企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15741件   回答数34223

カフェテリアプランに係る課税について

いつもお世話になっております。
当社では社員の福利厚生制度として、カフェテリアプランを検討しておりまして
所得税の扱いについて調べております。

カフェテリアプランでは、メニュー内容に応じで課税・非課税を判断するようですが、
社員にポイントを付与する際に、全社員一律ではなく、例えば扶養家族のある社員には500ポイント、
扶養家族のない社員には400ポイントのように差をつけた場合、利用したメニュー全てについて
課税をする必要があるでしょうか。それとも、ポイントが均一でなくとも、メニュー内容に応じで
課税・非課税を判断して問題はないでしょうか。

お手数ですがご教示をよろしくお願いします。

  • *****さん
  • 大阪府
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2012/05/18 09:47
  • ID:QA-0049563
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/05/18 11:16
  • ID:QA-0049565

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご認識の通り、カフェテリアプランの課税につきましては、メニュー内容に応じて個別に判断されることになります。

しかしながら、国税庁の解釈では、「企業の福利厚生費として課税されない経済的利益とするためには、役員・従業員にとって均等なものでなければならないことから、役員・従業員の職務上の地位や報酬額に比例してポイントが付与される場合には、カフェテリアプランのすべてについて課税する」とされています。

扶養家族の有無によって差を設ける事も結果としては役員・従業員にとって均等でなくなることになりますので、課税の必要性は生じるように思われます。但し、明確な基準は示されていないようですので、税務署または税理士等の専門家に確認されることをお勧めいたします。

ちなみに、税法上の問題は別としまして、カフェテリアプランの性質上扶養家族によってポイントに差をつける事自体合理性に欠けるのではというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2012/05/18 15:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答をありがとうございました。
課税については税務署へ問い合わせをしたいと思います。また、ポイント額についても検討いたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/05/21 21:16
  • ID:QA-0049596

社会保険労務士法人SRグループ 代表

カフェテリアプランの課税について

今回のように、扶養家族の有無でカフェテリアプランのポイント付与に差をつけること自体が
全メニュー課税となることに直結することはありません。
あまりに大きな差があれば問題はありますが、例えば扶養家族のいない社員には年に400ポイント(1ポイント100円相当)、
扶養家族のいる社員には500ポイント(レートは上記と同様)のように、差額が大きくなければ一般的には問題なく、
メニューの内容によって課税・非課税を判断されるようです。
逆に、役員と従業員、地位などでポイントを決めることは、福利厚生ではなく、役職に応じた経済的利益としての性格を持ってしまいますので
内容問わず全メニュー課税対象となってしまいます。

まずはカフェテリアプランのポイント付与要件やメニュー内容のたたき台を作成し、
管轄の税務署に相談されると良いでしょう。
その際に扶養家族の有無でどれほどの金額の差まで問題なく付与できるのかなども
確認しておくとよいでしょう。

  • 投稿日:2012/05/22 08:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答をありがとうございました。
現在は検討中ですが導入が決りましたら、税務署に相談したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
カフェテリアプラン
社員の福利厚生の改善を検討しています カフェテリアプランについて教えてください 現在、リゾートトラストなどのホテル、映画券、フィットネスクラブ会員券などを提供していますが、利用率は低く社員の評判もいまいちです
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
カフェテリアプラン
cafeteria plan。カフェテリアで好きな飲み物や料理を選ぶように、社員が会社から事前に与えられた一定のポイント(予算)の範囲内で、住宅、医療、介護、育児、自己啓発、リフレッシュなどの中から、自分の好みにあった福利厚生メニューを自由に選んで利用する「選択型福利厚生制度」のことです。1980...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 従業員の自律的なキャリア開発を支援する
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...