企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14932件   回答数32025

規定のもちだし?

こんにちは。
社宅規定の持ち出し、取り扱いについて相談です。
7月に中途入社の予定者がおり、その際、社宅を用意することになっております。
社宅の規定について本人から質問があり、費用負担等については回答いたしました。ただ、詳細の社宅規定についても知りたいといわれました。規定は基本的に社外持ち出し禁止としております。
雇用条件通知書にも、社宅の詳細は記載していないというか、詳細までは記載できません。
このような場合の、入社前の事前説明等は、通常どのようにおこなわれているのでしょうか。
曖昧な質問となり、申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

  • ck07さん
  • 福岡県
  • 販売・小売
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/05/07 15:57
  • ID:QA-0076424

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/05/07 22:47
  • ID:QA-0076430

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、別の投稿でも回答させて頂いた通り、社宅規定も就業規則の一部を構成するものといえます。

従いまして、職場において当該規定の周知義務を果たしていれば詳細説明をされていなくとも規定内容は有効になるものといえます。

但し、社宅入居予定者であれば、こうした法的有効性は別としまして、当然に入居前までには詳細説明をされるべきです。その際、周知されていればいつでも当人が閲覧出来ますので、規定の持ち出しまで認める必要性はございません。但し、規定内容が煩雑等により当人が規定文書入手を希望される場合ですと、会社判断で必要な部分のみをコピーして渡す等の対応をされてもよいでしょう。

  • 投稿日:2018/05/08 15:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答いただき、ありがとうございます。来社しての閲覧、必要箇所の抜粋コピー等も含め、検討したいとおもいます。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/05/08 09:41
  • ID:QA-0076433

人事・経営コンサルタント

閲覧

入社前ですので社員ではありませんから、そのまま入社せず、大切な情報を持ち逃げされてしまうリスクも考えますと、貴社に来て閲覧することができるようにするなど措置してはいかがでしょうか。採用段階でしっかり意思疎通ができており(単に誓約書を出すなどではなく)、確実に入社が見込めるようであれば、コピーを渡す例もあります。
ただ社員が採用直後に不穏な動きがある例が出ているようであれば、採用プロセスに問題があるかも知れません。条件提示の段階で後出しでもめたり、入社直後に欠勤が起こるような状態はかなり特別で、多くは退職のサインとも受け止められます。

  • 投稿日:2018/05/08 15:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答いただき、ありがとうございます。来社しての閲覧、必要箇所の抜粋コピー等も含め、検討したいとおもいます。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/05/08 11:03
  • ID:QA-0076434

代表者

原則、来社の上確認、内定者なることを勘案し、電話・メール活用も視野に

▼ 従業員への周知は、就業規則の成立要件ですが、その方法は、例示に留まっています。本件のポイントは、就業規則の一部である社宅規程内容の確認要求(或いは、要請、又は、依頼)ですが、社外持出禁止となっていることを説明の上、来社願い、直接閲覧願うのが筋でしょう。
▼ 電話での口頭説明、或いは、問合内容、入社内定者である点も勘案し、FAX・メール活用での説明も選択肢になり得ると思います。

  • 投稿日:2018/05/08 15:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答いただき、ありがとうございます。来社しての閲覧、必要箇所の抜粋コピーやメールも含め、検討したいとおもいます。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
住宅手当・借上社宅規定の明記
住宅手当・借上社宅規定の要項は社内規定にて明文化するのが良いのでしょうか?それとも福利厚生規定みたいなものを作る必要があるのでしょうか? どうかご教授ください。
社宅・寮 建物の構造について
社宅・寮管理規定の見直しを行っております。 賃貸する社宅・寮の建物の構造を、たとえば軽量鉄骨以上の建物を選択しなければ ならない などという規定を設けたほうがいいのでしょうか? (木造は認めないなど) このような規定は、他社様でも多く規定されておりますでしょうか?
役員に対する従業員用社宅規定の準用
いつも大変参考にさせていただいております。 さて、標題の件ですが、現在当社では、役員用の社宅規定がありません。 そこで、役員は従業員用の社宅規定を準用して、社宅制度(借上げ社宅)を利用しています。 このように、従業員用の社宅規定を役員に準用することは、法的にまた税務の観点から問題はありますでしょうか...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
改正男女雇用機会均等法
職場や雇用関係において、男女ともに均等な機会を与え、平等を規定した法律です。2007年4月から施行されます。これまで課題とされていたことの多くが改正の対象となっています。
社外監査役
公正な視点で会社の会計と業務が適正であるかどうか、調査をする役職で、社外の役員が担当します。取締役の違法行為で会社が著しい損害を受ける場合など、それを差し止める権限も持ちます。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...