企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12139件   回答数25134

定年制を定めているのですが

いつもお世話になっております。

この度、下記の点についてご相談が御座います。

現在、職業安定所にて有期雇用者の求人票を掲載しているのですが、『定年制』について確認したい点があります。

就業規則にて『定年は60歳まで。本人の希望があれば最長65歳までを限度とし再雇用する。』と定めているのですが、職業安定所の方から『有期雇用者の定年制は出来ません。よって、求人票には「定年制はなし」になります』と言われ、就業規則に定年制を定めていても、定年制はなしになるのか。
また、無期雇用へ転換した従業員についても、『無期雇用従業員も同様とする(65歳まで限度)』と定めております。

『定年制あり』と就業規則に定めているにも関わらず、求人票には「定年制なし」と記載があると、求職者は混乱するのではないか。ではこういった場合はそのように対処するのが良いのかご教示頂けると幸いで御座います。

弊社はコールセンター事業を運営しており、通信回線商材を案内しております。
また、通信商材は3~4ヶ月に条件や内容が変わり、その都度研修や商品知識をつけていかなければならない為、60歳以上の方々が業務についてこれるのかという点で不安があり、求人の「年齢制限」を設けられるのではないかとも思います。
年齢制限を設けられるとすれば、どのように記載するのが妥当なのかもご教示頂けると幸いです。


無知で大変恐縮では御座いますが、回答頂けると幸いで御座います。
何卒宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2017/02/23 10:46
  • ID:QA-0069405
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/02/23 16:53
  • ID:QA-0069412

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ハローワークの考え方としては、定年というのは、期間の定めのない方に対して定めるものという見解です。

ただし、備考欄に「雇止め上限年齢あり」という記載はできます。

  • 投稿日:2017/02/27 09:14
  • 相談者の評価:参考になった

お忙しい中、ご回答頂き誠に有難う御座います。
とても参考になりました。
そのように記載してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/02/25 09:38
  • ID:QA-0069424

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、有期雇用者の定年制を設けるとなりますと、60歳以後の再雇用継続確保措置を定めた高年齢者雇用安定法に反する可能性がある為ハローワークで受付られなかった可能性がございます。

しかしながら、そうした措置も現実には確保された上で定年制を適用する事自体は差し支えございません。但し、その際は定年までといった長期間の雇用を想定していると見られ、形式は有期雇用であっても実質的には無期雇用と同じものと判断される可能性がございます。

それ故、どうしても有期雇用に何らかの制限を設けたい場合ですと、問題の多い年齢ではなく、更新回数にて上限を設けることが妥当といえます。

  • 投稿日:2017/02/27 09:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

この度はお忙しい中、ご回答頂き誠に有難う御座います。
また、ご丁寧に感謝致します。
更新回数の上限等を検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/02/26 09:15
  • ID:QA-0069432

人事・経営コンサルタント

表記

有期雇用に定年が適用されないのは法律ですので、ハローワーク表記による応募者の混乱は考えなくて良いと思います。備考欄等で「有期雇用契約における定年はない」旨記載し、さらに採用面接や採用受諾の際しっかり説明の上ご本人から確認を取ればトラブルにはなりにくい(会社としての責任は果たせる)でしょう。

  • 投稿日:2017/02/27 09:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

お忙しい中、ご回答頂き誠に有難う御座います。
面接等の際に認識相違の無いように努めたいと存じます。
有難う御座います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...