企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14821件   回答数31698

社員赴任における支度金に関して

お世話になっております。

標題の件に関して伺いたいことがあり、相談をさせて頂きます。

現在弊社では、社員の赴任(転勤)に伴い、支度金として
本人、配偶者、子(1人につき)にそれぞれ支給金額を定めております。

今回その支給金額の改定を行っているのですが、
・他の会社様の金額
・幾らの金額が望ましいのか
質問させて頂きたく思います。


また、特に子供の金額の妥当性について判断しかねている状況です。

アドバイス等頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

  • たたたのたっくさん
  • 大阪府
  • 食品
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/10/26 09:20
  • ID:QA-0073120

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/10/26 11:06
  • ID:QA-0073130

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特に法的な制限もございませんし、各社の手当に関する支給方針によって独自に決められるべき事柄といえます。従いまして、多種多様な他社の例を取り上げてもあまり意味はないものと考えます。

その上で申し上げるとすれば、赴任支度金ということであれば、家族手当とは主旨が異なるものといえますので、配偶者や子に対して支給される事自体の意味付けが不明確になるものといえます。それ故、相場の金額等もなく判断が難しくなっているものといえるでしょう。

従いまして、この度規定見直しを検討されているということでしたら、まずは総支給額を変更せず3つに分けている支度金を一本化される事をお勧めいたします。その上で、赴任に関わる諸費用について実際に赴任された社員について調査を行い、御社における赴任実態に基づいた支給金額を設定されるのが妥当な方法といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/10/26 13:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部様

お世話になっております。
ご回答ありがとうございます。
非常に参考になりました。

支度金の一本化というと、配偶者や・子女等を一括するという事でしょうか??
そうすると、既婚者と未婚者との間で差が出てしまうように思えるのですが、いかがでしょうか??

また、お手すきの際にご回答いただければ幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/10/26 11:50
  • ID:QA-0073137

代表者

支度金の相場と非課税扱いの留意点

▼ 先ず、支度金(赴任手当等の呼び方もある)を、次の様に定義することにします。
「転勤に伴う諸費用のうち転宅料(引っ越し費用)と旅費・交通費以外の支出に充てる費用」
▼ 複数の調査がありますが、世間相場としての平均的な実態は次の通りと考えて大きな間違いはないでしょう。
(1)支給方式(複数回答)
家族構成別定額 ⇒ 44.4%、職位別定額 ⇒ 42.1%、全員一律定額 ⇒ 15.1%、全員一律定率 ⇒ 8.7%
(2)支度金(家族帯同赴任の場合は配偶者と子女2人モデル)
部長クラス ⇒ 27.8万円、課長クラス ⇒ 25.9万円、一般社員 ⇒ 22.6万円
尚、単独身者の場合は、夫々、13.7万円,12.6万円,10.6万円
▼ 子供の部分だけ取り出すのは、難しく、理屈を捏ねても、空しく、規程作成の為の方法になってしまいます。それでも必要なら、配偶者のみのモデルで金額設定し、子女1人毎に、X%増として上記モデルに金額的に辻褄合わせするしかないでしょう。
▼ 因みに、本手当(実費補填なれど、証憑類必要無し)が、非課税となる要件は次の通りです(国税庁)が、数値的線引きは一切示されませんので、社内バランスや世間相場は、自分で調査・検証しなければなりません。
①「・・・役員及び使用人のすべてを通じて適正なバランスが保たれている・・・」
② 「・・・同業種、同規模の他の使用者等が一般的に支給している金額に照らして相当と認められる・・・」

  • 投稿日:2017/10/26 13:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

川勝様


お世話になっております。
ご回答いただき、ありがとうございます。
大変参考になりました。

1点伺いたいのですが、
先ほどご提示頂いた支度金(家族帯同赴任の場合は配偶者と子女2人モデル)
部長クラス ⇒ 27.8万円、
課長クラス ⇒ 25.9万円、
一般社員 ⇒ 22.6万円
尚、単独身者の場合は、夫々、13.7万円,12.6万円,10.6万円
という金額は、複数調査回答の世間相場平均とご回答頂いたのですが、どちらの文献をご参考にされ、何社の企業様が対象なのか、ご教示頂ければ幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/10/26 17:27
  • ID:QA-0073146

代表者

支度金の相場と非課税扱いの留意点 P2

公的機関ではないので具体的な文献提供者、サイトは控えますが、アンケート送信先は約2千社、締切日までの回答先は、208社、転勤に関し、数値回答内容のあった企業143社です。企業規模も、千人以上、300~999人、夫々、1/4、後の1/2は、299人以下と、適当にばらついています。金額も、回答者の経験上の勘でも、実態を反映していると思います。

  • 投稿日:2017/11/01 08:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

川勝様


お世話になっております。
ご回答いただきありがとうございます。

非常に参考になりました。
今度ともどうぞ宜しくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/10/27 17:20
  • ID:QA-0073159

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「支度金の一本化というと、配偶者や・子女等を一括するという事でしょうか??
そうすると、既婚者と未婚者との間で差が出てしまうように思えるのですが、いかがでしょうか??」
ー 支度金は当人が赴任される際に負担軽減を図る主旨といえますので、配偶者や子女の有無は関係なくして支給額を一本化する、つまりあくまで直接当人自身に対する手当と位置付ける事になります。配偶者や子女がいる場合でも、必ずしも負担増になるとは限りませんので、支度金の対象から除外されてもよいものと考えます。その上で、そうした家族関連の手当について調査の結果何らかの会社補助が望ましいと判断された場合には別途目的や発生費用に応じた手当支給でカバーされるのが分かりやすいといえるでしょう。

勿論、上記は私見に過ぎませんので、別の方法も比較検討された上でご判断頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2017/11/01 08:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部様

ご回答頂き、ありがとうございます。
非常に参考になりました。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社員紹介制度
いつも参考にさせていただいております。 さて、当社では社員紹介制度の報奨金として、紹介した社員に対し報奨金を支給することを検討しております。 一般的に報奨金額については、どのくらいの金額を支給するのが一般的なのでしょうか。 他社の支給金額等をご存知でしたら、参考に教えていただきたく存じます。
合併に伴う退職金支給率変更
合併に伴い退職金支給率を変更する場合、合併日以前から在籍している者に対する将来の退職金は、変更日前の支給率で計算した金額と新基準で将来退職する日で計算した金額のいづれか高い金額を支給することは可能でしょうか?
給料アップについて
いつもお世話になっております。 給料アップについての質問ですが、 最近の給料アップ金額はどのくらいでしょうか。 適当な金額を決めようと考えておりますが、 適当な金額を決めるのに探した情報の結果がばらばらなので困っています。 例えば、月20万円だと、月で1万円くらい上がるって妥当でしょうか。...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
医療費控除
「医療費控除」とは、会社員が一定額以上の医療費を支払った場合に、税金の還付を受けられることをいいます。企業に勤めていると自分で確定申告の手続きを行わないことが多いため、医療費控除という言葉は知っているが詳しい内容はわからない、という人も多いでしょう。ここでは、人事として知っておきたい、医療費控除の基...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...