示頂きたくお願い致します。

ベンチャー企業の人事(採用等)を担当している者です。
弊社は初めてインターンシップ生を雇用しました。有料サイトを使用しての採用だったのですが、1人のインターンシップ生から「推薦状」を書いて欲しいと言われました。

利用した有料サイトでは、「雇用3ヶ月以上」経過すると推薦状を書いてもらえる、という制度をやっていましたので、そのことを部門長(そのインターン生の上長)へ連絡したところ、推薦状に協力できない、と言われました。
理由としては、そのインターンはすごく優秀というわけではありませんが、まだ成長する可能性があったため一度社員登用の話をしていました。しかし、他にももっと見てみたいということで、社員にはならずインターン生のまま継続したい、との答えでした。(雇用は3ヶ月ごとの契約更新です)

会社としてはもともと「社員につながるインターン生を雇用する」という意識があり、社員へ繋がらないのであれば次回の契約更新のときに終了する予定でした。
部門長としては、社員への誘いを断り、他の会社への就職のために「推薦状」が欲しいということが理解できないようです。

「推薦状」は出すべきでしょうか。一応有料サイトには、一部勤務態度などで推薦状は書いてもらえないことはあります、と記載あります。

自分も人事経験1年未満で、そのあたりの明確な情報がなく困惑しております。
どなたかご教示ください。

  • 投稿日:2018/06/20 15:07
  • ID:QA-0077274

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/06/20 16:23
  • ID:QA-0077276

株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

投稿拝見しました。

人事採用コンサルタントをしている森と申します。

本来、推薦状を書く/書かないは、個人の自由であり、本人(今回は部門長)が心から推薦したくなければ、もちろん拒否することが可能です。

弊社も仕事柄、多くの会社にリファレンスをお願いすることがあるのですが、通常、ある程度の期間(だいたい1~2年以上)きちんと貢献してくれていた社員に対しては、その上司はリファレンスに快く応じてくれますが、数か月~半年レベルで転職する人に対しては、あまり協力的ではない傾向が見られます。

その社員が、御社との雇用契約において、十分な交換価値をもたらしていたか否かで判断するのが正当だと考えます。

ただし、その有料サイトの規約を読んでいないのでわかりませんが、どんな場合であれ、推薦状を書くということ対する同意が事前になされていたのであれば、規約違反になるかもしれません。

また「一部勤務態度などで推薦状は書いてもらえないことはあります」という文面も曖昧で、今回の状況に当てはまるのかどうかはわかりません。そのシステムや規約に、法的拘束力があるかどうか、有料サイトの運営会社に問い合わせてみることをお勧めします。

また、そのインターン社員との雇用契約を更新するつもりもないのに、推薦状を書くとすれば、それは嘘になってしまうわけで、御社の部門長の姿勢は、ある意味、高潔さを貫いていると思われます。

  • 投稿日:2018/06/26 11:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変わかりやすく説明いただきありがとうございました。弊社では今誰に聞いていいかわからず、答えがそこにあるわけではないですが、検討するための情報がほしかったので、自分の考えなどを整理するためにも大変参考になりました。
有料サイトの担当にも確認しました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/20 19:58
  • ID:QA-0077285

人事・経営コンサルタント

意思

そのサイトの
>利用した有料サイトでは、「雇用3ヶ月以上」経過すると推薦状を書いてもらえる、
という条項への拘束がすべてです。そういった契約の下で利用したのであれば義務ですし、あくまで貴社の意思次第で自由なのであれば、推薦状はそもそも「推薦するため」のものですから拒否可能です。
推薦に値しない人物を推薦すること自体がおかしな話であり、日本ではレファレンスが企業文化として定着していませんし、そもそものレフリー自体の信頼性がきわめて怪しいといえます。

  • 投稿日:2018/06/27 18:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。意思次第で自由になりそうなのでもう少し検討させていただきます。リファレンスが定着していない、本当にその通りだと思います。大変参考になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/20 20:19
  • ID:QA-0077289

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、推薦状につきまして、御社とサイト運営業者との間でどのような取扱いと決められていたかにもよります。

通常であれば、このような制度を顧客である御社の同意無くしてサイト運営業者が勝手に決めて運用するという事は考え難いですし、そうであれば拒否されることで御社への信用問題にもなりかねませんので、部門長の意向に関わらず推薦状を出されるのが妥当といえます。

但し、このような制度を御社がサイト運営業者から全く説明や提示を受けておらず、この度初めて知られたということであれば、責任を負うべきは業者側ということになります。従いまして、そうであれば部門長が推薦状の主旨を説明されてもなお書かれる事を拒否された場合には、当該学生にも御社側の考え及びサイト運営業者とそのような制度について知らされていなかった旨を丁寧に説明しお断りされてもよいものといえます。

  • 投稿日:2018/06/27 18:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変わかりやすく説明いただきありがとうございました。弊社とサイト側との最初の契約時にもっとちゃんと確認すべきことでした。しかしサイト側にも確認したところ、弊社次第で問題ないとのことだったのでもう少し検討しようと思います。私が頭を整理するためにも大変参考になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
派遣社員の直接雇用について
自由化業務にて、派遣社員を利用しています。 ①1年間(最大3年)受け入れて ②派遣社員が直接雇用を希望する場合 直接雇用するべきだと認識しています。 お伺いしたいのは、派遣社員から、直接雇用の希望がでない場合です。 希望がでない場合には、そのまま派遣社員として継続勤務してもらうことはできますか。 ...
雇用について
新しく会社を立ち上げて、社員雇用を考えているのですが、どのような手段で申請をすればよろしいのでしょうか。 大まかでかまいませんので、どなたかご指導下さい。
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新春!2019年注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介



新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...