人事のQ&A<解決済み>

相談数11661件   回答数24157

36協定について

いつもお拝見しております。
建設業に従事し、前任者が退職したため今年の春より労務管理少しずつしている者です。
弊社では、毎年3月に
1.時間外労働・休日労働に関する協定届様式
2.労使協定書
3.1年単位の変形労働時間制に関する協定届
を労基署に提出していますが質問です。

1.について弊社は雪国で主に「工作物の建設等の事業」を行っているのですが、
  協定届の延長することができる時間に、1日の限度時間:5時間及び法定外休日(月~金まで作業があり 土曜日に追加作業が有る場合)については13時間
  1ヶ月:60時間 1年:800時間(冬期は除雪作業 有)
以上でも問題ないのでしょうか。また、「工作物の建設等の事業」の届出は別途必要になるのでしょうか。

2.について労使協定書で
休憩時間をAM7:00~PM17:00 休憩 午前30分 お昼1時間 午後30分となっているのですが、工事現場内での午前・午後の休憩時間は、手待ち時間に該当するのでしょうか。(就業規則でも明記しているのですが)
休日については毎週日曜日及び年末年始休暇 1日8時間以上及び週40時間以上を超えた部分については割増賃金を支払う。と明記しているのですが法令的に問題ありますか。
以上については「建設業は36協定適用除外の業種」として質問をさせていただいています。

3.について1.及び2.を提出した場合に1年単位の変形労働時間制に関する協定届は必要になるのでしょうか?
ながながと書きましたが、どうぞよろしくお願いします。

  • 道産子さん
  • 北海道
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/04/19 20:37
  • ID:QA-0070214

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/04/20 21:47
  • ID:QA-0070229

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問に各々回答させて頂きますと‥

1.「工作物の建設等の事業」の場合には36協定上の限度時間について適用除外の業種となりますので、文面内容の設定でも違法とはなりません。また、そうした事業である旨の別途届出については不要です。

2.ご指摘の休憩時間が手待ち時間であるか否かにつきましては、その実態内容によって判断されます。つまり、休憩と称していても、何かあった際は業務に就かなければならないということであれば、労働基準法上の休憩とはいえず、手待ち時間としまして賃金支払義務が発生することになります。そして、その時間が1日8時間または週40時間を超えた場合には原則として時間外割増賃金の支払も必要です。
 また、建設業につきましては、「36協定適用除外の業種」ではなく、正確には「36協定の延長時間に関わる限度時間の適用除外の業種」ということになります。それ故、御社就業規則におきまして休日や時間外における割増賃金支払の記載がなされているのは当然といえます。

3.36協定と変形労働時間制の協定とは全く別の文書になりますので、1年単位の変形労働時間制を導入されるという事であれば、両方共に届出が必要です。

  • 投稿日:2017/04/21 17:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます。大変勉強になります。今後も参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
36協定は10名未満でも必要ですか?
36協定は10名未満の事業所でも届出が必要ですか? 根拠を教えてください。
36協定の休日労働
36協定の休日労働について、法定休日に仮に1時間だけ労働したとしても、 それは1日としてカウントされるという認識で正しいでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...