企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12317件   回答数25521

業務委託先との取り決めについて

お世話になります。

早速ですが、
当社は以下のような業務を数カ所の施設に委託しています。

・DMの袋詰め
・サンプルのセット組み
・什器の折り作業 等

今までは口約束でルールを決めていたのですが、
簡単な業務委託の覚書を作成することになりました。

覚書に記載したい内容は、こちらです。
①納品したものに不良品があった場合は、すみやかに代替品を準備する
②委託業務を第三者に依頼しない
③秘密情報を漏洩しない
④反社会的勢力ではない 等


当社が各施設の名前で①~④の内容を入れた【誓約書】を作成し、
印鑑を押して提出してもらうという方法が簡易で良いのではなかと考えておりますが、
何かあったときに、誓約書では意味がない可能性がありますでしょうか。

ご教授頂ければ幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 投稿日:2017/10/05 18:31
  • ID:QA-0072802

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/05 20:26
  • ID:QA-0072804

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、誓約書に意味がないとまではいえませんが、その法的効力については契約書本体のような直接的なものではなく、あくまで掲げられた項目の遵守を補強するものに過ぎません。

業務委託である以上、やはり正式な業務委託契約書を作成されるべきですし、文面に挙げられている事項につきましても当然に契約内容としまして契約書自体に記載されるべきといえます。契約書と申しましても、労働契約書のように法的に形式や記載事項が定められてはいませんし、書籍等で文書の雛形を確認されることで必須事項も押さえられますので、覚書とさほど変わらない手間で作成が可能といえます。その際、当該契約について実務上重要と思われる内容についても盛り込まれておかれるとよいでしょう。

  • 投稿日:2017/10/10 13:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部様
ご回答いただき、ありがとうございます。
業務委託契約書を作成いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/06 11:43
  • ID:QA-0072812

代表者

「覚書」には、契約書と同等の法的効力があるが、誓約書には法的効力はない

▼ 「覚書」というのは、契約書の補足文書というイメージが持たれ勝ちですが、独立した覚書は、当事者双方の署名、捺印等の要件を備えていれば、法的にも、契約書と同等の効力有しています。
▼ 記載すべき内容は、ご記載の4点を含め、御社・相手間の合意に基づき決めることになります。又、印紙貼付義務の対象になります。
▼ 他方、「念書や誓約書」は、当事者の一方のみが他方当事者に差し入れるもので、必ずとも法的効力を持つものではありません。
▼ 以上を踏まえ、御社で再整理した上で、業務委託先との取り決め案を作成して下さい。

  • 投稿日:2017/10/10 13:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

川勝様
ご回答いただき、ありがとうございます。
誓約書ではなく印紙貼付の業務委託契約書を作成いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/06 19:19
  • ID:QA-0072818

人事・経営コンサルタント

効果と手間

文書のタイトルが契約書でも、覚書きでも、誓約書でも、当人が押印して取り交わす以上、タイトルによって効力に差があるものではありません。内容的にもほぼ同じなのであれば、より責任の重大さを認識させるためにも契約書や覚書としてはいかがでしょうか。誓約書で済ますことで手間が著しく省けるようなことはないと思います。

  • 投稿日:2017/10/10 13:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

増沢様

ご回答いただき、ありがとうございます。
おっしゃる通り手間はほとんど変わらないので、契約書を作成いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
業務委託契約について
いつもお世話になっております。 弊社では、経理業務全般を委託先に業務委託しております。 先日、委託先のミスで支払が遅延し、延滞料を請求される事になったのですが、この延滞料は委託先で支払ってもらえるものでしょうか。 よろしくお願いいたします。
業務委託者への研修
業務委託契約を結ぶ会社の指導者に対して業務研修を行いたいと思っておりますが、業務委託中に研修することは可能でしょうか? 事前に出向社員として受け入れて研修を行い、その後その会社と業務委託契約を結ぶことも検討しております。 よい方法があれば教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立 企業の“生の声”が聞ける
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>従業員サーベイの実態調査

注目コンテンツ


女性活躍推進特集

数ある多様な働き方の実現を支援するソリューションの中でも、特に女性の働き方に焦点を当てたサービスやセミナーをご紹介いたします。



注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる<br />
~“変革的”リーダー育成術

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...