企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15075件   回答数32395

有期雇用(嘱託)の試用期間(2週間)での解雇について

この度、技能職(旋盤工)経験者の有期雇用(嘱託)での採用を検討しているのですが、技能経験が当社にマッチするものかを入社後2週間で見極め、ミスマッチの場合は2週間以内の解雇を検討しております。
採用時に本人に「経験を2週間で見極め、技能経験が合わなければ解雇する」旨を明示しておけば、2週間以内の解雇を行なっても問題はないでしょうか。
またその際、当初の契約書に記載しておくべき文言等がありましたらご教示いただければ幸いです。
尚、当社の就業規則での試用期間は6ヵ月で、解雇事由に「経験が当社業務と合わない場合」という明記はありません。
なにとぞご教示のほど、よろしくお願いいたします。

  • AKIOさん
  • 大阪府
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2013/02/01 17:37
  • ID:QA-0053090

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/02/01 20:38
  • ID:QA-0053096

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、試用期間かつ2週間以内だからといって無制限に解雇出来るわけではございません。こうした期間内では、解雇予告が不要になるということに過ぎず、解雇自体を有効とする為には相応の正当な事由が必要になります。

その際、文面のような解雇事由を就業規則に定めておく事は必須ですが、試用期間中ですと業務適性が全く見られなく改善指導を行っても変わりないということであれば解雇は比較的認められ易いといえます。但し、トラブルとなった場合、例えば今後の指導等によっては改善可能である等、客観的に見て解雇するまでの必要性がないと判断されると解雇無効となる可能性も全く無いとまでは言い切れません。就業規則の定めにも絶対性は無い点に注意が必要です。

従いまして、たとえ試用期間の早い段階であっても、勤怠不良・業務不適性や能力不足等で解雇する場合には、都度きちんと注意・指導を行い記録も残しておくことが重要になります。

  • 投稿日:2013/02/18 11:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ご相談内容では無理があるようですね。
ご回答有り難うございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/02/02 00:43
  • ID:QA-0053098

人事・経営コンサルタント

選考の効率化が優先

先番のような技術であれば、事前に、選考の際見極めは出来ないのでしょうか。2週間で判断できるものであれば、例えば実地試験や複数回の技能審査を通じてもある程度は技量を測れるのではないかと感じます。それが不可能であるなら、リスクがかなり増えますが2週間で解雇の可能性を十分徹底した上で、明確な技術基準等を明示し、本人を納得させて自主退職にもっていくという、かなりハードなワークロードになるかと思います。いずれにしましても選考がしっかりできずに一度採ってしまえば、確実に不効率になります。しっかりとした選考をまず心掛けていただきたいと思います。

  • 投稿日:2013/02/18 11:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
選考方法を再考いたします。
誠に有り難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/02/02 11:34
  • ID:QA-0053100

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、就業規則と労働契約書で整合性がとれていないと、就業規則より、労働条件の低い労働契約は無効となってしまいます。試用期間の規定の再確認が必要です。

次に2週間という期間でミスマッチがわかるどうかですが、技術経験が合わないという部分をもっと、具体的に明示しておくことです。また、採用時に即戦力を求めているということがわかるような案内および面接をすべきでしょう。

そして、2週間にこだわる理由ですが、
採用業務が、2週間で見極められるのであれば、有期雇用者の就業規則、契約書とも試用期間2週間とし、試用期間中の解雇事由が明確にした上で、そのことを本人にも周知徹底すれば解雇無効等のリスクは軽減できます。

別の方法としては、
1.試用期間は1ヵ月としておき、あまりにひどく、教育・指導をしても改善の余地がなければ2週間で解雇する。(2週間であれば解雇予告等不要)

2.2カ月以内の有期雇用であれば、解雇予告は不要であるので、初めに2カ月以内の有期雇用を結び、本人の能力等により、更新するかどうか検討する。
以上

  • 投稿日:2013/02/18 11:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
別の方法で検討したいと思います。
誠に有り難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
解雇通知書の件
今回1ヶ月の試用期間として採用していた方を、7月20日をもって解雇することに致しました。その時”解雇通知書”を出してくれと言われましたが必要でしょうか? 必要であればその内容を教えて下さい。
有期雇用者の試用期間
いつもご指導頂き有難うございます。 3ヶ月の有期雇用者に対して最初の1ヶ月を試用期間とした場合、試用期間満了後の 雇い止は成立しますか。 3ヶ月の期間中はよほどのことがない限り契約解除は厳しいと捉えておりますがその場合でも 試用期間は解雇権留保付の期間と解されるのでしょうか? 恐れ入りますがご...
有期契約社員の試用期間について
いつも参考にさせていただいております。 いわゆる正社員の採用には試用期間を設けていますが、 いわゆる契約社員(有期雇用)への試用期間設定は可能なのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
    人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 若手社員の不足 どう解決するか
    労働力調査(総務省)の平成25年平均結果において、非正規雇用で働く25歳から34歳の者が現職に就いた理由で最も多いのは、「正規の職員・従業員の仕事がないから」。その割合は3割を超え、他の年齢層よりも高く、不本意な形で非正規雇用に身をおいている者が多いことがうかがえます。その一方、人材不足、特に“若者...

あわせて読みたいキーワード

試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
経験学習
人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼びます。組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイ...
レイオフ
「レイオフ」とは、「一時解雇」のことをいいます。業績が悪化した際に一時的に従業員を解雇し、その後、業績が回復した時に再雇用するというものです。レイオフは主にアメリカやカナダなど、北米企業において実施されている人事施策です。また、似たような用語で「リストラ」や「一時休業」などがあります。ここではレイオ...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...