企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13222件   回答数27684

マイナンバーの開示について

いつも大変お世話になっています。

マイナンバーの運用について疑問点がありますので、ご教授願います。

当社では入職時に職員からマイナンバーを収集しています。
マイナンバーの届出書はシステムに登録後、ファイルで紙保管しています。

その後、職員から入職時に提出したマイナンバーを教えてほしいと言われた場合、当社では教えることはできないと説明を行っています。
制度が始まってから、2年が経過した現在、この運用が正しいのか疑問に思い投稿させて頂きました。

マイナンバーを教えて欲しいと言ってくる職員には、口頭や白紙の紙に転記して教えることは可能なのでしょうか。
こちらからお願いして提出してもらったものを見せられないというのは、とても説明に苦しみます。
また、一般的な会社様ではどのように行っているのか気になります。

宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2018/03/12 15:04
  • ID:QA-0075423

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/03/12 21:47
  • ID:QA-0075427

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、本人からマイナンバーの開示を求められた場合は、当然開示されることが必要といえます。逆に、何故教える事が出来ないという対応をされているのか疑問を禁じえませんし、説明に苦しまれるのも当然といえるでしょう。

勿論、マイナンバーも含め個人情報の管理は厳格に行い、不要な開示は一切行わない事が必要ですが、それはあくまで他者への情報流出を防止する為のものですので、本人自身への開示まで制限するものではございません。

  • 投稿日:2018/03/13 16:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
開示については、やはり求められた場合は対応しないといけないとのこと、承知しました。
開示請求書を作成して運用を考えたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/12 21:57
  • ID:QA-0075428

代表者

本人がマイナンバーを忘れただけなら開示に問題ないが、カード発行なら、自治体へ

▼ 本人がマイナンバーを忘れて(個人番号カードを紛失した)、本人から保有個人データの開示請求があれば、原則として応じなければならないのですが、保有個人データの全部または一部を開示しなくてもよい場合があります。
▼ その場合とは、次の3点です。
① 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
② 個人情報取扱事業者の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす恐れがある場合
③ 他の法令に違反することとなる場合
▼ 本人からの請求であれば、書面請求を条件に、開示しても問題ないでしょう。尚、カード自体の再発行を必要とする場合は、自治体で通知カードの再発行方法、 マイナンバーカード発行方法、そして、マイナンバーが記載された住民票の写しを発行方法があります。

  • 投稿日:2018/03/13 16:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
やはり、開示請求書の記入をお願いして、提出があった場合は通知カードの写し等を渡す運用にしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/13 22:46
  • ID:QA-0075452

人事・経営コンサルタント

手続き

重要な情報なので易々と開示しない慎重な姿勢自体は良いと思いますが、絶対開示しないのは理由が付きません。本人に限り書面での請求があれば開示するようにしてはどうでしょうか。もちろん市区役所等で調べることもできるものですから、安易な開示をする必要は無いと思います。

  • 投稿日:2018/03/14 09:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂きありがとうございます。
開示請求書の記入をお願いする運用にしようと思いますので、理由も含めて書面に残して開示を行います。もしくは、市町村やコンビニで住民票の発行によって確認できる方法があることを伝えようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
マイナンバーについて
従業員から質問されました。 2015年度の源泉徴収では、マイナンバー記載欄がないので、申告の際もナンバーは必要ないので、まだマイナンバーを会社に知らせる必要はないっと。 そこで、質問です。 ①2016年度の申告の際はマイナンバーが必要になるかと思います。従業員から、来年早々にマイナンバーを会社に知...
マイナンバーの収集、帳簿の作成について
年末調整に向け、システム会社のマイナンバー収集キットを使用して、 従業員のマイナンバーを収集しました。 先日国税庁のQ&Aを見ると、H29年以降は、マイナンバーに関する一定の帳簿を備えていれば、 扶養控除申告書にマイナンバーを記載しなくてもいいとありました。 H28年の扶養控除申告書には、もちろん...
マイナンバー 社員に何回催促するか
会社として社員にマイナンバーの提出を呼びかけています。 未提出の社員がいますが、何回催促すればよいのでしょうか? 「初回依頼」→「催促依頼」→提出拒否とみなし、 催促は一度行えば十分でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....